五反田「ヤオロズクラフト」

FBプロデューサー日記

八海山のクラフトビールと自然派ワインを楽しむ鳥酒場

先日、2020年7月にオープンした居酒屋「ヤオロズクラフト」へ女子会・昼飲みで行ってきました。ニューヨークのカフェを思わせるおしゃれなデザインで、席の間隔を広く取った大きなカウンターと、高さのあるテーブル席があり、一人客や2、3人の家族が食事を楽しんでいました。一見、個人オーナーのお店のようですが、実はこのお店、塚田農場などを展開するエー・ピーカンパニーの経営で、日本酒「八海山」で有名な八海醸造(新潟県)とのコラボ店です。

塚田農場といえば、名物地鶏料理です。このお店では、八海醸造が作る新潟魚沼産クラフトビール4種類を楽しむことができました。もちろん味比べ♪「ゆきざる」イラストのコースターもオシャレで盛り上がりました!

「ライディーンビール アルト」「ライディーンビール IPA」「ライディーンビール ピルスナ」「ライディーンビール ヴァイツェン」660円

個性豊かで、香りもよく、泡がふんわりしていて、美味しかったです!

ライディーンビール オフィシャルサイト

https://www.rydeenbeer.jp/

料理はどれも美味しく、特に「黒さつま鶏のパリパリジューシーチキン」1045円〜や、低温調理したクリーミーなレバーと香り豊かな西都の「ニラ」を使った「なめらか ればニラ」583円はぜひ。ライディーンビールとの相性は抜群でした!

また、期間限定のイベントで壁に貼られていた生産者紹介に思わず、「食べたい!」と手が上がったのは宮城県牡蠣漁師、阿部さんの生牡蠣。ささやかですが生産者応援もできました。

地方へ旅をすることが難しい今、東京で地方産品が味わえる居酒屋は楽しいですね。旅行気分を味わいたい方にもおすすめのお店でした。

席数は1階44席で、お客さんは自分の席からタブレットで注文ができるため、店員さんは一人で接客をしていました。接触機会を少なくすることができ、安心して食事とお酒が楽しめるのも今どきです。

八海山のクラフトビールと自然派ワインを楽しむ鳥酒場

店名:ヤオロズクラフト

住所:東京都品川区西五反田1-4-8 秀和五反田駅前レジデンス 1F、2F

営業時間:【月~金】11:30~14:00 / 17:00~20:00

【土・日・祝】11:30~20:00

電話番号:050-5597-8967

公式サイト:https://www.instagram.com/yaorozu_craft/

石川 史子

石川 史子

東京都生まれ。立教女学院中学・高校を経て立教大学理学部化学科を卒業後、東京ガスに入社。炊飯器やピピッとコンロの技術評価や最適厨房研究会の運営等に携わり、2015年秋に東京ガスを退職。現在はフリーランスのコンサルタントとして活動をしています。リケジョとしての能力と、仕事を通じた調理機器メーカー、フランス料理界、居住地の埼玉県の農業と触れ合い、現在の厨房業界や農業、料理業界のPRに幅広く取り組んでいます。

関連記事

メールマガジン会員募集

食のオンラインサロン

ランキング

  1. 1

    マックの裏側 第15回目

  2. 2

    マックの裏側 第14回目

  3. 3

    マクドナルド 調理機器技術50年史<前編>

アーカイブ

食のオンラインサロン

TOP