weekly Food104 Magazine 2009年9月2日号

メルマガバックナンバー

● FSPRO旬の味を喰らう会のご案内
● 第30回海外視察調査団への参加のおすすめ
● 新店オープン情報
● 日本外食ニュース
● 海外レストランNEWS 韓国レストラン情報
● 米穀情報
● 食ビジネスニュースリリース
● 王利彰のレストランチェック
● 王利彰の米国外食情報

**************************************************************
莫莫居 鶯(ばくばくきょうぐいす)

莫莫居 鶯の店長 藤代です。
やっと涼しくなってきて、食欲の秋が近付いてきましたね。
藤代の今週のおすすめは、ランチです。

莫莫居鶯の夜のお食事の陰に隠れて目立たないのですが、莫莫居鶯の素晴らし
いランチをご紹介しましょう。色々なチェーン定食屋がありますが、使ってい
る魚や肉は冷凍の輸入品が多いのです。

しかし、チェーン店でない莫莫居鶯は国内産の新鮮な魚や肉にこだわってラン
チを提供しています。(一部輸入食材を使っています)豚肉は国内産 ハーブ
三元豚を使用しています。私のお勧めはハンバーグランチです。以前は三元豚
と牛肉の合挽を使っていました。豚だけだといくら良い肉を使っても豚独特の
臭みが強すぎるからです。しかし、新しく採用したハーブ三元豚で色々テスト
をしてみたら、ハーブ三元豚のひき肉100%が臭みも全くなく、美味しかったの
です。

そこで、従来120gであったハンバーグを150gに増量して提供することにしまし
た。ハンバーグ好きな方には見逃せないですよ。
その他、ハーブ三元豚を使った生姜炒め、メンチカツとコロッケ、とんかつも
ご用意しています。

ご飯は白米、玄米をご用意しお代わり自由です。
また、食後に、コーヒー、紅茶のドリンクバーを無料でご用意しております。
ゆったりした空間で、手造り、国産素材重視の莫莫居鶯のランチをぜひお試し
ください。

担当 :店長 藤代(ふじしろ)6月より新任の店長になりました。
よろしくお願いいたします。

ほっこり和食 莫莫居 鶯 (ばくばくきょ うぐいす)
東京都豊島区西池袋1-18-1 五光ビルB1
電話  :03-3987-0085
メール :info@bakubakukyo.com
地図  :http://www.bakubakukyo.com/shop.html
営業時間:年中無休(年末年始以外)
ランチ  月~日 11:30~15:00
ディナー 月~土 17:30~24:00
日・祝 17:30~23:30

**************************************************************

△▼△▼△▼△▼△▼△

● FSPRO旬の味を喰らう会のご案内——————————-■□

■「指宿漁港三昧-気分は砂風呂につかった後の食事-」のご案内

サー皆さん、食欲の秋ですね。たっぷりの美味しいお魚を佃さんに調達してい
ただきました。以下は佃さんのご案内です。

8月30日の衆議院総選挙の結果は、予想通り自民の完敗、民主党の圧勝に終わ
りました。日本も「CHANGE」するのでしょうか。期待半分、不安半分というと
ころでしょうか。ただ、各放送局の選挙速報を見ていると、結果が出ない前か
ら「結果がでてしまっている」という奇妙なものでした。「早く知りたい」と
いう究極の欲望が、開票率0%の段階で当確を出すという結果になったのでしょ
うが、やり過ぎかもしれません。

番組中、それぞれの党首に対するインタビューがありましたが、敗者は辛いで
すね。ただ、質問もありきたりで、核心をつく質問が記者からほとんど出ず、
同じような質問ばかりされていたように思います。やはり、記者の方々も、テ
ンパッテいたからなのでしょうか。何でもそうですが、テンパッテばかりいる
と、ろくな仕事もできないのでしょう!!

魚も同様ですね。美味しい魚というのは、ゆったりと、砂風呂に使ったような
魚ではないでしょうか。ということで、今回は、海底からも温泉が湧き出てい
る、かの砂風呂で有名な指宿から、温泉につかってのんびりしているお魚を食
べてみることにしました。

もちろん、メインとしては温泉につかっているマダイ?です。もしかすると、
ほんのりと火照ったような肌の、艶っぽい、美しいマダイかもしれませんよ!!
実は、これからがマダイが脂の乗り始める時期になり、11月くらいには美味し
い時期になるのですが、ちょっと旬を早どりすることにしました。

また、もうひとつのメインは、タカエビというエビです。これは、深海性のエ
ビで、一見してアマエビ(ホッコクアカエビ)のような色合いの、ピンク系の
エビです。もちろん、海底温泉につかっているせいで艶っぽいのかもしれませ
んが??このタカエビは、アマエビよりも大きく、しかも甘さは、エビの中でも
一番ではないでしょうか。水揚も少なく、鹿児島でしか流通していないエビな
のです。

そして艶っぽさでは一番かもしれませんが、イトヨリを選びました。肌がピン
クで、黄色の線が入った、本当に美しい魚です。ただ、関東のスーパーなどで
は、あまり見受けられない魚です。

今度は、艶っぽい魚から一転して、体の黒い魚である、メジナを選びました。
関西ではグレと言われ、磯釣りの対象魚として知られていますが、これからは
磯臭さも抜け、ほんのり脂の乗った、美味しくなる時期です。この魚も、もし
かしてひと風呂浴びた、イナセなメジナかもしれませんが、一方では西郷どん
のような、硬派な魚かもしれません。味に硬派と軟派があるのか、是非味わっ
てみようではありませんか。

そして最後は、アオリイカです。定番のイカですが、指宿の海底温泉を浴びて
いると、どのような味になるでしょうか。まさか、十本の足で団扇を扇ぎ、浴
衣姿で莫莫居に登場してくるのではないでしょうね?!

ともかく、気分は、指宿の砂風呂につかった後のお食事ということで、今回の
お魚を選びました。選挙の疲れを癒しましょう!!漁模様によっては、当日の魚
が変更される場合がありますので、その際はご容赦下さい。

○開催日時:平成21年9月15日(火)午後7時~
場所:莫莫居鶯(ばくばくきょ うぐいす)
〒171-0021 豊島区西池袋1-18-1五光ビル地下1階
TEL:03-3987-0085 *店長 藤代(ふじしろ)
URL: http://www.bakubakukyo.com/
○会費:5,000円

○申し込みは以下のフォームで王まで( oh@sayko.co.jp )お願いします。

**********************************
平成21年9月15日 Fspro版 旬の味を喰らう会「徳島港三昧」に参加します。
ご芳名
人数
メールアドレス
連絡先の電話番号
**********************************

△▼△▼△▼△▼△▼△

● 社団法人日本厨房工業会主催 第30回海外視察調査団への参加のおすすめ

私が社団法人日本厨房工業会の厨房規格委員会座長をしている関係で、社団法
人日本厨房工業会が広報事業の一環として開催する第30回の海外視察団の団長
を務めることになり、企画立案をしています。過去、同会は米国において開催
される「NRA」全米ホテル・モーテル・レストランショーや「NAFEM」全米厨房
機器展、仏国パリで開催される「EQUIP’HOTEL」国際ホテル・レストランショ
ーなどの展示会へ、29回にわたり延べ690余名を派遣してきました。

この視察調査団は、これら展示会を中心とした視察見学のほか、主要国・都市
におけるホテル・病院・事業所等各種厨房施設の視察により、厨房業界の動向
並びに各国の独自の文化・食生活を体感しフードビジネス全般の調査・研究を
行うことで、参加者の見聞を深め業界の発展に寄与することを目的としており
企業研修の一環としても実り多い成果を上げています。

参加資格は社団法人日本厨房工業会に加盟している企業の方が対象ですが、外
食関係に興味を持たれている一般の方もお申込みは可能です。ご興味のある方
は王までご連絡をください。

今回はミラノ「Host 2009」を参加しながら、ミラノ、フィレンツエ、フラン
スパリ市の料理施設を見学いたします。

◎Host 2009
開催地:イタリア・ミラノ/トレードセンター
開催日:10月21日(金)~25日(火)5日間
来場者:135,762名 うち海外から35,336名(2007年実績)
出展者:1,865社 うち海外から350社(2007年実績)
会場では見学だけではなく、大手2社のブースを訪問し、ヨーロッパにおける
調理機器のトレンドやチェーンレストランの動向のレクチャーを受けます。
http://www.host.fieramilanoexpocts.it/?id=Mi16LXotZW5n
http://english.expomenu.ru/expo/host*2009.html

◎エレクトロラックス社見学
ヨーロッパ最大の調理機器メーカーのエレクトロラックス社はスウェーデンに
本社を置く、ワールドワイドに、業務用厨房機器/冷蔵機器から洗濯乾燥機器
・家電機器などまで多分野において事業展開している機器メーカーで、特にフ
リーザーとバーベキューグリルは日本でもおなじみです。今回は同社のイタリ
ア・ベネチア(ベニス)のキッチンシアターを拝見いたします。
http://www.electrolux.com/

◎パリ市見学
現在準備中ですが、市内の大型給食施設の見学と料理学校の見学、そして、最
新のレストラン訪問です。私が会長を務める最適厨房研究会の事務局をお願い
している東京ガス様の関連会社のフランス料理文化センターの方が、提携先の
パリ市商工会議所が運営する料理学校フェランディー校に駐在しており、常に
フランス料理最新のお店の情報をチェックしております。そのフランス料理文
化センターの方に特別にお願いして、幾つかの最新のお店を訪問する予定です。
料理好きな方は見逃せないチャンスですよ。

パリ市の料理学校フェランディー校、レストラン、デパ地下については過去の
マガジンのバックナンバー、王のレストランチェックヨーロッパ編をご覧くだ
さい。
http://www.ffcc.jp/

◎費用
社団法人日本厨房工業会会員社の方の会員料金の+5万円程度。詳細はお訊ねく
ださい。費用は若干高めですが、厳選したレストランの食事もついておりコス
トパフォーマンスは高いと思います。

お問い合わせは 王 oh@sayko.co.jp
にお願いいたします。

◎社団法人日本厨房工業会からのご案内
http://www.jfea.or.jp/info/2009-30JFEAtour.pdf

△▼△▼△▼△▼△▼△

● 新店オープン情報 ———————————————-■□

■ 中華そばダイニング 風雅 阿佐ヶ谷店 オープン

綺麗、お洒落、これがラーメン屋!?ラーメンダイニング 風雅 阿佐ヶ谷店
が8/2にオープンしました。まず、店内に入った途端ビックリするのが、ラー
メン屋とは思えないお洒落で清潔感あふれる店内。カウンターとテーブル席は
カップルや一人客におすすめ。テーブル席は、ファミリーやグループ向けです。
個室風にすることも可能。さらに店内にはJAZZが流れ、ゆっくりとした時間
が流れます。店内空間はまるでお洒落なダイニングレストラン。

○担々麺専門サイトで5ツ星の評価を受けた注目の坦々麺
練りゴマとピーナッツに、海老を使ったスープを合わせ、濃厚・深みのある味
に仕上げました。しつこいという感じはなく、飽きのこない、クセになる味に
調整しました。ゴマの風味とラー油の辛味、花椒のしびれ感、スープを引き締
める酢の酸味。そして複雑な味わいや香りを受け止めるコシと張りのある麺。
すべてが渾然一体になるよう心がけています。

『風雅』の中華そば(ラーメン)は、とりがら・とんこつ・野菜の動物系に鰹
節・宗田節・鯖節・あご(とびうお)・煮干の魚介系のだしを加えたWスープ
でさっぱり味。水だしなので、スープを作る手間と時間がかかりますが、その
分とても美味いスープに仕上がります。麺は中太ちぢれ麺。外はやわらか、中
はシコシコで、1つの麺で2つの食感を味わうことが出来ます。

豊富な種類のお酒と、ラーメン以外のお食事メニューも(見た目がお洒落な料
理や、つまみになるようなメニューなど)多数用意しています。そろそろ、
「〆のラーメンが食べたいなぁ」と思ったら、是非ラーメンをご注文下さい。

○メニュー例
【担々麺】
担々麺   880円
とりのせ担々麺   980円
チーズのせ担々麺  980円
えびのせ担々麺  1,180円

【中華そば / Wスープ】
中華そば    700円
チャーシュー麺   950円
しおそば     700円
しおチャーシュー  950円
しおバター   800円
とりそば   700円
大粒肉ワンタン麺  950円

○店舗データ
住所:東京都杉並区阿佐谷北2-13-2-パサージュ阿佐ヶ谷1F
アクセス:中央本線 阿佐ヶ谷 駅より徒歩1分
営業日・営業時間:11:30~23:00
定休日:無し

○URL: http://www3.ocn.ne.jp/~fuga/

△▼△▼△▼△▼△▼△

● 日本外食ニュース ———————————————-■□
8月26日から9月1日

■ 西武プロパティーズ 那須ガーデンアウトレット(戦略拠点あすを拓く)
2009/08/26 日経MJ(流通新聞)
http://j-net21.smrj.go.jp/expand/shigen/news/090717-2.html
http://www.seibupros.jp/
http://www.seibu-group.co.jp/shd/data/090514-6.pdf

西武プロパティーズ(埼玉県所沢市)が運営する「那須ガーデンアウトレット」
軽井沢に次ぐ同社3カ所目のアウトレットモールとして開業し、1年強が経過し
た。地元農産物を扱う販売店や飲食店を並べ、周囲のレジャー拠点とも連携す
る地元密着戦略は多くの消費者を呼び寄せる。初年度の来客数は505万人と計
画を上回った。全国で30を超えるアウトレットがひしめく中で、観光地立地の
施設として存在感を示している。

■ サイゼリヤ・日レスなど 水耕栽培導入を拡大、野菜安定調達へ大量生産
2009/08/26 日経MJ(流通新聞)
http://company.nikkei.co.jp/news/news.aspx?scode=7581&NewsItemID=
20090826NRS0090&type=2
http://www.nochuri.co.jp/report/pdf/n0412re3.pdf

外食企業が野菜の水耕栽培の導入を拡大している。サイゼリヤは自社農場があ
る福島県白河市で葉もの野菜の栽培に乗り出した。ドトール・日レスホールデ
ィングス(HD)は11月から東京大学と共同開発した野菜の生産を始める。野菜
は天候によって相場が大きく変動するが、大量生産しやすい水耕栽培を自ら手
掛けることで、安定調達できる体制を整える。

■ アントワークス 出店 5年で5倍 「すた丼」店100店に、FCで社員独立募集
2009/08/26 日経MJ(流通新聞)
http://www.shopbiz.jp/fc/news/40764.html

首都圏で「伝説のすた丼屋」などを展開するアントワークス(東京都府中市、
早川秀人社長)は店舗を5年で約5倍の100店への拡大を目指す。FC(フランチ
ャイズチェーン)制度を導入、社員の独立や外部オーナーを募集し、多店舗化
を加速。主要食材の豚肉は9月から産地を一つにしぼって規模の利益を生かし
調達力を高め、大量出店に備える。

■ ワタミ、ファミレス参入、郊外で家族客取り込み
2009/08/26 日経MJ(流通新聞)
http://company.nikkei.co.jp/news/news.aspx?scode=7522&NewsItemID=
20090821NKM0269&type=2
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90003017&sid=aMV1shwNJii8

ワタミはファミリーレストラン事業に参入すると発表した。11月にも都内に1
号店を開業し、居酒屋業態ではほとんどない郊外に出店する。既存の駅前型居
酒屋だけでは成長の余地が限られてきたため、出店先を拡大する。中長期的に
は100店規模に広げる考えだ。

■ ドトール、パン製造のサンメリー買収
2009/08/26 日経MJ(流通新聞)
http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20090825/176247/

ドトール・日レスホールディングス(HD)はパン製造・販売のサンメリー(埼
玉県坂戸市、田辺速夫社長)を10月1日付で買収する。取得額は2億7,500万円。
パンの製造・販売のノウハウを取得して、ベーカリー併設店舗を開発するなど
カフェ事業の拡大に弾みをつける考えだ。

■ ドトール・日レス星野社長に聞く――新規事業で反転攻勢へ
2009/08/28 日経MJ(流通新聞)
http://www.dnh.co.jp/
http://ijin.keieimaster.com/wadai/tv/899.html

ドトール・日レスホールディングス(HD)は事業拡大に踏み切る。ベーカリー
チェーンのサンメリー(埼玉県坂戸市、田辺速夫社長)を10月1日付で買収す
ると同時に、野菜の自社生産に乗り出すことを発表した。星野正則社長は、
2007年の統合以来、経営基盤固めなど守りの姿勢を貫いてきたが、今後は新規
事業に進出して攻勢に出る考えを示した。

■ 家庭用コーヒー、日本風味前面に、UCCが発売
2009/08/26 日経MJ(流通新聞)
http://www.ucc.co.jp/company/news/2009/rel090805d.html

UCC上島珈琲は家庭用レギュラーコーヒー「UCC JAPAN PREMIUM」を9月7日に
発売する。日本人の嗜好(しこう)をより強く反映してコーヒー豆のブレンド
を工夫し、香りなどを際だたせた。2009年度に2万ケース(1ケースは300グラ
ムの商品24個入り)の販売を目指す。

■ マクドナルド、携帯決済の店舗、全国3,700店に拡大
2009/08/26 日経MJ(流通新聞)
http://www.shopbiz.jp/ic/news/40614.html
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090820AT1D2007B20082009.html

日本マクドナルドは決済機能付き携帯電話「おサイフケータイ」の機能を使っ
たサービスを拡大する。これまで約2,900店で使えたが全国の約3,700店に広げ
る。携帯電話に割引クーポンを配信し、店頭の読み取り機にかざすだけで注文
や決済ができる。サービス内容も拡充し、利用客の囲い込みにつなげる。

■ 日本人向けの味、「ダッカルビ丼」、なか卯、きょう発売
2009/08/26 日経MJ(流通新聞)
http://news.walkerplus.com/2009/0828/7/
http://www.nakau.co.jp/news/cgi-bin/news.cgi?news=0000000119

ゼンショー傘下のなか卯は26日、鶏肉と野菜にコチュジャン(トウガラシみ
そ)ベースのタレををかけた韓国料理「ダッカルビ丼」を発売する。

■ アスカティースリー――回転ずしオーダーシステム(食を支える)
2009/08/26 日経MJ(流通新聞)
http://www.aska-t3.co.jp/

鮮度と提供スピードが勝負の回転ずしチェーンの縁の下の力持ちが、迅速な注
文を可能にするテーブル備え付けのセルフオーダーシステムだ。ソフトウエア
開発のアスカティースリー(東京・千代田、小林俊雄社長)は昨年11月、同チ
ェーン専用システムの販売を開始。近年広まる「特急レーン」との相性もよく
回転ずしに特化した細やかなサービスが好評だ。同社が開発した「e-menu回転
寿司バージョン」と呼ぶ同システムのオーダー用端末。

■ カレー総合研究所所長井上岳久氏 カレーの幅広げるお手伝い(フーズWho)
2009/08/26 日経MJ(流通新聞)
http://www.currysoken.jp/

天候不順にたたられたものの内食志向の高まりもあり、最需要期の夏に今年も
販売を伸ばしたカレー市場。カレー総合研究所所長の井上岳久氏(40)もメー
カーや外食店のメニュー開発のアドバイスやイベント出演に大忙し。今年はひ
き肉をいためて料理する「キーマカレー」に野菜をふんだんに使った「ベジキ
ーマカレー」を一押しし普及に力を入れている。

■ 外食売上高、7月1.8%減、全店ベース
2009/08/28 日経MJ(流通新聞)
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20090825AT1D2504K25082009.html

日本フードサービス協会がまとめた7月の外食売上高は、新店を含めた全店ベ
ースで前年同月に比べ1.8%減少した。前年同月を下回るのは2カ月連続。価格
競争が激化し客単価が1.8%減となったうえ、雨天日数が多く客数が前年並みに
とどまったことが響いた。

■ 食品産業景況、底打ちの兆し、政策金融公庫調べ
2009/08/28 日経MJ(流通新聞)
http://www.afc.jfc.go.jp/information/investigate.html
http://www.nochuri.co.jp/topics/topics090820.pdf

日本政策金融公庫がまとめた食品産業動向調査によると、食品関連企業の業況
感を示す景況動向指数(DI)は2009年上期(1~6月)にマイナス22.1となり、
前回調査(08年7~12月)から2.1ポイント改善した。09年下期の見通しについ
てもマイナス19.1とさらに数値が上昇し、景況感に底打ちの兆しが見えてきた。

■ 米小売り 減収減益相次ぐ 5~7月決算 回復糸口見えず(米国小売り見聞)
2009/08/28 日経MJ(流通新聞)
http://www.nikkei.co.jp/news/market/20090819c8AS3LANY02190809.html
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=90003009&sid=auBIwvdkO3AA

米小売り大手各社が発表した5~7月期決算は、長期化する消費の冷え込みを
反映して減収減益が相次いだ。米株式相場が持ち直し、景気指標はまだらなが
ら回復基調を見せ始めたが、消費者の購入意欲は依然として低調。小売各社に
とって業績回復の出口が見えない状態にある。

■ 節約編――ソウル、地酒1瓶で無料のおかず10皿(ご当地価格考)
2009/08/28 日経MJ(流通新聞)
http://ethnic.blog17.fc2.com/blog-entry-427.html
http://ameblo.jp/coco-mj/entry-10182664694.html

テーブルに着くなり小皿に盛られた副菜が続々と運ばれて来る。キムチに卵焼
きに小魚の煮付け。韓国の食堂ではごく普通の光景だが、この「パンチャン」
と呼ばれる無料のおかずの量と質は飲食店の人気を左右しており、顧客もそれ
を目当てに続々来店する。

ソウル市中心部のある食堂。6,000ウォン(約450円)のキムチチゲに、日本だ
ったら1皿数百円はしそうなパンチャンが5皿出てくる。おかわりもOK。韓国南
西部、全州の酒場では1瓶1万ウォンのマッコルリ(発酵酒)を頼むと、焼き魚
やイカの丸焼きなどが10皿ほど付いてくる。
時折おかずの使い回しが発覚してニュースになる。

■ セルフうどん店 積極出店相次ぐ 市場の競争厳しく 三光マーケ 10月にも
参入 2009/08/28 日経MJ(流通新聞)
http://company.nikkei.co.jp/news/news.aspx?scode=2762&NewsItemID=
20090828NRS0114&type=2
http://company.nikkei.co.jp/news/news.aspx?scode=2752&NewsItemID=
20090729NKL0365&type=2
http://www.iza.ne.jp/search/news/%25E3%2582%25BB%25E3%2583%25AB%25E3
%2583%2595/
https://www.fuji-keizai.co.jp/market/09067.html

手ごろな価格で人気のセルフうどん店への参入や出店加速が相次いでいる。
三光マーケティングフーズ
フレンドリー
富士経済そば・うどんの市場規模

■ プレナス、780円焼き肉弁当など、高価格帯の弁当投入――顧客層を拡大
2009/08/28 日経MJ(流通新聞)
http://www.plenus.co.jp/new/index.php?action=pdf&id=198
http://company.nikkei.co.jp/news/news.aspx?scode=9945&NewsItemID=
20090828NRS0115&type=2

【福岡】持ち帰り弁当店「ほっともっと」を展開するプレナスは過去最高の
780円の焼き肉弁当など高価格帯商品を投入する。28日から従来の最高価格に
比べ30~130円高い3品を加えた。

■ コカウエスト、自販機運営大手と提携、カップ式を委託
2009/08/28 日経MJ(流通新聞)
http://www.ccwest.co.jp/download.php?key=84&func=1
http://moneyzine.jp/article/detail/169988

【福岡】コカ・コーラウエストは自動販売機運営大手のアペックス(東京・千
代田)と業務提携すると発表した。来年3月にアペックス子会社に出資し、保
有するカップ自販機の運営を全面委託する。メンテナンスなどに手間がかかる
カップ自販機の運営を委託し、自販機事業の効率化を図る。

■ 宅配などの店舗外事業、飲食店、実施2割どまり――ぐるなび調べ
2009/08/28 日経MJ(流通新聞)
http://company.nikkei.co.jp/news/news.aspx?scode=2440&NewsItemID=
20090828NRS0118&type=2
http://asiabiz.jp/newsasiabiz/2009/08/post_7872.html

飲食店情報サイト運営のぐるなびが自社会員の店舗を対象にしたアンケート調
査で、「宅配など店内飲食以外の事業を実施中」と答えた会員は20.6%にとど
まった。「売上高目標どおりに推移」と答えた会員も半数以下の46%で、通信
販売や宅配など副業の難しさが浮き彫りとなった。

■ モスフード、アジア積極出店、海外店200店超す
2009/08/28 日経MJ(流通新聞)
http://mainichi.jp/select/biz/news/20090826k0000m020019000c.html
http://www.mos.co.jp/company/outline/foreign_business/

モスフードサービスの海外出店が相次いでいる。26日に台湾で出店したほか、
9月にはインドネシア4号店を出店する。26日の台湾出店で海外店200店舗を達
成。モスバーガー全体のうち、海外店の売上高は10%を超えるまでになった。
今期中に海外で207店舗の展開を目指す。

■ サンドイッチなど、軽食メニューをベックスが拡充
2009/08/28 日経MJ(流通新聞)
http://www.jefb.co.jp/pdf/b38102b04b673840e9bfa6f45a3ddfb2.pdf

ジェイアール東日本フードビジネス(東京・北、妹尾健二社長)は、首都圏の
JRの駅ナカに展開する「ベックスコーヒーショップ」で、軽食メニューを拡
充する。サンドイッチを2種類加えるほか、秋限定のコーヒーも販売する。

■ サッポロ、糖質70%抑えた第三のビール
2009/08/28 日経MJ(流通新聞)
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200908270089a.nwc

サッポロビールは、同社の従来商品に比べて糖質を70%抑えた第三のビール
「オフの贅沢」を10月21日に発売する。麦芽配合比率を40%と高めにし、うま
みとコクを際立たせたという。健康志向が強い30歳代後半の消費者に売り込み
年末までに120万ケース(1ケースは大瓶20本換算)の販売を目指す。

■ 「シャカシャカチキン」、マクドナルドがレモン味を追加
2009/08/28 日経MJ(流通新聞)
http://mainichi.jp/select/biz/release/news/20090826p0400a021022000c.html
http://news.walkerplus.com/2009/0826/7/

日本マクドナルドはスナックメニュー「シャカシャカチキン」にレモン味を
9月4日に追加する。

■ サブウェイ、ターキー使ったアボカドサンド
2009/08/28 日経MJ(流通新聞)
http://www.subway.co.jp/menu/index.html

日本サブウェイ(東京・港、伊藤彰社長)は9月16日からサンドイッチ「スモ
ークターキー&アボカド」を期間限定で発売する。アボカドと相性のいい薫製
にした七面鳥に黒コショウの効いたソースで仕上げた。価格はレギュラーサイ
ズで450円。11月中旬まで販売する。

■ 独メトロ系卸売店、日本向けPB、品目6倍 国内開発加速、200品超を追加
2009/08/31 日経MJ(流通新聞)
http://www.metro-cc.jp/servlet/PB/menu/1067893_l29/index.html

独メトロ傘下で会員制卸売店を展開するメトロキャッシュアンドキャリージャ
パン(東京・品川)は、今年度(2009年12月期)中にも日本国内で開発するプ
ライベートブランド(PB=自主企画)品を現状の約50品目から、最大300前後
まで拡大する。まず加工食品から大幅に増やし、冷蔵食品などへの拡大も検討
する。主な顧客層である地元の飲食店や小売業者などから、国内品PBの需要が
高まっていることに対応する。

■ GMO、携帯サイト、管理業務も携帯から、構築システム機能拡充
2009/08/31 日経MJ(流通新聞)
http://it.nikkei.co.jp/mobile/news/release.aspx?i=229297

GMOインターネットは企業向け携帯サイト構築システムの機能を拡充した。従
来のサイト更新や管理業務はパソコンのみだったが、携帯電話からでも更新で
きる機能を加えた。飲食店やエステサロン店などから、美容室向けに対応する
デザインも新たに設けた。

■ シダックス、分煙カラオケ店、横須賀に開設
2009/08/31 日経MJ(流通新聞)
http://www.shidax.co.jp/sc/shoplist/open/kanagawa/

カラオケルーム大手のシダックス・コミュニティーは店舗全体を分煙にした
「レストランカラオケ・シダックス横須賀中央クラブ」(神奈川県横須賀市)
を開設した。禁煙ルームを設置したほか、フロントや各階の廊下などの共有ス
ペースを禁煙にした。

■ 新町川を守る会理事長中村英雄氏 徳島・吉野川で無料遊覧船(人話題)
2009/08/31 日経MJ(流通新聞)
http://www.water.go.jp/yoshino/yoshino/letter/letter8/muya.pdf
http://www.town.kitajima.lg.jp/offices/20080702.html

明治から昭和初期にかけて徳島県内の交通を支えた徳島―撫養(鳴門市)間の
撫養航路。「四国三郎」の愛称で親しまれる吉野川を様々な物資が往来した。
昨年からこの航路を巡る遊覧船を無料で運航しているのは、中村英雄さん(70)
が理事長を務める特定非営利活動法人(NPO法人)「新町川を守る会」だ。

■ 海のエコラベル認証取得続々 資源保護・環境配慮のお墨付き 漁業団体
付加価値狙う 2009/08/31 日経MJ(流通新聞)
http://www.tosakatu.jp/images/MSC_PDF1.pdf
http://www.moodygroup.co.jp/mic-pdf/news-katsuo.pdf
http://www.sof.or.jp/jp/news/201-250/208_1.php
http://plaza.rakuten.co.jp/shoujikankyou/diary/200812210000/

資源の保護や環境に配慮した漁業にお墨付きを与える「水産エコラベル」の認
証を取得する漁業団体が増えている。消費者の環境意識の高まりを受け、付加
価値を高めるのが狙い。量販店など小売りへのアピールや欧米への輸出拡大へ
もつなげる。

土佐鰹水産
京都府機船底曳網漁業連合会
マリン・エコラベル・ジャパン

■ 宮崎牛、輸出4割増、ミヤチク、今年度にも、香港起点にアジア開拓
2009/08/31 日経MJ(流通新聞)
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/modules/bulletin8/article.php?storyid
=10062

【宮崎】ミヤチク(宮崎県都城市、羽田正治社長)は牛肉の輸出を拡大する。
高級ブランド「宮崎牛」を中心に今年度にも宮崎産牛の輸出量を4割増やす。
増加分は香港に輸出する。

■ 旭川のキョクイチ、氷で野菜優しく運ぶ、鮮度維持する輸送実験
2009/08/31 日経MJ(流通新聞)
http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20090722c3c2201022.html

野菜をシャーベット状の氷で「まゆ」のように包んで運ぶ鮮度維持輸送の実証
実験が北海道で始まった。旭川市の食品卸大手、キョクイチ(中川竹志社長)
が主導、釧路市の食品機械メーカーや道立食品加工研究センターなどが推進す
るもので、旬の道産野菜を首都圏など大消費地に新鮮なまま届ける手法の確立
を目指す。

■ 但馬牛、3年で1,000頭増、2月、1万5,500頭に
2009/08/31 日経MJ(流通新聞)
http://web.pref.hyogo.jp/contents/000056238.pdf
http://web.pref.hyogo.lg.jp/ac06/ac06_000000620.html

【神戸】兵庫県がまとめた、今年2月の但馬牛の飼養頭数は1万5,500頭で、過
去3年間で1,000頭増えた。黒毛和牛である但馬牛は、それ自体が銘柄牛で、
「神戸ビーフ」や「松阪牛」の基となる。県は2010年度末には1万8,000頭に
頭数を増やす計画で、各種対策が一部で実を結び始めている。

■ コメ取引価格、下げ止まり感、民間市場の入札結果
2009/08/31 日経MJ(流通新聞)
http://mainichi.jp/life/food/news/20090829k0000m040039000c.html?inb=yt

コメの業者間取引価格に下げ止まり感が出ている。民間の取引市場である日本
コメ市場がこのほど開いた取引会での入札結果は、30銘柄の加重平均成約価格
が前月比0.5%高の60キロ1万4千円とほぼ横ばいだった。天候不順による2009年
産新米の不作懸念から、在庫を安値販売する動きが一服した。

■ この人あの組織――静岡県御殿場市、御殿場金華豚研究会(食材最前鮮)
2009/08/31 日経MJ(流通新聞)
http://www.jmi.or.jp/info/brand_files/601.pdf
http://lin.lin.go.jp/alic/month/dome/2003/jun/TIIKI04.HTM
http://www.amy.hi-ho.ne.jp/noboru_wada/fgs1k1.html
http://tosyo.city.kikugawa.shizuoka.jp/shinbun_kiji/kiji-city/2008-10
-12/20081021-s-c-5.html

中国の高級食材として世界的に有名な「金華ハム」。原料になる金華豚は中国
原産の在来種で、食味の良さと優れた肉質で知られる。静岡県御殿場市の御殿
場金華豚研究会は三輪和司会長をはじめとする生産者、行政、販売業者などが
一体となり、この希少豚の普及に取り組んでいる。

■ UCC、すみ分け出店加速――セルフ式、6倍300店体制へ、13年メド
2009/08/31 日経MJ(流通新聞)
http://company.nikkei.co.jp/news/news.aspx?scode=2712&NewsItemID=
20090429NRS0003&type=2
http://www.shopbiz.jp/fc/news/32438.html

UCC上島珈琲はコーヒーチェーンの店舗網を拡大する。フランチャイズ・チェ
ーン(FC)方式で、立地によって「上島珈琲店」と「珈琲館」の2つの店舗ブ
ランドを使い分ける。2013年をめどに「上島」を現在の6倍超の300店、「珈琲
館」を約1.8倍の530店にする。コーヒーチェーン上位が新規出店を絞っており
店舗開発の好機と判断した。

■ 食材配送を効率化、「かつや」、北海道・新潟に新拠点
2009/08/31 日経MJ(流通新聞)
http://www.arclandservice.co.jp/ir/business.html
http://www.jasdaq.co.jp/files/ir/JP3100090004/tool/20070903160135898/
1249975924105.pdf

「かつや」を展開するアークランドサービスは2009年内に物流拠点を北海道と
新潟県の2カ所に新設する。既存の2拠点と合わせて物流網を再構築することで
店舗への配送時間の短縮と食材の鮮度向上につなげる狙い。2010年12月期には
既存店ベースで物流費を1%程度削減できる見通しだ。

■ 明治「ミルクチョコ」、38年ぶり新デザイン、容量減らし実質値下げも
2009/08/31 日経MJ(流通新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090826-00000018-oric-ent

明治製菓は看板商品「ミルクチョコレート」のデザインを刷新して9月8日に発
売する。同製品のデザイン変更は38年ぶり。ほか3品の板チョコレートと合わ
せ、内容量を約1割減らし参考小売価格を120円から105円に下げる。ミルクチ
ョコレートブランド全体で年間150億円の売り上げを目指す。

■ タマネギ キャベツ ジャガイモ 「高くても買う」3割超 らでぃっしゅぼー
や調査 2009/08/31 日経MJ(流通新聞)
http://www.radishbo-ya.co.jp/company/press/images/survey_vegetable2009
.pdf

有機・低農薬野菜の宅配などを手がけるらでぃっしゅぼーやは、消費者の野菜
に関する意識調査をまとめた。天候不順で野菜の価格が上がるなか、値上げし
ても必ず買う野菜を複数回答で聞いたところ、タマネギ(42.0%)、キャベツ
(33.6%)、ジャガイモ(32.3%)を挙げる消費者が多いことがわかった。

■ 山梨の桔梗屋、菓子3個25円、50年前の価格
2009/08/31 日経MJ(流通新聞)
http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20090826c3b2604226.html

「桔梗(ききょう)信玄餅(もち)」で知られる和菓子製造販売の桔梗屋(山
梨県笛吹市、中丸真治社長)は9月から「和菓子のレトロ祭り」を開く。創業
120周年を記念し、毎月12日にお茶菓子として愛された昔のモチやまんじゅう
を復活。約50年前は同社の代名詞だった「3個25円」の低価格で販売する。

■ 都市部でランチ営業、関門海の20店、ふぐ雑炊、割安に
2009/08/31 日経MJ(流通新聞)
http://www.tettiri.com/html/new_zosui.html

フグ料理店「玄品ふぐ」を運営する関門海は9月1日から都市部のオフィス街を
中心に、約20の直営店でランチ営業を始める。扱うのはふぐのだしを生かした
雑炊セットで、客単価は1,000円程度。景気悪化の影響で客数の低迷が続いて
いるため、手ごろなランチ営業でテコ入れする。

■ すかいらーく、中央三井系が2位株主浮上
2009/08/31 日経MJ(流通新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/enterprises/manda/20090831-OYT8T00742
.htm

外食大手すかいらーくの事実上の第2位株主が今月中旬に、中央三井キャピタ
ルとなっていたことが明らかになった。中央三井が資金を貸していた第2位株
主の英投資会社CVCキャピタルパートナーズが借入金を返済せず、担保として
CVCの保有する全株式を取得したためとみられる。

■ ドンク(DONQ青山店)「主食にパン」習慣普及(フード新潮流競争力を磨く)
2009/08/31 日経MJ(流通新聞)
http://www.donq.co.jp/jaime/index3.html#004
http://www.donq.co.jp/company/2009/20090309.html
http://allabout.co.jp/gourmet/bread/closeup/CU20090403A/

焼きたてパンのドンク(神戸市、友近史夫社長)が3月26日に東京・港で開い
た「DONQ(ドンク)青山店」。夕食などでもパンを主食として食べてもらう
「食事パン」を推奨するため、ショーケースの高さを低くして接客に力を入れ
る新型店だ。1枚単位でパンを販売するほか、酒も提供するカフェを併設する
など幅広い顧客層の掘り起こしも狙う。

△▼△▼△▼△▼△▼△

● 米穀情報報 —————————————————■□
※この情報は、米穀データバンクのご協力により、「米穀市況速報」(日報)
から、一部記事を要約したものを掲載させていただいています。(月1掲載)
記事・図表の無断転載・引用を禁止します。

■ 米トレサ、酒類も追加しパブコメ受付け(農水省)

農水省は、事故米事件を発端に制定した米トレーサビリティ法(米トレサ法)
の具体的な運用方針を定める政省令「米穀等の取引等に係る情報の記録及び産
地情報の伝達に関する法律の具体的な運用(案)」を固め、8月29日から9月28
日までの1カ月間、パブリックコメントを受け付けている。意見等を踏まえて
正式に決定する。

米穀取扱い事業者に取引(仕入れ・販売)の記録・保存と、一般消費者への産
地情報の伝達を義務付けるもので、財務省と調整中だった「清酒」「単式蒸留
しょうちゅう」なども対象品目に追加した。施行期日は、トレサの記録・保存
が平成22年10月1日、産地情報伝達が23年7月1日の予定。

対象品目は、(1)主要食糧に該当するもの=米粉、米粉調製品(もち粉調製
品を含む)、米こうじ、米穀をひき割りしたもの、ミール、米菓生地等
(2)米飯類=各種弁当、各種おにぎり、ライスバーガー、赤飯、おこわ、米
飯を調理したもの、包装米飯、発芽玄米、乾燥米飯等の米飯類(いずれも、
冷凍食品、レトルト食品及び缶詰類を含む)(注)米飯類については、いわ
ゆる「白めし」として一般消費者に提供されるもののほか、おかゆ、寿司、チ
ャーハン、オムライス、カレーライス、ドリアなどご飯として提供される料理
が対象(3)もち、だんご、米菓、清酒、単式蒸留しょうちゅう、みりん=
(注)これらの米加工品は、基本的に米穀又は米粉等が原材料中1位となる商
品が大部分を占める品目を日本標準商品分類(酒類は酒税法)を基本に選定。
(2009年9月1日)

■ ヒットした宮崎コシの4キロ袋販売

良好な売れ行きが伝わる宮崎コシだが、これには4キロ袋での販売戦略も奏功
したようだ。5キロ袋(1,980~2,080円)による販売が多いなかで、4キロ袋
は1,580~1,680円でスタート。

玄米価格を考慮したうえで、購買意欲を喚起する売価にミートさせる手法で、
「消費者が混乱すると敬遠された納入先もあるが、企画を実施したチェーンで
は数量ベースでも前年実績を上回った。その後は品質面が評価されてリピート
客に繋がった」(有力A卸)との声が聞かれる。

一方、5キロ2,080円でスタートした店舗では、「安値の20年産米のセールに埋
没し、最初の1週間の動きは鈍かった。1,780~1,880円に値下げした後は、段
々と上向いた」(有力B卸)としている。
(2009年8月28日)

■ 都内で新米こまちのキャンペ(茨城・JA稲敷)

茨城・JA稲敷、稲敷市、JA全農いばらきは8月25日、都内の東京国際フォーラ
ムにおいて「稲敷産あきたこまち新米キャンペーン」を行った。

ごはんミュージアムで開かれている料理教室において、田口久克・稲敷市長が
参加者に新米のPRを行うとともに、周辺で消費者にあきたこまち(300g×1,000
袋)などを配布した。

今年産のあきたこまちは、「収量が少ないものの、品質は良い。米も旬があり
香りを味わってもらいたい」(根本脩・JA稲敷理事長)としている。新米キャ
ンペーンは初の試みで、JA自らがPRすべく企画したもの。

県産あきたこまちの検査は8月11日に始まり、21日段階で1万2,000袋(30kg)
が受検、「24日現在で5万袋程度になっているのではないか。週末の刈り取り
が加わり、(概算金の早期加算のある)25日までの累計は10万袋を見込んでい
る」(同)という。コシヒカリの収穫は今月末頃になる見通し。
(2009年8月26日)

■ 売上高、客数とも大きくダウン(7月コンビニ)

日本フランチャイズチェーン協会がまとめた7月のコンビニ統計によると、売
上高(既存店ベース)6,548億円(前年同月比7.5%減)、来店客数11億5,578万
人(同4.5%減)。売上高は2カ月連続、来店客数は16カ月ぶりのマイナスで、
堅調だったコンビニの失速傾向が明らかとなった。

タスポ効果がなくなり、梅雨が長引いたこともマイナス要因となったようだ。
また、消費者の節約志向により、平均客単価は566.5円(同3.1%減)に下落。
米飯類(寿司、弁当、おにぎり等)が入る日配品の売上高は、全店ベースで前
年同期に比べ5.4ポイントダウンしている。

7月のコンビニ取引では、「一部のチェーンで高額の弁当がヒットした例もあ
るが、全体的に弁当は不振で、100円前後のおにぎりが健闘している。消費者
の生活防衛意識は強く、低価格商品の開発が活発化するだろう」(関係卸)と
見ている。
(2009年8月24日)

○株式会社米穀データバンク:民間のコメ調査会社。生産・流通・市況など
コメに関する情報の提供を行っている。
○問い合せは、ricedata@japan-rice.com
○ホームページ「日本のコメ市場」http://www.japan-rice.com/main.htm

△▼△▼△▼△▼△▼△

● 食ビジネスニュースリリース —————————-■□

■ 松竹梅「白壁蔵(しらかべぐら)」<生(き)もと純米>180ml 新発売

宝酒造株式会社は、昨年9月に発売した“松竹梅「白壁蔵*1」「生もと純米」”
に関して、従来の640ml壜と1.8L 壜に加え、小容量の180ml壜を9月15日(火)
より、新発売します。アルコール度数は15度以上16度未満、参考小売価格は
379円(消費税抜き)です。

“松竹梅「白壁蔵」「生もと純米」”は、江戸時代から続く昔ながらの伝統製
法である「生もと造り*2」で醸した純米酒で、米の旨みを引き出した、まろ
やかでやわらかい口あたりと、冷やしておいしい酒質が特長です。食の和洋に
関わらず、食事と一緒にお楽しみいただけます。ラベル正面には、ブランドの
象徴である「松・竹・梅」をイメージしたデザインを配し、発売中の640mlボ
トルと同形状のオリジナル壜とキャップを採用しました。

*1白壁蔵(しらかべぐら)
神戸市東灘区に位置する当社の清酒蔵。伝統的な酒造りの原理を再現した最新
鋭の設備と、人の手で行う酒造りの両方を併せもち、純米酒や吟醸酒といった
特定名称酒を中心に製造しています。

*2生(き)もと造り
清酒造りに必要な乳酸を乳酸菌の働きから得て醸造する方法で、一般の製法に
比べ、時間と手間はかかりますが、芯のしっかりとした、奥行きのある、懐深
い味わいを生み出します。

○この件に関するお問い合わせ先:宝酒造株式会社 広報課
TEL 075-241-5122(ダイヤルイン) TEL 03-3278-8460(ダイヤルイン)

本リリースの詳細は
http://prw.kyodonews.jp/press/release.do?r=200908314590
株式会社共同通信PRワイヤー

■ TaKaRa 「おいしいチューハイ」赤ぶどう 期間限定発売

宝酒造株式会社は、果汁50%のTaKaRa「おいしいチューハイ」<赤ぶどう>を
期間限定で9月15日(火)より全国で新発売します。アルコール分は5%、350ml缶
入りで、参考小売価格は160円(消費税抜き)です。

“TaKaRa 「おいしいチューハイ」”は、果汁を50%使用し、糖類不使用・微炭
酸で果実本来の味わいが楽しめる、『果汁たっぷり贅沢酒質』のプレミアムチ
ューハイです。チューハイにフルーティーな味わいを求めるユーザーや、健康
志向のユーザーから高い評価をいただいています。

今回新発売する“TaKaRa 「おいしいチューハイ」<赤ぶどう>”は、赤ぶど
う果汁の酸味や渋味のある深い味わいと華やかな香りの中にも、爽やかな飲み
口に仕上げました。糖類不使用・微炭酸なので、高果汁でもスッキリとした爽
快感がお楽しみいただけます。赤ぶどうの旬に合わせて期間限定で発売します。

○この件に関するお問い合わせ先:宝酒造株式会社 広報課
TEL 075-241-5122(ダイヤルイン) TEL 03-3278-8460(ダイヤルイン)

本リリースの詳細は
http://prw.kyodonews.jp/press/release.do?r=200908314574
株式会社共同通信PRワイヤー

■ くるみ&プルーンを使った本場カリフォルニアからのメニュー5品が新登場

カリフォルニア くるみ協会(本部:米国カリフォルニア州 会長兼CEOデニス
・バリント)及びカリフォルニア プルーン協会(本部:米国カリフォルニア
州 会長 リチャード・ピーターソン)は株式会社エス・ジェイ・フーズが展
開するカフェレストラン「news DELI」の5店舗(*1)にて、カリフォルニア
くるみおよびプルーンを使った秋のメニュー合計5品を2009年9月1日から11月
30日まで販売することをお知らせいたします。

(*1)有楽町、ラクーア、新宿、吉祥寺、池袋店で実施。
各店舗の所在地は、『news DELI』ホームページ
(http://www.news-deli.com/)をご覧ください。

「news DELI」では、アメリカのお母さんからの贈り物をテーマに、カリフォ
ルニア産くるみを使った「くるみのミートボールのクリーム煮」、「キノコと
くるみのシーザーサラダ」の2品と、カリフォルニア産プルーンを使った「プ
ルーンのミートローフ」、「プルーンとチキンの赤ワイン煮込み」の2品、さ
らにくるみとプルーンのスペシャルコラボとして「くるみとプルーンのタルト」
が用意されました。
5品につきましては、添付のメニュー一覧をご覧ください。

メニュー開発担当MASAシェフのコメント:
カリフォルニア産くるみを使った2品は、歯ごたえが生まれコクが深くなり、
またカリフォルニア産プルーンを使った2品は、プルーンの持つ保湿性により
ジューシーさが一層増し、冷めてもおいしく召し上がれます。

デザートの「くるみとプルーンのタルト」はメイプルシロップでキャラメリ
ゼされたくるみと、ほのかな酸味のあるプルーンが絶妙な味わいを引き出す
一品に仕上がった自信作です。

MASA(長坂将志:ながさか まさし)氏のプロフィール:
数々のレストランを手掛け、現在はイタリアンフレンチ「アンジェパティオ」
を含む多数グループレストランの統括責任者に従事しています。今年9 月下旬
恵比寿にオープン予定の世界初MLB cafeTOKYO のグランドシェフ・責任者でも
あります。

「news DELI」について
HP: http://www.news-deli.com/
「news DELI」は、「健康と情報の発信」をコンセプトにしたカフェレストラ
ンで、首都圏を中心に展開しています。約80 種のデリカテッセンやデザート
から、好みの商品をチョイスできるのが特徴で、2002年には雑誌「グルメぴ
あ」で読者が選ぶ人気のお店ナンバー1に選ばれました。

○「news DELI」に関する問い合わせ先:
株式会社エス・ジェイ・フーズ 担当者:中村 健一
東京都渋谷区南平台町12 番11 号 TEL:03-5784-2286

○取材及び本件に関するお問合せ●
カリフォルニア くるみ協会・カリフォルニア プルーン協会
担当:伊藤 大輔/猪瀬 典子(管理栄養士)

(くるみ)
TEL:03-3505-6204
URL:http://www.californiakurumi.jp/

(プルーン)
TEL:03-3584-0866
URL:http://www.prune.jp/

(共通)
FAX:03-3505-6353
e-mail:uniflex@sb3.so-net.ne.jp
〒106-0044 東京都港区東麻布1-5-3パシフィックビル3F
ユニフレックスマーケティング株式会社内

△▼△▼△▼△▼△▼△

● 海外レストランNEWS 韓国レストラン情報 ————————■□

■ 韓国「2008年 外食マーケット まとめ その22 その他外食事例」

(12) 株式会社 (株)ShillaMyunggua(新羅銘菓)
創業(設立):1983年9月20日
加盟事業開始:1983年9月20日
売上高:425億9,725万ウォン(2008年度)
当期純利益:2億9,232万ウォン(2008年度)
ブランド:2つ
店舗数:176店(加盟173、直営3)
従業員数:169人(8役員)(2008年12月31日現在)
所在地:キョンキドアンヤン市アンヤン7洞200-1
ホームページ:www.shillabakery.com
最初登録日:2008年7月29日/最終登録日:2009年4月24日

10年前のベーカリー業界は、クラウンベーカリーをはじめ、新羅銘菓、ニュー
ヨーク製菓など老舗ブランドが業界をリードしていた。ところが、2000年以降
出店を加速化したパリクラサンのパリバゲットの勢いに業界図が変わった。こ
れに刺激を受けた老舗ブランドのShillaMyungguaは、昨年、ブランドだけでは
なく、新会社「Bread & co. SHILLA」を立ち上げた。新ブランド名は「bread
&co. DAILY-NEW」で既存のベーカリー販売だけではなく、カフェスタイルの
ショップとして、アップグジョンドンに1号店を開店させた。

既存の25年以上看板ブランド「ShillaMyunggua」は順次に新ブランドへ切り換
える計画である。そもそも、ShillaMyungguaは、韓国を代表とするホテル新羅
の系列社である。1978年ホテル新羅のベーカリー事業部から独立して、1984年
には別度会社を設立してフランチャイズチェーン展開をして現在に至る。

次の表は、「ShillaMyunggua」の最近3年間の財務状況を表した表である。
2008年の売上高は、対比前年若干増加した0.6%の425億9,725万ウォンとなった。
当期純利益は前年に比べて増加率は大幅落ち込んでいるものの、2億9,232万
ウォン増加となった。

「ShillaMyunggua」の最近3年間の財務状況(単位:千ウォン)

年度 総資産 総資本 総負債 売上高
増加率 営業利益 増加率 当期純利益 増加率
2008 23,601,157 13,292,183 10,308,974 42,597,251
0.6% 292,324 -230.0% 642,313 -37.4%
2007 23,339,112 12,649,869 10,689,243 42,337,901
– 964,555 – 882,670 –
2006 0 0 0 0
–   –   –

出所:ShillaMyungguaの情報公開書より筆者作成(最終登録日:2009年4月24日)。

次の表は、ShillaMyungguaの最近3年間の加盟店数を時系列でまとめたもので
ある。年末の加盟店数は、2006年194店、2007年187店、2008年173店で、直営
店3店を合わせると176店となる。なお、「ShillaMyunggua」以外の新ブランド
「bread&co. DAILY-NEW」は、2008年9月15日1号店を出店した以来、加盟店
(1店)と直営店(1店)を出店している。

「ShillaMyunggua」の最近3年間加盟店数推移(単位:店)

年度 年初 新規開店 契約終了 契約解約 名義変更
年末 増減 直営店 加盟店 店舗(計)
2008 187 14 6 22 11
173 -14 3 173 176
2007 194 20 0 27 7
187 -7 3 187 190
2006 199 31 0 36 12
194 -5 3 194 197

出所:ShillaMyungguaの情報公開書より筆者作成(最終登録日:2009年4月24日)。

以下では、ShillaMyungguaの情報公開書を紹介する。
2008年末の加盟店(171店)の地域別平均売上高は188,293千ウォン(169,464~
207,123千ウォンの間)。地域別の内訳を見ると、加盟店の平均売上高が一番高
かったのは、245,314千ウォンのソウル(49店)。加盟店が一番集中している地
域は、キョンギで52店、次いでキョンサンナムド13店、ガンウォンド12店、そ
れ以外の地方は10店舗以下である。

(1)加盟店事業者の負担事項(営業開始以前): 合計106,800千ウォン。その内
訳は、加盟金3,300千ウォン、保証金10,000千ウォン、初期商品費用6,600千ウ
ォン、その他費用86,90086,900千ウォン。

(2)加盟金預託制度:預託制を採用しており、預託金額は、13,300千ウォン。
その内訳は、加盟金3,300千ウォン、契約履行保証金10,000千ウォン。

(3)広告・販促費用分担事項:2008年度の広告費(922,412千ウォン)・販促費
(294,184千ウォン)。

(4)営業活動に関する条件と制限
営業地域保護制度有無あり(非保護)と独占的排他的営業地域設定(×)
契約期間:契約締結日より3年間、契約更新あり1年(更新手数料負担無し)。
営業時間:原則開店平均週6日以上であり、月26日以上。営業時間は交渉可能。
広告費・販促費:広告費は、本部50%、加盟店50%負担。販促費は、加盟店100%
負担。
教育・訓練関連事項: 35日間。新規初期教育(必修、5日:40時間)は、衛生サ
ービス教育1日(8時間)と製品教育4日(32時間)。随時教育(無料)、特別教育(オ
プション)、補強教育(必修、実費)。

李美花
筆者略歴
韓国出身。
長安大学日本語科卒業
ソウル首都料理専門学院で和食と韓国料理の調理師資格取得。
草堂大学調理科学科にて外食経営を学び、卒業。
2004年4月に日本に留学し、立教大学ビジネスデザイン研究科(MBAコース)
入学。
2006年3月同校卒業。経営学修士。
2006年4月立教大学経営学研究科博士課程後期入学、
米日韓におけるフランチャイズ・システムをテーマに博士号取得を目指して
いる。
その他、日本では「飲食店経営」執筆した。韓国では「外食経営」等に執筆し
現在は韓国フランチャイズ雑誌Business & Franchiseに日本のフランチャイズ
企業動向を執筆中。
学業の傍ら、韓国外食企業の研究や交流もしている。韓国進出を計画なさる方
は是非ご相談ください。
筆者連絡先 mihwalee@hotmail.com

△▼△▼△▼△▼△▼△

● 王利彰のレストランチェック———————————–■□

■ NRE 日本レストランエンタープライズ

皆さんNRE 日本レストランエンタープライズという外食企業をご存知ですか?
外食業界にいる方はご存知かも知れませんが、一般の消費者の方はご存じない
かも知れません。でも、関東以北に住みJRで電車通勤をしている方のほとんど
がその店舗を毎日見ているし、利用している方も多いのです。そうです、NRE
とはJR東日本の子会社で駅構内などでレストランを運営したり、駅弁を販売し
ている会社です。そのブランドを見てみましょう。

ファーストフードは
サンディーヌ
ロンドンパブ
サンピエロ

そば類は
さぬきうどんNREめりけんや
らーめん粋家
駅そば あじさい茶屋

その他
ちゃぶぜん
サンピエロ
アイリッシュパブ
黒酢バー
カレーのスパイス

等、多数のブランドを展開していますから、NREの名前をご存じなくても利用
されたことがありますよね。勿論関東と関東から東北地区に至るJR東日本の駅
で販売されている駅弁の多くはNREの担当です。

また、関連会社の株式会社JR東日本リテールネットが駅構内で展開しているコ
ンビニ業態のNewDaysのサンドイッチ、おにぎり、お弁当、お蕎麦、などを製
造供給しています。

NREは元々は国鉄時代に全国の列車食堂や駅構内のレストランを運営していた
日本食堂という企業でした。当時は日本全国が営業地域でしたから、外食業界
がまだ小さかった時代には外食業界の売り上げトップの時代が10年ほど続いた
超優良会社でした。それが、国鉄の民営化と分社化によりJR東日本の子会社と
なり、担当地区がJR東日本のエリアに限定されたのです。

でも、現在では分割前の時代の売り上げよりも大きな売上を誇る会社となって
います。私は色々な大学で教えている関係で、ある大学の学生向けの勉強会に
同行して、NREが埼玉県戸田市に持っているセントラルキッチンを見学しました。

ファミリーレストランなどもセントラルキッチンを持っていますが、最近は食
品メーカーに製造依頼することが多くなり、自社のセントラルキッチンの稼働
率は3割程度が普通です。ところが、NREのセントラルキッチンの稼働率は9割
近くと高いというのです。

早速見学することになりました。施設は築後10年と比較的新しいのですが、稼
働率が高いためスペースが不足しているということです。しかし、衛生管理に
大変厳重な注意を払っており、厨房に入る前に厳重な注意と白衣、マスク、帽
子の着用と、徹底した手洗いを習いました。また、見学前後に衛生講習と品質
管理の授業を合計2時間ほどしていただきました。

驚いたのは材料に対するこだわりです。JRは国鉄時代から技術にこだわり、自
ら研究所を持ち、鉄道車両の基礎研究から製造まで行うという技術志向の会社
です。その影響から、NREでも自社での食原材料にこだわりを持っているので
す。株式会社JR東日本リテールネットが駅構内で展開しているコンビニ業態の
NewDaysで販売するサンドイッチを製造していますが、食パンから工場で焼き
上げているのです。しかも、イーストフードを使わないで長時間熟成という手
法で24時間かけて一次発酵しているのです。そうするとカビが生えにくいし、
味も美味しいのです。そんな手間をかけて丁寧に焼き上げた食パンをすぐにス
ライスし、サンドイッチを造り上げるのです。

皆さん、NewDaysさんのサンドイッチの裏の説明を見てください。目立たない
のですが、食に対するこだわりを感じさせられます。通常のコンビニで販売し
ているおにぎり、お弁当、蕎麦はほとんどが資本関係のないベンダーという工
場で作られたものです。もちろん、コンビニ本部の厳重な品質管理が敷かれて
いますから、製品の品質に問題はないのですが。しかし、JR東日本は食の安全
性にこだわり、NewDaysで販売するほとんどのサンドイッチ、おにぎり、お弁
当、麺、を厳格に品質管理を施したNREのセントラルキッチンで製造している
のです。

このCKで1日に製造しているのは、NewDays向けにお弁当12,000食、三角サンド
イッチ28,000食、ボックス入りサンドイッチ3,500食、おにぎり10万個、です。
ここで焼き上げるサンドイッチ用食パンは3斤サイズで3,600本です。

また、駅そば等を展開していますが、その蕎麦、うどん、ラーメン、の麺はす
べてこのCKで粉から丁寧に作り上げているのです。ソバ類の製造食数は7万食
を超えています。その他、弁当用の食材、惣菜(そば店向けのてんぷら等)、
お弁当、カット野菜、など他品種の食材を丁寧に製造しています。

通常のコンビニはベンダーでの生産と店舗への流通はそれぞれ別会社ですが、
NREの場合は自社の配送網も持つというこだわりで、このCKは物流網の役割も
担っています。その他、社員食堂や病院、介護施設、等の給食事業も展開して
います。品質へのこだわりはCKでの製造だけではなく、あまった食材や廃棄食
材のリサイクルに力を入れており、自社の有機リサイクル農場を持っているほ
どです。

これらの製造工程を2時間ほど見学するとお腹が空いてきました。そして、待
望のランチタイムです。ランチには、見学したサンドイッチと、おにぎり、蕎
麦が出ました。見学してしっかりした製造工程に感銘を受けた後に食べると味
も格別でした。

皆さんもNREの駅構内のそば店やNewDaysのおにぎり、サンドイッチ、お弁当を
じっくり味わってみましょう。CKでの品質のこだわりを目の当たりにした後は
NREのレストラン、お弁当、NewDaysの中食、のファンになること請け合いです。

企業名:NRE 日本レストランエンタープライズ
HP : http://www.nre.co.jp/index.html

△▼△▼△▼△▼△▼△

● 王利彰の米国外食情報—————————————–■□
NRN誌 2009年8月25日~9月1日号

■ KFCは新製品のDouble Downのテストを認める

KFCは新製品のグリルチキン成功に自信を持ったのか、先週お伝えしたKFCの新
商品のテストを認めました。新製品はDouble Downというパンの代わりに揚げ
た胸肉2枚でベーコンと2種類のチーズSwiss と pepper-Jack cheeses、カーネ
ルソース、を挟んだものです。

米国では栄養価表示を義務付ける法制化が進んでおり、各チェーンは健康的な
メニューの開発に余念がありません。それがKFCのグリルチキンの開発だった
のです。その反面、大型の満足感のある商品の発売も話題を呼んでいます。

KFCのグリルチキンのテレビコマーシャルは男女が商品の周りを踊りまわり、
健康的なイメージとカロリーの低さを演出しています。
http://www.kfc.com/promos/commercial.asp

それに対してテスト中のDouble Downは男性だけが肉たっぷりの新製品をほめ
たたえているというもので、若い男性向けのボリュームを訴求しています。こ
の新製品はマクドナルドのアンガスビーフ1/3ポンドの発売や、カールスジュ
ニアの新製品Big Carl burger、ハーディース(Hardee)新製品Fried Bologna
Biscuit breakfastの発売に続く、ボリュームたっぷりの商品です。

この新製品に関してはブログなどで話題が沸騰しており、KFC社はやっと公式
にテスト販売を認めました。また、ブログではカロリーが1,200kcalと高いと
指摘されていますが、同社はまだ、完成していないので確かではないが現在の
ところ600kcalに過ぎないとしています。ブログによると価格は4.99前後だと
していますが、価格も決定していなとしています。

ケンタッキー州ルイビルに本社を構えるKFC社はYum! Brands Inc.社の傘下の
会社で世界109カ国に15000店舗を展開しています。Yum社はその他、Taco Bell,
Pizza Hut, Long John Silver、A&W社を展開しています。

■ マクドナルドのアンガスビーフハンバーガーの情報

米国マクドナルドは高級な牛肉アンガスを使った1/3ポンドの大型ハンバーガ
ーを発売して話題を呼んでいます。

メンバーでオーストラリアに住んでいるジーン中園さんから、オーストラリア
でもアンガスハンバーガーが発売されたという情報をいただきました。

そこで、米国マクドナルドで先行販売しているアンガスビーフハンバーガーを
調べてみました。
米国マクドナルドの栄養表示のサイトを見ると
http://nutrition.mcdonalds.com/nutritionexchange/ingredientslist.pdf

通常のハンバーガーでつかう肉は100% Beef Pattyで
その成分は
100% pure USDA inspected beef; no fillers, no extenders. Prepared
with grill seasoning (salt, black pepper).

とあるのに対し
アンガスビーフAngus Beef Pattyの成分は
100% Angus beef. Prepared with Grill Seasoning (salt, black pepper)
and Angus Burger Seasoning: Salt, sugar, dextrose, onion powder, malto
dextrin, natural butterflavor (dairy source), autolyzed yeast extract,
spices, garlic powder, vegetable protein (hydrolyzed corn, soy and
wheat), natural (animal, plant and botanical source)and artificial
flavors, dried beef broth, sunflower oil, caramel color, partially
hydrogenated cottonseed and soybean oil, gum arabic, soy sauce solids
(wheat, soybean,salt, maltodextrin, caramel color), palm oil,
worcestershire sauce powder [distilled vinegar, molasses, corn syrup,
salt, caramel color, garlic powder, sugar, spices,tamarind, natural
flavor (fruit source)], beef fat, annatto and turmeric (color),
calcium silicate and soybean oil (prevent caking).CONTAINS: MILK, SOY
AND WHEAT.
と人工フレーバーや油脂、等がたくさん入っているようです。これについて
ネットでは色々論議されているようです。

「アンガスビーフはアンガスビーフ血統の牛で、米国アンガスビーフ協会 Ame
rican Angus Association の保証Certifiedを受けたサーティファイドアンガ
スビーフがありますが、マクドナルドのアンガスビーフは保証を受けていない
アンガスビーフです。Certifiedアンガスビーフは高級な牛肉で高級レストラ
ンで使われている高価なものです。また、数量に限りがあります。そのため、
マクドナルドは血統がアンガスビーフ血統の牛だが、保証を受けていない牛を
使います。アンガスビーフは脂分が多いのが特徴だが、保証をうけていないと
その脂分(おいしさの源)が少ないので、その味を補うためにフレーバーや油
脂を入れているのだ」という論議です。
http://davescupboard.blogspot.com/2009/07/mcdonalds-angus-third-pounder
.html

この議論に対するマクドナルドの回答は「マクドナルドは米国産のアンガスビ
ーフを使っているが、量の問題もあり一部オーストラリアのアンガスビーフを
輸入して使っている。しかし、USDAの検査を通ったもののみを使用している。
指摘のフレーバーや油脂については、使用するスパイスに入っているものであ
り、1枚当たりのビーフパティに1g以下しか使っていない。」でした。
http://www.mainstreet.com/article/lifestyle/food-drink/should-you-pay-
extra-angus-beef?page=2

ジーン中園さんに送っていただいたオーストラリアの情報を見てみると
http://sl.farmonline.com.au/news/nationalrural/livestock/news/mcdonalds
-launches-mcangus-burger/1607429.aspx

verified as Angus by Certified Australian Angus Beef Pty Ltd (CAAB)
based on national vendor declaration forms and backed by independent
audits and DNA sampling.

とあり、
オーストラリアアンガスビーフ協会Australian Angus Beef Pty Ltd (CAAB)の
証明verifiedのアンガスビーフで、保証Certifiedではないようです。微妙な
英語の表現ですね。

Path – Landing Page

米国マクドナルドのアンガスビーフバーガーのカロリーと栄養
http://www.dietfacts.com/html/nutrition-facts/mcdonalds-angus-third-
pounder-deluxe-angus-beef-patty-62070.htm

マクドナルド社のプレスリリース
http://mcdepk.com/AngusThirdPounder/index.html

マクドナルドのように大きな会社となると新製品発売だけで、こんなに話題が
沸騰しますから対応が大変ですね。

■ デニーズ社は子供向けに健康的なメニューを発売

デニーズはより健康的な子供メニューを発売しました。これは現在同社が展開
している Better For You というキャンペーンの一つです。そのキャンペーン
のメニューは朝食向けでフレッシュフルーツ、ヨーグルトとシリアル、卵の白
身、ターキーのベーコン等です。

子供向けの健康的なメニューはTumbling Vanillaというバニラヨーグルトにイ
チゴのトッピングを使ったもの、マリナラソーススパゲティ、リンゴのスライ
スとカラメルソース、ニンジンとセロリと胡瓜のサラダ、などで、価格は2.99
~です。そして、子供向けのメニューからフレンチトースト、ホットドック、
砂糖入り飲料、などを削除しました。

このデニーズが健康的なメニュー開発をしている背景には、最近消費者保護団
体のCenter for Science in the Public Interest.が48歳の男性がデニーズ社
の商品の塩分含有量の表示が間違って体を壊したという訴訟をサポートしてい
ることなどがあるようです。
デニーズ社は1,500店舗を展開しています。

■ 料理の鉄人のCat Cora氏はフロリダのディズニー村にレストランを開店

Cat Cora氏はギリシャ系の家族に生まれて子供の頃から料理人を目指しました。
ニューヨークのCIAで学び、ヨーロッパの三ツ星レストラン2店舗で修行し米国
に帰国後は、幾つかの有名店で働き、2005年にテレビ番組の料理の鉄人(米国
版)で初の女性料理の鉄人に選ばれました。その他、いくつかの有名料理雑誌
で表彰されています。店舗名はKouzzina restaurantで、ギリシャ料理と地中
海料理が売り物です。夕食の価格は15ドルから40ドルです。
http://www.foodnetwork.com/chefs/cat-cora/index.html
http://www.catcoracooks.com/

■ 発刊後48年になるJulia Child氏の本がベストセラーに

Julie & Juliaという映画がヒットした影響で、Julia Child氏の書いた、
Mastering the Art of French Cookingという本がベストセラーになりました。

■ バーガーキングの価格戦略

米国の失業率の低下は比較的低価格のファストフードにも売り上げ不振の影響
を与えつつあります。それに対抗するためにバーガーキング社は低価格商品の
1ドルのダブルチーズバーガークーポンの配布や、高額商品の発売という2面戦
略を取り入れます。

高額商品の発売に関しては同社の自動調理機器のコンベアーブロイラーが複数
の原材料を同時に焼けるように改善を来年早々に実施します。それにより大型
ハンバーガーのXT Steakhouseや骨付きのバーベキューリブなどを発売できる
ようにします。

しかし、同社は決算発表で2010年度の売り上げ目標を明確にしませんでした。
6月30日付の第4四半期の全世界の既存店の対前年比売り上げはマイナス2.4%、
米国内はマイナス4.5%と厳しい状況です。

同時期にマクドナルドは+、ジャックインザボックスやCKEはマイナスの売上
です。しかし、売上の低迷にも関わらず、コストコントロールにより、対前年
の利益は+16.4%でした。原油価格の低下による光熱費の低下と直営店舗のフラ
ンチャイズ化によるものです。

第4四半期の利益は58.9ミリオンドルで、昨年の50.6ミリオンドルよりも増加
しています。また、第4四半期には新店舗を115店舗追加し、2009年末には全世
界の店舗数は11,925店舗になります。

■ 英国のスターシェフJamie Oliver氏はアジアにイタリアンレストランを開店

氏はテレビの料理番組などで大人気で、日本でも7年前にアフタヌーンティー
と提携して銀座にお店を構えたことがあります。(現在は提携終了) その氏
がアジアにファミリースタイルのイタリアンレストランを30店舗開店する計画
を発表しました。まず、英国の影響の強い香港に1号店を来年早々に開店します。
http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5iitw9ORBYT8iDGzg9
hmvdzIsLEWQ

■ シカゴのマクドナルドは1ドルの朝食メニューを発売

1ドルの朝食シリーズは6種類でソーセージビスケット、ソーセージマフィン、
中サイズのコーヒー、ホットケーキ、ハッシュブラウン、フルーツ入りのヨー
グルトパフェ、です。同社の広報によれば、これはシカゴ地区の期間限定の販
売促進で、同社全体に導入するわけではないそうです。

最近の1ドルメニューはフランチャイジーに負担が大きいのでシカゴ地区での
追加販促に関しては事前にフランチャイジーと慎重な協議を重ねたそうです。

マクドナルドは今年の5月から開始したエスプレッソやプレミアムコーヒーラ
インをさらにバックアップするために朝食メニューの強化を図る見込みで、7
月13日から8月3日までの月曜日に無料のコーヒー飲料を提供する全国レベルの
広告宣伝テレビコマーシャルを放映しました。

この努力により数年間で、従来のコーヒーの売上比率2%が5%に向上しました。
この数字は同社の期待以上のものです。

調査会社のNPDによれば、外食業界において、朝食の売上は伸びていましたが
最近の経済情勢により売上の伸びが止まりつつあります。今年の4月から6月の
3ヵ月間のデーターを見ると朝食の客数は2%低下しています。ランチも2%の低
下、夕食は5%の低下、夜のスナックは1%の低下です。

ファストフード業界では朝食売上は±0%、夕食は-6%、ランチは-2%、夜のス
ナックは-1%と全体よりも良いのですが、マイナス傾向は同様です。これらの
データーから見ると全体は不振だが朝食は健闘していることがわかります。

■ Wahoo’s Fish Tacoはフランチャイズ化を強化

ファストカジュアル業態のWahoo’s Fish Taco社は今後5年間に100店舗を開店
します。そのために、フランチャイズ化を強化します。

Home

■ クラッカーバレルCracker Barrel創業40周年記念のメニュー

創業40周年を迎えるCracker Barrel Old Country Storeは8月31日から10月25
日まで同社の588店舗で記念メニューを発売します。

朝食メニューは、Fresh Fruit n’ Yogurt Breakfast $6.99;
Apple Streusel French Toast $6.99.

ランチと夕食は、grilled chicken salad with bacon, honey-glazed pecans,
dried cranberries, apple chunks and blue cheese crumbles,を $7.99で提
供します。
http://www.crackerbarrel.com/

関連記事

メールマガジン会員募集

食のオンラインサロン

ランキング

  1. 1

    マックの裏側 第15回目

  2. 2

    マクドナルド 調理機器技術50年史<前編>

  3. 3

    HP 案内

アーカイブ

食のオンラインサロン

TOP