weekly Food104 Magazine 2008年12月3日号

メルマガバックナンバー

● 日本外食ニュース
● 海外レストランNEWS 米国レストラン情報
● 米穀情報
● 食ビジネスニュースリリース
● 王利彰のレストランチェック

**************************************************************
莫莫居 鶯 今週の おすすめ は梅酒です。

今週は、女性にもっとお酒の楽しさを知っていただきたいと思い、梅酒を紹介
します。莫莫居 鶯では、人気の梅酒を7種類ご用意しております。梅酒は焼
酎と青梅と氷砂糖で漬け込むのが主流ですが、最近は、日本酒で漬け込んだ梅
酒がくせがないと女性に人気なのです。

酒蔵は、自分のところで造った自慢の日本酒で梅酒を造ったらおいしいだろう
と、梅酒などの果実酒に力を入れてきています。お店に入って梅酒を頼むとき
「日本酒でつくった梅酒ありますか?」と店員さんにオーダーしてみたら、ち
ょっと通な気持ちになれますし店員さんと話がはずむかもしれません。

莫莫居 鶯では、焼酎の梅酒、日本酒の梅酒、紫蘇の梅酒、ワインで造った梅
酒、健康的だと最近人気の黒糖梅酒など、豊富に揃えております。

飲み方をロック、ソーダ割りやお湯割りと変えるだけでまた違った味わいが楽
しめます。すっぱい梅はクエン酸、リンゴ酸、酒石酸、コハク酸が含まれてお
り血液をサラサラにし、食欲増進や中性脂肪の低下と健康や美容にもいいので
す。

美味しい梅酒を飲みながら、女性同士で話に花咲かせてみては、いかがでしょ
うか?

ほっこり和食 莫莫居 鶯 (ばくばくきょ うぐいす)

東京都豊島区西池袋1-18-1 五光ビルB1
地図http://www.bakubakukyo.com/shop.html
TEL 03-3987-0085 FAX 03-3987-8377
ホームページ  http://www.bakubakukyo.com/
メールアドレス info@bakubakukyo.com
営業時間 年中無休(年末年始以外)
ランチ 月~日 11:30~15:00
ディナー 月~土 17:30~24:00
日・祝 17:30~23:30
**************************************************************

△▼△▼△▼△▼△▼△

● 日本外食ニュース ———————————————-■□

■ サントリー、青山に新店 ウイスキーおしゃれに一杯「スプリッツ」を提供
2008/11/26 日経MJ(流通新聞)
http://www.suntory.co.jp/news/2008/10274.html

サントリーは12月3日、ソーダ割りなどカクテルを中心にウイスキーを消費者
に広めるためのアンテナショップを東京・南青山に開く。イタリア風のバール
(居酒屋)とバーを組み合わせた業態で、アルコール分を低めに抑えたソーダ
割り「スプリッツ」などを提供する。オシャレな雰囲気でウイスキーを楽しめ
る場を設けることで、特に女性の需要を掘り起こす。

■ マルシェが「二毛作店」昼、うどん店、夜、海鮮居酒屋 JR四国系と共同開発
2008/11/26 日経MJ(流通新聞)
http://news.r-jinzai.net/article/110263286.html
http://masachanss.seesaa.net/article/109546466.html
http://www.marche.co.jp/Search/dp_shop.php?TAR=10811

居酒屋「八剣伝」などを展開するマルシェは昼はうどん店、夜は海鮮料理を提
供する居酒屋という営業形態の店を出す。店名は「海心丸」で、昼夜で二毛作
体制にする。四国旅客鉄道(JR四国)の子会社でうどん店チェーン運営の「め
りけんや」(香川県宇多津町、諏訪輝生社長)と組んで開発した。昼食需要の
取り込みをめざし、3年で30店を出店する計画だ。
一号店は東京・池袋に出した。

■ ステーキ半額セール、ペッパーフード、円高還元
2008/11/26 日経MJ(流通新聞)
http://news.r-jinzai.net/article/110258636.html
http://www.pepper-fs.co.jp/main/topics/2007/news_2007/08_0110.html

ペッパーフードサービスはステーキ店の「炭焼ステーキくに」の一部店舗を対
象に、ステーキが半額となるセールを始めた。海外から一部牛肉を輸入してお
り、円高の進行で調達コストを抑えられる余地が出てきた。今回のセールを円
高還元の一環と位置づける。消費者の節約志向が高まるなかで、セールにより
需要を呼び込む。

■ サーティワン、クリスマス期間限定商品を拡充
2008/11/26 日経MJ(流通新聞)
http://www.31ice.co.jp/contents/campaign/limited/081116_01.html

B-Rサーティワンアイスクリームはクリスマス期間に販売する商品を拡充する。
アイスやチョコレートなどを焼き菓子の上に盛りつけた「ワッフルボウル」と
サンデーを販売する。

■ アスクル 出前・飲食店予約を仲介 用品注文のついで利用誘う(食を支える)
2008/11/26 日経MJ(流通新聞)
http://company.nikkei.co.jp/news/news.aspx?scode=2678&NewsItemID=
20081126NRS0092&type=2
http://mtl.recruit.co.jp/blog/2008/03/askul_hotpepper.html

アスクルは3月に飲食店情報サイト「ホットペッパー.jp」を運営するリク
ルート、出前検索サイト「出前館」などを運営する夢の街創造委員会の2社と
提携した。リクルートからは飲食店、夢の街からは宅配店のデータの提供を受
け、独自に編集して自社サイト内に受注ページを新設した。閲覧者が店の情報
をクリックした場合と実際に受注につながった場合に、それぞれアスクルに報
酬が支払われる仕組みだ。

■ 生活者のための食の安心協議会代表理事横山和成氏(フーズWho)
2008/11/26 日経MJ(流通新聞)
http://www.anshin-shoku.jp/act/content_ecostyle07_02.html

食の安全・安心を揺るがすニュースが絶えない。信頼回復には情報提供が不可
欠との判断から、使いやすい生産履歴のトレーサビリティーシステム整備を進
めているのが、特定非営利活動法人(NPO法人)「生活者のための食の安心協
議会」の横山和成代表理事だ。

■ シェーキーズ4.9%増収、1~9月コツコツ節約 値上げ幅抑制 運営見直し徹底
2008/11/28 日経MJ(流通新聞)
http://www.gaisyoku.biz/pages/data/data_news.cfm/2/1806

ロイヤルホールディングスの子会社アールアンドケーフードサービス(R&K)
が運営するピザ専門店「シェーキーズ」が好調だ。1月に主力メニューを値上
げしたにもかかわらず、1~9月の既存店売上高は4.9%増、客数も2.6%増と逆に
前年を上回った。各種の経費を削減し、値上げ後も飲料費込みで1,000円以内
という値ごろ感を打ち出したのが奏功した。

■ 大戸屋ごはん処、ランチ時、回転数を重視、推奨メニューで提供時間短縮
2008/11/28 日経MJ(流通新聞)
http://www.ootoya.com/menu/grand_01.html

定食チェーンの大戸屋は「大戸屋ごはん処」の昼食時間帯に客数を増やす。推
奨メニューを導入して客の注文を集中させ、料理の提供時間を10分以内に、2
~3割短縮する。客席の回転数を上げることで昼間時間帯に3~4%、客数を底上
げする効果を見込む。

■ マック、高級バーガー本格発売、価格展開幅広く
2008/11/28 日経MJ(流通新聞)
http://mainichi.jp/life/food/news/20081126mog00m100027000c.html
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00144813.html

日本マクドナルドは通常の2.5倍の重さの肉が入る新商品の高級バーガー「QUA
RTER POUNDER(クォーターパウンダー)」を投入する。まず関東圏の約1,200
店を対象に28日から販売を開始。高付加価値のプレミアム商品の品ぞろえ強化
の一環。今後、百円商品などもさらに強化し、幅広い需要を取り込む。

■ ミクシィ公認商品第2弾、エースコック、カップ春雨など
2008/11/28 日経MJ(流通新聞)
http://www.acecook.co.jp/mixi/index.html
http://journal.mycom.co.jp/news/2008/11/13/025/index.html

エースコックは12月、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)国内
最大手のミクシィを通じて開発した4商品を発売する。約4,300人が“開発チー
ム”として商品の発案や投票選考に参加した。製品出荷の見学と試食を兼ねて
参加者が集まるオフ会を同社工場で初めて開催し、ネット上の口コミによる販
促効果を高める。

■ すかいらーく 低カロリー料理拡充 ガストなど7業態で販売、塩分控え野菜
多く 2008/11/28 日経MJ(流通新聞)
http://www.skylark.co.jp/news/news_pdf/081125.pdf
http://archive.mag2.com/0000254818/20080505080000000.html

すかいらーくはエネルギーが700キロカロリー以下の低カロリーメニューを低
価格店の「ガスト」や中華料理の「バーミヤン」など主要七業態約2,740店で
販売する。4月の特定健診・特定保健指導の開始などでメタボリック(内臓脂
肪)症候群へ関心が高まるなか、健康志向の強い消費者の需要を見込む食の研
究で著名な家森幸男武庫川女子大学国際健康開発研究所所長が商品を監修。

■ ファミレス、続々と円高還元――デニーズ、ステーキなど100円下げ
2008/11/28 日経MJ(流通新聞)
http://www.7andi-fs.co.jp/7fs/index.html

ファミリーレストラン業界でも、円高還元をうたった販促策が相次いでいる。
セブン&アイ・フードシステムズはファミリーレストランの「デニーズ」で
「円高還元フェア」を始めた。ニュージーランド産の牛肉を使ったステーキな
ど2商品を値下げし、一商品を新商品として販売する。12月10日まで実施する。

■ 計1ポンド超す牛肉量、ウェンディーズ、2個セット発売
2008/11/28 日経MJ(流通新聞)
http://www.zensho.co.jp/jp/index.html
http://mainichi.jp/select/wadai/graph/1211_2/

ゼンショー子会社の日本ウェンディーズ(東京・港)は27日、ハンバーガー2
個がセットになった「オーバーパウンダーセット」を発売する。

■ メグミルク容器、Xマス仕様に
2008/11/28 日経MJ(流通新聞)
http://www.megmilk.com/pressrelease/pdf/00317.pdf
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081123-00000007-fsi-ind

日本ミルクコミュニティは「メグミルク牛乳」や「毎日骨太 3つのチカラ」
など10商品を、クリスマス限定のパッケージで発売した。

■ ファミレス、続々と円高還元―すかいらーく、ガスト全店でセール
2008/11/28 日経MJ(流通新聞)
http://news.r-jinzai.net/article/110336222.html

すかいらーくは12月4日から「ガスト」の全店で円高還元セールを実施する。

■ 鶏卵卸値、今冬は高め?おでん・鍋の“抑え役”飼料価格上昇で生産抑制
2008/12/01 日経MJ(流通新聞)

鶏卵の卸価格に先高観が強まっている。気温低下で鍋物向け需要が見込めるた
めだ。供給は限られる可能性が高く、需給は引き締まるとみられる。ただ、店
頭価格は下落の兆しがある。景気減速の影響がどの程度出るかが、卸価格の行
方を占う焦点になりそうだ。

■ 樽平酒造、ダリア酵母使った清酒、酸味と香りアピール
2008/12/01 日経MJ(流通新聞)
http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20081119c3b1904619.html
http://www.yrit.pref.yamagata.jp/publisher/nenpo19.pdf
http://www.taruhei.co.jp/

老舗酒蔵、樽平酒造はダリアの花から分離抽出した酵母を使った特別純米酒を
開発した。12月から限定販売する。山形県川西町は日本一のダリア園で知られ
る「ダリアの町」で、地元の新たな特産品に育てる。

■ 永井酒造、シャンパン製法の清酒
2008/12/01 日経MJ(流通新聞)

ホーム


http://www.e-winesake.com/SHOP/5529.html
http://www.e-tateishi.com/nihon_01.htm

群馬県川場村の永井酒造はシャンパンやスパークリングワインの製法である瓶
内二次発酵を取り入れた発泡性の清酒「水芭蕉ピュア(MIZUBASHO PURE)」
を発売した。酒税法上は清酒に分類される。製造方法で特許を取得しており、
日本酒人気が高まっている米国や香港でも販売する。

■ 鶏卵卸値、今冬は高め?―「ヨード卵」値上げ、一般卵の上昇要因に
2008/12/01 日経MJ(流通新聞)
http://www.nosan.co.jp/

代表的なブランド卵「ヨード卵・光」を販売する日本農産工業はこれまで値上
げを見送っていたが、12月出荷分から一パック(6個入り)30円(10%)値上げ
すると表明した。一般鶏卵の卸値の上昇要因になる公算が大きい。

■ キャベツ卸値、前年比45%高、気温急低下で入荷減
2008/12/01 日経MJ(流通新聞)

キャベツの卸値が高い。主力の千葉産は東京都中央卸売市場で11月第4週(21
~27日)、10キロ1,365円(相対・高値)と前年同期比45%高。10月下旬の気温
の急低下で生育が鈍り入荷量が減った。

■ 沖縄の漁協・生協、沖縄風炊き込みご飯用レトルト
2008/12/01 日経MJ(流通新聞)
http://okinawa.coop/index.php?id=720&kid=20&kgid=4&a=c&PHPSESSID=
374838e1a42669a42800af80d09fc8c5

伊江漁業協同組合(沖縄県伊江村)と沖縄ハム総合食品(読谷村)、生活協同
組合コープおきなわなどは沖縄風炊き込みご飯が簡単にできるレトルト食品
「伊江島おっかー自慢のイカ墨じゅーしぃの素」(358円)を県内のコープ7店
で先行発売した。

■ ブランドを育てる――高知県、ナス「土佐鷹」(食材最前鮮)
2008/12/01 日経MJ(流通新聞)
http://203.139.202.230/07shikochika/07shikochika09.htm
http://www.nogyo.tosa.pref.kochi.lg.jp/kikan/kenkyu/se/home/report/
report_17/17-4.pdf

日本一のナス生産地の高知県で、ハウス栽培の新品種「土佐鷹(とさたか)」
がじわじわと生産量を伸ばしている。大きさや柔らかさに特徴がある。県内産
ナスの主流だった「竜馬」に並ぶ存在にと、産地の期待も高まる。

■ ユニカフェ、中国で喫茶店FC展開、3年内に30店規模に、コーヒー市場拡大
見込む 2008/12/01 日経MJ(流通新聞)
http://news.nna.jp/free/china/fdi/201_300/0258.html
http://www.unicafe.com/Product/PD06/06_06.html

コーヒー豆焙煎(ばいせん)業のユニカフェは、中国で出店している喫茶店
「欧米奇珈琲(アミチコーヒー)」をフランチャイズチェーン(FC)展開する。
2009年9月期中にFC一号店を遼寧省・大連などに出す計画で、直営店と合わせ
て3年をメドに30店規模にする。富裕層を中心にコーヒー需要が伸びているた
め、多店舗化に乗り出す。

■ 立ち食いカレー店、家族亭が参入、うどん・そば以外の初業態
2008/12/01 日経MJ(流通新聞)
http://www.kazokutei.co.jp/shop.html

そば・うどん店を展開する家族亭は12月1日、大阪市内に立ち食い形式のカレ
ー店を開業する。現在展開しているうどん店チェーン「得得」の人気のうどん
メニュー「ジャワ風カレー」をベースに、カレーメニューに特化する。「得得」
よりも安価で提供し、低価格志向の顧客の需要をつかむ考えだ。同社がうどん
・そば以外の業態を展開するのは初めて。

■ プレーンヨーグルト、脂肪分ゼロタイプ、森永乳業、大手で初投入
2008/12/01 日経MJ(流通新聞)
http://gourmet.oricon.co.jp/60442/
http://www.morinagamilk.co.jp/release/detail.php?id=574

森永乳業は12月1日、脂肪分ゼロのプレーンヨーグルトを発売する。脱脂濃縮
乳が主原料。乳製品の一部原料を特殊な膜に通すことで塩分やえぐみを抑えて
口当たりよく仕上げた。ヨーグルト市場は横ばいだが、脂肪ゼロの商品に限る
と売れ行きは好調だ。健康管理に敏感な40代以上の夫婦に売り込み、初年度50
億円の売上高を目指す。

■ キリンビバ、業務用専用ウーロン茶、キリンと営業連携
2008/12/01 日経MJ(流通新聞)
http://www.beverage.co.jp/company/news/page/news2008112501.html

キリンビバレッジは2009年1月21日、飲食店向けの専用商品として開発した
「烏龍茶」を発売する。

■ カフェ・カンパニー、シンガポール出店、アジア展開の実験店に
2008/12/01 日経MJ(流通新聞)
http://www.cafecompany.co.jp/topics/2008/11/20081212a971_caffe.html
http://www.food-stadium.com/blog/article/197/index.html

「ワイアード・カフェ」など首都圏で約30店のカフェを運営するカフェ・カン
パニー(東京・渋谷)はシンガポールに進出する。

■ 森永製菓、「小枝の実」小袋
2008/12/01 日経MJ(流通新聞)
http://www.morinaga.co.jp/koeda/index.html
http://jp.ibtimes.com/article/biznews/081126/24300.html

森永製菓は小袋入りのチョコレート「小枝の実」を2日に発売する。

■ ワンダーテーブル カントリーパンケーキハウス フード新潮流競争力を磨く
2008/12/01 日経MJ(流通新聞)
http://www.wondertable.com/doc/whatsnew/pressrelease/koshipan.pdf

ワンダーテーブルは今年10月、埼玉県越谷市にあるショッピングセンター
(SC)内にパンケーキ専門店「カントリーパンケーキハウス」を開いた。ハン
バーグやサラダとパンケーキのセット、サンドイッチなどのメニューを提供す
る。メニューの斬新さから、主に女性の人気を集めている。

■ 「クォーターパウンダー」の売り方 ブランド戦略、周到に“積み重ね”
(ふーど記) 2008/12/01 日経MJ(流通新聞)
http://ameblo.jp/trenders/entry-10159228846.html
http://webdog.be/archives/081105_223241.php
http://webdog.be/archives/081114_020842.php

11月28日に関東圏で発売された日本マクドナルドの新商品の大型バーガー「ク
ォーターパウンダー」。米国で「ビッグマック」と並ぶ人気とあって関心が高
いが、注目される一つの理由がそのマーケティング戦略にある。

■ ゼンショー社長小川賢太郎氏――ガソリン価格下がり客戻る(味かげん)
2008/12/01 日経MJ(流通新聞)
http://mainichi.jp/select/biz/news/20081114ddm008020040000c.html
http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20071217/143202/

「ボトム(最悪期)は脱した」と話すのはゼンショーの小川賢太郎社長。郊外
店中心のファミリーレストラン業態で苦戦が続いたが、ガソリン価格が下がり
始め回復基調にあるという。

■ 店頭 値下げ広がる 中堅スーパー 1~3割引きも、外食 割安メニューの新店
2008/11/26 日本経済新聞 朝刊
http://company.nikkei.co.jp/news/news.aspx?scode=3362&NewsItemID=
20081126NKM0181&type=2

食品などの店頭価格を引き下げる動きが広がっている。円高や原材料価格の反
転を機に、スーパーや外食企業が値引きセールや低価格店の展開を開始、一部
メーカーも値下げに乗り出した。居酒屋大手のチムニーは従来に比べ客単価を
2割落とした居酒屋を2009年末までに10店出店する。ワタミも500円前後のメニ
ューが中心の米国料理店の展開を開始。ダスキンは「ミスタードーナツ」の商
品単価を5%下げた。

■ 自宅で手料理増加 家計節約へ「内食」シフト(買い手のホンネ産地研調査
から) 2008/11/27 日本経済新聞 朝刊
http://ameblo.jp/vagent/entry-10159864553.html

自宅で食事を手作りすることが以前より増えた人が全体の4分の1近いことが、
日経産業地域研究所の調査で明らかになった。その理由は「安くつくから」が
最も多く、物価高や不況に見舞われた消費者が「内食」にシフトしていること
が表れている。ただ、自宅での調理が面倒な揚げ物などは手作りがそれほど増
えておらず、手近な材料を使い作りやすいもので済ませる傾向にある。

■ 小売り・外食、安売り加速、高島屋、輸入衣料値下げ ヨーカ堂、返金で
値引き 2008/11/28 日本経済新聞 朝刊
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20081128AT1D270A927112008.html
http://www.akindo-sushiro.co.jp/index.php

あきんどスシローが一皿90円の回転ずしを提供する。消費不振の中、大手スー
パーで始まった値下げの動きは、店舗形態や高級品・生活必需品の枠を超え、
値下げ合戦の形相を帯びている。

■ ハンバーグやチキンステーキ 500円安いランチ投入 ブロンコビリー 680円
2008/11/28 日本経済新聞 地方経済面 中部
http://www.bronco.co.jp/
http://www2.nagoyatv.com/LanDB/jsp/NewsH0200/NewsH0200.jsp?id=27600

ステーキチェーンのブロンコビリーは28日から、従来メニューより500円ほど
価格を下げたランチメニューを始める。

■ すかいらーく、400億円強増資、財務基盤改善にメド、本業回復には抜本策
必要 2008/11/29 日本経済新聞 朝刊
http://bizplus.nikkei.co.jp/genre/zaimu/index.cfm?i=2008112811091b5
http://news.r-jinzai.net/article/110502914.html

すかいらーくが野村系投資会社を引受先とする増資などの資金調達にメドを付
けたことで、悪化してきた財務基盤はひとまず改善する。

■ ホシザキ電機、業務用製氷機でトップ(新規公開株の横顔)
2008/11/29 日本経済新聞 朝刊
http://biz.yahoo.co.jp/ipo/html/d6465.html

外食産業などで使う業務用製氷機の国内最大手メーカー。製氷機のほか業務用
冷蔵庫や食器洗浄機を含む厨房(ちゅうぼう)機器の販売が収益の柱で売上高
の約80%を占める。機器の保守・修理サービスも手掛け、利益率は高い。北海
道から沖縄まで15社の販売子会社が各地域の営業を担当する直販体制が特徴だ。

■ 宅配時、料金100円上乗せ、壱番屋、全店に拡大、利益率低下で
2008/11/29 日本経済新聞 地方経済面 中部
http://www.ichibanya.co.jp/takuhai/search/index.html

カレーチェーンの壱番屋は12月から、宅配時のカレー料金に100上乗せする制
度の導入店舗を全店に広げる。現在、全体の8割で導入している。

■ フジスタッフHD 短期派遣、外食・流通に攻勢 事業部を新設 需要取り込む
2008/12/01 日経産業新聞
http://www.fujistaff.com/
http://hakennavi.blog56.fc2.com/page-1.html

ジャスダック上場のフジスタッフホールディングスは日雇いを含む短期派遣を
強化する。

■ コスモス薬品、ジョイフル、出店で提携へ
2008/11/27 日本経済新聞 地方経済面 九州B
http://www.tvq.co.jp/news/news.php?did=4023

コスモス薬品とジョイフルは26日、来年にも出店で提携すると明らかにした。
両社は緑化推進などを目指す社会貢献キャンペーンでも提携する。

■ ぐるなび、忘年会PRで新機軸 ネット出て駅・電車に集中投下(広告戦略)
2008/11/27 日経産業新聞
http://d.hatena.ne.jp/takkie/20081117/1226928889

居酒屋で盛り上がる宴会写真の上に白い文字で、「忘年会の盛り上がりが、日
本を元気にする」というキャッチコピー。これは飲食店情報サイト運営のぐる
なびが10月中旬に始めた広告ポスターだ。過去最大規模、前年比2倍の広告費
用を投じ、年末の飲食店繁忙期を盛り上げる忘年会告知広告を展開している。

■ 五泉の建設業者マツケン、地元産サトイモ、ヘルシーなハンバーグに
2008/11/27 日本経済新聞 地方経済面 新潟
http://www.yoi-kensetsu.com/model-h19/jirei/054.html
http:www.yoi-kensetsu.com/model-h19/pdf/054.pdf

新潟県五泉市の建設業者マツケン(松川徹也社長)は市内で新規事業として経
営する居酒屋「縁 EN」で、地元特産のサトイモを使ったハンバーグを発売し
た。地産地消やヘルシーさをアピールし、新規顧客の開拓につなげる。

■ 味力(中部)、◆和食「酒亭 樹輝(いつき)」クエのおいしさ手ごろに
2008/11/29 日本経済新聞 名古屋夕刊 中部特集
http://www.nikkei.co.jp/chubu/gourmet/index.html

■ 津市の学校給食で出されている特大揚げギョーザ「津ぎょうざ」を(窓)
2008/11/30 日本経済新聞 名古屋朝刊 社会面
http://blog.goo.ne.jp/genkidaigaku/e/ab6bc7de4055dd749a65b8669616dae5
http://www.toonippo.co.jp/news_kyo/news/20081129010000251.asp
http://www.sannichi.co.jp/kyodo/news.php?genre=Lifestyle.Human_Interest
&id=2008112901000025.xml

津市の学校給食で出されている特大揚げギョーザ「津ぎょうざ」を新たな名物
として全国区にしようと、市民と行政が協力して活動に取り組んでいる。

■ 西川口駅西口再生会議会長斎藤平八氏 埼玉B級グルメでコンテスト(人話題)
2008/12/01 日経MJ(流通新聞)
http://www.sainokuni-kanko.jp/gourmet/gourmet1.html
http://www.qualitysaitama.com/?p=570
http://www.debu.ne.jp/~tetsu/

埼玉県内の名物料理を集めた「埼玉B級ご当地グルメ王決定戦」が11月24日、
埼玉県川口市のJR西川口駅前で開かれた。かつては歓楽街としてにぎわった同
駅周辺は、違法風俗店の一掃で空き店舗が目立つようになり、活気を取り戻す
目玉として浮かび上がったのは、安くてうまい「B級グルメ」。

■ 伊藤園・本庄社長に聞く、欧州・中東へ進出検討、米ではスーパーに販路
2008/11/25 日経産業新聞
http://company.nikkei.co.jp/news/news.aspx?scode=2593&NewsItemID=
20081125NSS0108&type=2

これまで飲料業界をけん引してきた緑茶飲料と野菜飲料の市場が縮小している。
伊藤園は単独売上高に占める両分野の割合が6割強を占めており、影響は大き
い。成長を続けるために何が必要か、海外市場をどう開拓するのかを伊藤園の
本庄八郎社長に聞いた。

■ 日本食普及へ海外拠点拡充 推進団体 パリなど十数ヵ所新設 現地セミナー
支援 2008/11/28 日経MJ(流通新聞)
http://jronet.org/

特定非営利活動法人(NPO法人)の日本食レストラン海外普及推進機構(東京
・港、JRO)は、海外の日本食レストランや日本食の流通企業などを対象とし
た組織づくりを急ぐ。海外支部を現在の八カ所から、米ニューヨーク、仏パリ
を含む20カ所程度に拡充。支部を通じて情報交換の機会を増やし、日本の食材
普及を加速する。

■ レストラン集客、3ホテルが組む、大阪、リーガロイヤルなど割安ランチ
2008/11/28 日本経済新聞 地方経済面 近畿B
http://www.nikkei.co.jp/kansai/news/news003651.html

大阪の老舗三ホテルが来年1月、初めて共同の集客イベントを始める。

■ 新潟県や全農にいがた、県産米、中国で試食販売会、来年1月高級百貨店で
2008/11/28 日本経済新聞 地方経済面 新潟
http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20081127c3b2704w27.html

新潟県の官民がコメの中国への本格輸出を目指し、同国の富裕層に狙いを定め
て県産米のブランド化を進める。試食販売会を開くのは、県と新潟市など3市、
全農にいがた、JA新潟中央会でつくる「中国向け新潟米輸出促進協議会」。

● 海外レストランNEWS 米国レストラン情報 ————————■□
ラスベガス発― カズコ・デイビスの米国サウスウエスト食事情

■ チャーリー・トロッターで驚きの懐石料理に出合う(その3)

今年の流行語大賞が「アラフォー」だそうですね。私もアラフォー世代の一員
として、この年代がもっとターゲットにされた旅行とかコンサートの企画が、
沢山この年末に組まれて大人の社交場が増えればいいなぁと思います。この世
代結構シングルの人や、パートナーがいても子供がいない人も多いので、もっ
と遊べる所が会社や家などの近場に必要じゃないでしょうか。毎晩ちょっと寄
れるバーとかライブが聴ける所とかいい距離で他人と接することが出来る場所
があれば、次の日の仕事の商談も上手くいくというものです。

人と出会うのもタイミングやリズムというものがあって、これはテクニックじ
ゃ得られないようです。場数を踏み恥をかきかき習得していくものですが、12
月は会社のクリスマス・パーティーや年末のカウントダウンの集まりなど初対
面の人と接する機会も多いので、出会いの良い練習の場になります。私も今週
末は夫の勤める保険会社のご褒美でRED ROCK CASINO RESORT&SPAというラ
スベガスの中心からは離れている、郊外のリゾートで2泊してきます。アメリ
カの会社ってほんと上手くセールスの人を使いますよ。皆、海外旅行だ、近場
のリゾートの宿泊だとかに釣られて、がんばって生命保険を売っています。

ラスベガスのカジノは多彩で、最近はこのレッド・ロックみたいなカジノ以外
に、映画館、ボーリング場、ショッピング街、ダンスが出来るラウンジやコン
サートやミュージカルも観劇できる施設もあって、ホテルが大きすぎて迷って
しまうような、大規模なリゾートが多いようです。そして、特にどのリゾート
も力を入れているのが、美しいデザインのカバナ付きプールとスパです。タイ
やバリ島などの東洋のリゾートを思わせるようなデザインが多いようです。カ
ップルでマッサージやフェイシャルトリートメントしてもらう人も多いようで
私もこの週末は一皮剥けたいいアラフォーを目指して、フェイシャルパックで
もしてこようと思っています。

因みにこのレッド・ロックは部屋のレートが160ドルからでラスベガス近郊の
ホテルにしては高い方で、格付け4星半になっています。窓からの眺めが有名
なようで、ホテルの名前にもある「レッド・ロック」と呼ばれる赤い岩肌の山
々が夜明け、そして日没と美しいそうです。

今年は年末でもMGMやマンダレイベイ、モンテカルロでも100ドル以下で泊まれ
ると格安になっているようです。ウインや年末オープンする高級カジノのアン
コールでも160ドル前後ですし、べネチアン、パラッゾで120ドル位です。シカ
ゴだったら450ドルはするフォーシーズンズでも240ドルです。カジノでお金を
落としてもらいたいので、ホテル代と食事は昔からラスベガスは割安だったの
ですが、今年はその傾向が特に顕著のようで、淋しい話ですがどのホテルも埋
まってないようですね。

来年2月はお隣のアリゾナ州Kirkland(カークランド)にある、リゾートホテル
に行く予定です。アリゾナ州はラスベガスがあるネバダ州を最近追い越して、
全米で一番人口増加率が高い地域になりました。一年を通して温暖で湿気もな
く、住宅が安いのが理由だと思いますが、退職してシカゴなど寒い地域から越
して行く人も多いと聞いています。風光明媚なのもその理由かもしれませんね。
とても幻想的な岩山が多くて、日本では見ることの出来ない景色です。そんな
訳で、アリゾナはリゾート地も多く、観光に力を入れている場所です。色々な
工芸品を造るアーチストやコンテンポラリーなサウス・ウエスト風レストラン
もあり、アメリカ西部とメキシコの文化が融合したユニークな所です。

そして3月はLake Tahoe(レイク・タホ)というお隣カリフォルニア州北部の
有名なスキー・ロゾート地に行ってきます。ラスベガスはアクセスがよくて、
数時間の運転で、アリゾナやLAの方にも行けますので、遊ぶには最高な場所と
言えるでしょう。夫は仕事中毒なので、こんな会社のご褒美でもないと旅行も
計画したがらないので、会社が全て計画してくれるリゾート巡りはほんと助か
ります。そして、皆さんにまたご報告できるのが何よりも私の喜びです。ラス
ベガスに住んでいること自体が会社からのご褒美みたいなもので、日々新しい
人との出会いを面白がって、面倒くさがらずに社交の場を広げていけたらと思
っています。

先月行った、ベネチアン・ホテルの高級版PLAZZO(パラッゾ)内にある、シカ
ゴのCharlie Torotterが開いた「レストラン・チャーリー」でも美味しいもの
との出合い、素敵なサーバー、シェフの皆さんとの出会いがありました。こん
なひと時は、ちょっと疲れている私たち中年カップルにとっては、至福の時で
すよ。慣れきった二人では会話も弾まないので、青年シェフH君との話を肴に
お酒が進みました。なんと日本びいきのチャーリー氏の店だけあって、サント
リー山崎や焼酎、もちろん日本酒もありました。サントリー山崎の水割り16ド
ルを始めに、20ドルのシャンパン、そしてカリフォルニアワインのシャードネ
ーとどれも美味しかったです。

レストランはバー、メインダイニング、そして、懐石料理が食べられるバーカ
ウンターがあります。5時に予約してあったので、5時ちょっと前に行ったらア
ジア系の可愛らしい案内嬢が出てきて、「まだオープンしていませんのでちょ
っとお待ち下さい。」と言われました。「バーはオープンしてるでしょ。」と
聞いたところ、「バーも5時からです、ソファでお待ちになるのはご自由です
よ。」と結構融通が利かないようで、メインダイニングの奥を覗いたら、サー
バーの人達がまだミーティング中でした。仕方がないので、カジノにあるバー
でサザンコンフォートの水割りを一杯飲んで待ちました。このオレンジ味のウ
ィスキーは甘くて飲みやすいので、気を付けないと後で効いてきます。カジノ
ではお酒はただなので助かります。回ってくるカクテル・ウエイトレスに2ド
ルほどチップを渡せば、ビールやワインを持って来てくれます。

レストラン・チャーリーに戻って、やっとメインダイニングに通され、そう言
えばここ懐石もあったんだと気づき、その旨ウエイトレスに伝えたところ、彼
女の顔が一瞬曇ったような気がしました。そう金曜日の夜なのにお店のダイニ
ングはこの不景気で5組くらいしか客が入っておらず、その上私たちが懐石の
カウンターに行ってしまうと、彼女のチップ多分60ドルは減ってしまうからで
す。2人でこのお店340ドルくらいはするので、チップ最低15%はあげるわけで
すからね。この位の店になると20%あげるお客も多いんです。今流行の四角い
黒ぶちメガネの彼女の目がムッとしているのが読み取れました。

チャーリー氏はアメリカ人には珍しくあまりニコニコしない、厳しい人らしい
ので、ウエイター、ウエイトレスも無表情なのですが、きびきびした応対をす
るので、気持ちよくサービスを受けることができました。すごく目が行き届い
ている感じで、懐石料理を食べている途中、トイレに立ちましたが、私がトイ
レの扉を開けて出てきたのを見計らい、シェフH君に何か合図していました。
何かそこらへん日本のいい温泉旅館にでもいる感じがして、客の呼吸を見てく
れているようでした。

素敵なホテルやレストランに行くとトイレに入るのが楽しみですが、ここのト
イレはユニセックスで個室になっていました。普通男女トイレがどこでも分け
られているんですが、個室3つがあって、どこのでも使える訳ですから、便利
ですね。ホテルやクラブのトイレはこれまた女性にとっては、いい社交場で、
皆競ってお化粧直したり、噂話をしたりと花が咲いています。レストラン・チ
ャーリーのトイレは個室でそれはまたプライベートな贅沢な感じが新鮮でした
よ。潔癖なチャーリー氏の性格を思わせるデザインでした。

いよいよそのグローバルな懐石料理ですが、3つのコースがあって100ドル、175
ドル、250ドルとなっていました。以前まで175ドルと250ドルのコースだった
ようですが、この不景気で客足も遠のいているので、最近お手軽な5コースの
100ドルを始めたようです。7時からベネチアンでの「オペラ座の怪人」を観る
のでとシェフH君に言ったところ「それじゃ、5コースがいいんじゃないかなぁ」
と勧められました、5コースでも時間がぎりぎりでしたが、満足の5品でした。

あら、またこんなに長く話してしまいました、ごめんなさい。至福の懐石の内
容は次回にお伝えしますね。

http://www.palazzolasvegas.com/restaurantcharlie.aspx

http://www.redrocklasvegas.com/index.php

(ネバダ州ラスベガス在住 カズコ・デイビス)

△▼△▼△▼△▼△▼△

● 米穀情報報 —————————————————■□
※この情報は、米穀データバンクのご協力により、「米穀市況速報」(日報)
から、一部記事を要約したものを掲載させていただいています。(月1掲載)
記事・図表の無断転載・引用を禁止します。

■ セールで巻き返す新潟コシ、年末は魚沼も

首都圏量販店では、前月下旬からジャスコ、西友他の店舗で、新潟コシの5キ
ロ2,080円~2,280円セールがスタートし上々の反応を示しているもよう。また
定期的なセールで好調が伝わる秋田こまちは、各店舗で1,980円セールが継続
されている。

関係米卸への聞き取りでは、「納入先からは5キロ1,880円~1,980円価格を希
望する声が多かったが、先行的な意味でのセールで2,180円前後とした。今後
は他店舗(米卸)の展開状況を見ながら1,980円セールも実施していく考え。
新潟コシは2,480円が続いてただけに来店客の反応は良く、初回入庫分は早々
と売り切れたと連絡が入った」(都内A卸)。

「秋田こまちはまだ1,980円セールに向ける余裕があり、定期的に打っていく
方針。また新潟コシは何とか1,980円セールを打てる環境から、主に郊外店を
中心に実施していく考え。魚沼コシも現在の5キロ3,780円~3,880円を、年末
年始商戦では2,980円~3,080円で数量を稼ぐ戦略も」(都内B卸)との状況が
聞かれる。
(2008年12月3日)

■ ご飯単品の注文が増える(持ち帰り弁当)

持ち帰り弁当チェーンの動きとして、「白飯単品の売上点数が増加している」
との話が聞かれる。通常はおかずとセットになっているが、「ご飯だけという
オーダーや、弁当1個にご飯2個といった客が、相当の規模で増えてきている。
結果的に原料米需要のアップに繋がっており、当社の出荷実績を押し上げてい
る」(関係A米卸)とのこと。

広域展開する大手チェーンと取引関係にある同卸では、「納入先担当者と要因
を分析したところ、小家族化や独身世帯の増加が背景にあるようだ。加えて、
景気後退による中食への回帰現象も大きい」(同)とされ、10月出荷実績は前
年比106%と好調だったとする。

また、「業界内の混乱に伴い、未開拓の地区に新たに新規出店を進めたことの
プラス分も寄与した。もちろん、スクラップ店舗分のマイナスもあるが」との
指摘も。今後の注目事項としては、「まだまだ先の話だが、新エリアへの大量
出店に伴って新たな指定卸が出てくるかもしれない」(同)としている。
(2008年11月27日)

■ 予想以上に売れる生き物ブランド米

量販店や生協で発売されている生き物ブランド米。「予想以上に売れており、
良い意味で読み違えた」(首都圏A生協)との動きを示している。

野鳥が暮らせる環境をテーマに5キロ2,900円前後と割高な商品だが、「当生協
のイメージアップが主な狙い。補完的に売れればと想定したが、ほぼ商業ベー
スになっている」と嬉しい誤算。

また、同様なアイテムを1日から投入した関西B量販店でも「正直なところ驚く
ほどの消費者反応で、発売前に予想した数字の3倍は出ている。商品コンセプ
トが支持されたと認識する。極端に荷動きが悪い新潟コシと対照的。発売して
2週間ながら上々すぎる成績だ」(バイヤー)とされ、周囲にも新たに導入す
る動きが聞かれるという。

この状況を受け某卸では「伸び悩む棚田米商品の販促に活用すべく、営業部員
にリサーチを指示した」(米穀部長)という。
(2008年11月25日)

■ 外食値上げ交渉の成功事例

外食チェーンとの20年産米価格交渉が佳境だが、内食回帰など厳しい環境から
値上げには難航している模様だ。

大手米卸への聞き取りでも「量販店が概ね認めてくれるのに比べて、なかなか
交渉が進展しないのが実情。比較的に業績が好調な納入先は何とか通りそうだ
が、ファミレスなど苦戦中のチェーンは厳しい」(関西大手A卸)、「交渉中
の11件のうち値上げが了承してくれたのは5件で、平均して5円がやっとで渋々
ながら応じてくれた」(関西大手B卸)との状況が聞かれる。

背景には小麦関連、鮮魚など多くの食材価格の高騰が大きいことに加え、「仕
入コスト上昇に伴うメニュー価格の値上げは、即座に客数減少に繋がることで
可能な限り避けたい」(有力和食チェーン)との思惑もある。

成功事例の卸では「概算金と相対価格の一覧表、系統本部が用意した肥料コス
ト負担など説明したパンフレットの3セットに、事故米絡みの悪影響を示した
リポートを作成して提出した。トレース可能で安全、安心な当社の米を、多少
の値上げでも採用するメリットを説明し納得してもらった」(B卸)としてい
る。
(2008年11月13日)

△▼△▼△▼△▼△▼△

● 食ビジネスニュースリリース —————————-■□

■ 青森県産りんごを使った「青森りんごシェイク」期間限定発売

株式会社モスフードサービスでは、平成20年12月27日(土)から3月下旬まで
全国のモスバーガー店舗(一部店舗を除く)で、青森県産のりんごを贅沢に使
用したデザートシェイク「青森県産ふじ使用 青森りんごシェイク」を、期間
限定で新発売します。

「青森県産ふじ使用 青森りんごシェイク」は、りんごの主要産地である青森
県産のりんご「ふじ」を贅沢に使用し、旬なりんごの自然な風味が味わえるデ
ザートシェイクです。一昨年前から期間限定商品として発売し、初シーズン56
万食、2年目67万食を販売する、冬の人気商品となりました。

これまで当チェーンでは、地域の特色を生かした商品開発を進め、地元産の食
材を使った地域限定メニューを順次発売しています。これらの“ご当地メニュ
ー”は販売エリア外からも販売要望が多く寄せられています。

○「青森県産ふじ使用 青森りんごシェイク」(210円/税込)
この秋収穫した青森県産りんご「ふじ」を使用した、りんごのやさしい風味が
楽しめるデザートシェイクです。りんごのシャキシャキとした食感や果実の素
材感をたっぷりと残し、自然な甘味と酸味のバランスを生かしたやさしい味わ
いのりんご果肉ソースに仕上げました。バニラシェイクの上に、ほんのり塩味
のきいたプレーンタイプのクラッカーをのせて、りんごの果肉ソースをトッピ
ング、最後にピスタチオをちりばめました。見た目にも、りんごのやわらかい
黄色、クラッカーとバニラシェイクの白にピスタチオの緑色が映え、春待つ季
節にふさわしいスイーツに仕上がりました。

○URL: http://www.mos.co.jp

△▼△▼△▼△▼△▼△

● 王利彰のレストランチェック———————————–■□

■ 韓国のフランチャイズ業界の動向

先週の木金で韓国のセジョン大学(SEJONG)に出張授業をしてきました。Sejong
大学の大学院MBAフランチャイズ・コースの社会人学生対象です。
韓国の大学院は科目にフードサービスもフランチャイズもあり、日本よりも格
段に実用的です。
http://www.sejong.ac.kr/eng/01about/01about_06.html

Sejong大学は学部にはホスピタリティー学科もあり、観光系に強い学校で、ホ
テルも経営しています。担当のC准教授は日本で博士号を取得しております。
C准教授に韓国のフランチャイズ事情を伺いました。韓国は10年ほど前のIFM経
済危機の際に企業のリストラが行われ、多くの職を失った人たちがフランチャ
イズチェーンに加入するようになり、フランチャイズチェーン企業の数が急増
しました。現在はそのチェーン本部数は2,500と日本よりも多いのです。多い
分、チェーン本部の体質にも問題があるようで、韓国政府は2002年にフランチ
ャイズ加盟事業取引の公正化に関する法律を制定しました。

日本フランチャイズチェーン協会の発行するフランチャイズエイジ2008年9月
号に上智大学の小塚荘一郎教授執筆の「アジアにおけるフランチャイズ法の新
展開」によれば、

2002年のフランチャイズ加盟事業取引の公正化に関する法律の内容は
1)契約締結時に開示書面を交付する義務
2)不公正な取引行為の禁止
3)フランチャイザーによる契約不更新・解約の制限(契約を更新しない場合は
90日前の通知が必要、契約違反を理由とする解約は2ヶ月以上にわたり3回以上
の催告が必要)
4)フランチャイザー・フランチャイジー間の紛争解決のための「調停協議会」
の設置
5)相談士の資格の創設
等でした。

しかし、これではフランチャイジーの保護に不十分だということで2007年に公
正化法が改正され(規制が強化され)今年2月から施行されています。

その内容は
1)開示書面については加盟希望者に交付するだけでなく、あらかじめ公正取
引委員会に提出しなければならないこととなった(公正化法6-1条~6-5条)
この開示書面は加盟希望者からの請求のあるなしでなく、必ず希望者に渡す。
(公正化法2条)
この開示書面の交付は以前の法律では契約締結の5日前までであったが、今回
契約締結の14日前となった。ただし、フランチャイジーに弁護士または相談士
がついていればこの期間は7日間に短縮される(公正化法7条)

2)2002年の法律にはなかった加盟金の供託制度の導入
フランチャイザーはフランチャイジーから受け取った加盟金を最大で2ヶ月間
金融機関に供託しなければならない。その理由は開示書面に虚偽の記載があっ
た場合等にフランチャイジーが契約を解約し、加盟金の返還を求める権利を保
障するためである。

3)不公正取引の一類型としてフランチャイジーのテリトリー内に直営店や新
規のフランチャイズ店の開店に関する規制が付け加えられた。
4)契約不更新の制限については、契約期間の満了180日前を過ぎると「正当な
理由」がないかぎり、フランチャイザーは契約更新に応じなければならない事
となった。(公正化法13条)

このようにフランチャイジーの保護が大変強化されています。
C准教授によると、この公正化法の改正によりフランチャイザー企業に大きな
影響がでました。韓国のフランチャイズ本部数は2,500もあったのですが、こ
の法律改正により本部は情報開示書面を政府に提出する義務がでました。その
内容は経営者の詳細な履歴書(犯罪歴も含む)や損益計算書、バランスシートな
どの財務書類、加盟フランチャイジーの数、契約書、等詳細なものです。その
目的はいい加減なフランチャイザーや過去に詐欺を行った経営者の排除にあり
ました。

その結果驚くことに情報開示書面を政府に提出できたのはなんと500本部だけ
であり、そのほか準備中の本部が500で、合計1,000の本部しか提出ができない
のではないか、ということです。つまり残り1,500のチェーン本部が幽霊か詐
欺的な存在、実体のない存在だったということで、政府は大きな衝撃をうけま
した。そして、フランチャイズチェーン業界により厳しい監視の目を向けるこ
とになり、国会などでも取り上げられ、C准教授は政府などの諮問委員として
意見を言う立場になって大変だそうです。

また、マスコミもこの実体に注目し、先日、1時間のテレビ番組が放映され、
そこで、いい加減なフランチャイザーとして韓国大手フランチャイザーのBBQ
(鳥から揚げチェーンで日本にも進出している)とミニストップ(日本のイオ
ンの系列会社)が取り上げられました。

ミニストップが取り上げられた理由は、契約更新をしないフランチャイジーの
経営する店舗の直ぐ横に新しいミニストップを開店して、フランチャイジーに
圧力をかけたという理由です。BBQに関しては経営内容公開と実体が異なると
いう事です。

そのテレビ番組の公開は衝撃的で、韓国フランチャイズ企業大手のBBQのフラ
ンチャイズ加盟希望者はばったりと途絶えてしまい、場合によっては経営危機
も噂されているそうです。

韓国のフランチャイズ企業の多くは外食企業ですが、昨年訪問したときにKFA
(韓国フランチャイズチェーン協会、コンビニは別団体に所属)の重責を担って
いた副会長が経営する海鮮居酒屋が何と倒産してしまったそうです。韓国の場
合、物流専門業者がいないことや、食品加工業者の不足、等があり、チェーン
企業は自ら物流やセントラルキッチンを持たなくてはいけません。その海鮮居
酒屋は低価格が売り物で、中国などの外国から新鮮な魚を流通するために、物
流網とデポ、セントラルキッチンを整備したのですが、フランチャイジーがそ
れを使わないなどの問題が発生し、稼働率が低下し、資金繰りが悪化し倒産し
たそうです。

また、財閥として第5位のロッテ財閥の経営するロッテリアは日本よりも多い
店舗展開しており、マクドナルドよりも良い立地を確保していますが、韓国独
特のウエルビーングという健康志向によるファストフード業界の不振により、
ハンバーガー店から自社経営のグルメコーヒーハウスへの展開を図るなど、フ
ランチャイズチェーン本部は苦労をしています。

以上、韓国フランチャイズ業界の情報でした。
なお、過去連載していた、韓国外食情報は新たにフランチャイズ情報を加えて
来年から新たに連載する予定ですので、ご期待ください。

関連記事

メールマガジン会員募集

食のオンラインサロン

ランキング

  1. 1

    マックの裏側 第15回目

  2. 2

    マックの裏側 第14回目

  3. 3

    マクドナルド 調理機器技術50年史<前編>

アーカイブ

食のオンラインサロン

TOP