アンティキサポーリ

南イタリアプーリア便り

毎年春に日本橋三越で開催される「イタリア展」。私たちも日本にいる時は出店させていただいておりました。バイヤーさんにプーリアまで来ていただいて買い付けツアーのご案内をさせていただいたのも今では良い思い出です。2004~5年の頃ですから、プーリアの知名度もまだまだだった頃。ご提案させていただいた私たちの方が内心驚くほど、先駆けの精神と本物志向をお持ちだったと思います。その当時は催事部分だけで日商1億円ぐらいは上げていました。
数年前から広尾のプーリア料理の名店、アンティキサポーリの本店オーナーシェフをイタリアから招いてレストランゾーンに展開していました。
昨年からそれも叶わない状況でしたが、今年は東京で頑張るプーリアで修行したシェフたちが出店していました。予定通りであれば明日29日まで開催のはずが緊急事態宣言を受けて先週土曜日で打ち切りになりました。

プーリアをはじめとする南イタリアは人々も料理も“力強さ”が特徴だと思っ
ていますが、さすがこの地で苦労してきただけあって「プーリア仲間」の料理人の皆さんはこの大変な時期を前向きに頑張っています。
携帯アプリBASEを使って渋谷の「ピノサリーチェ」さんは催事用に仕入れていた食材を無駄にしないようにと販売予定だった商品で特別価格で出品しています。同じくイタリア展に出店していた裏神楽坂の「タルタルギーナ」さんもシェフのお任せセットや手打ちパスタ、裏メニューのカレーなどを販売。駒込の「セルヴァジーナ」さんは元々メニューの一品として出していたモッツァレッラやブラータなどのフレッシュチーズのテイクアウト販売に力を入れレストラン兼チーズ工房としてリニューアルしました。
BASEが、小規模飲食店の救世主になり得るといいですね。家飲みのお供に是非ご検討ください。
ピノサリーチェ pinosalice
https://thebase.page.link/vjCR
トラットリア ラ タルタルギーナ 
https://thebase.page.link/cuaL
caseificio selvaggina カゼイフィーチョ・セルヴァジーナ
https://thebase.page.link/8yXo

プーリア料理店の老舗と言えば南青山の「リストランテ・コルテジーア」さんですが、そちらは今、名物のヴォンゴレ(大アサリ)パスタの時期です。毎年「ここのボンゴレを食べなきゃ春にならない」と遠くから足を運ぶ方、限定期間中何度もいらっしゃる方も多い大人気メニューです。ワインがなくても大満足間違いなしの一品ですので是非お運びください。
リストランテ コルテジーア
https://www.r-cortesia.com

前述の広尾の「アンティキサポーリ」さんは5月9日までの営業でそれ以降場所を移転しての再開を検討中という事です。席数の大きなお店で私たちも何度もお食事会をさせていただきましたが、再出発が早いことを心から願っております。ゴールデンウィーク中は営業しておりますので、このチャンスを逃さず東京でプーリアを感じていただければと思います。
https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130703/13159153/

斯く言うわたくしもプーリアの我が家のキッチンから日頃私たちが食べている料理を作りながらワイン片手におしゃべりをするというライブ配信をシリーズでお送りしたいと鋭意準備中です。6月頃開始予定です。どうぞご期待ください。プーリアにお越しいただけるようになるまでもう少しかとも思いますが、それまでの間皆さまにもっとプーリアへ行きたくなるような事をやっていきたいと思います。

大橋 美奈子

大橋 美奈子

東京生まれ。演劇プロデューサーを志し、高校卒業後アメリカ留学。ニューヨーク大学芸術学部在学中は舞台、映画で俳優及びプロデューサーとして活躍。卒業後、メディア関係のリサーチ、コーディネイト会社を設立。現在はホスピタリティビジネスのコンサルタントである夫ジョヴァンニの故郷であるイタリア・プーリアから“外食とはエンターティメントである”という考えのもと“感動”を創る仕事を支えています。

関連記事

メールマガジン会員募集

食のオンラインサロン

ランキング

  1. 1

    マックの裏側 第15回目

  2. 2

    マックの裏側 第14回目

  3. 3

    マクドナルド 調理機器技術50年史<前編>

アーカイブ

食のオンラインサロン

TOP