人妻プリン

食の宝庫九州から

まあ何ともキャッチ―なフレーズに最近ネットやメディアが良く取り上げています。

佐賀県で最近増えているのが「自家製プリン」を売る店。先日は牧場の奥様が作るプリンでしたが、今回は昭和39年からの老舗寿司店のおかみさんが作っている名物です。

店があるのは、佐賀県神埼市。吉野ケ里遺跡公園の近くです。3代目の「巻きずし一本で生きていきます」の幟が立っています。裏は2代目の「人妻プリンと静かに余生を楽しみます」ですからどこまでシャレで生きているのか。店内あちこちに親父ギャグ満載なのです。

お寿司はオーソドックスというか、丁寧な仕事をしたもので、特に目立つものではありません。

そこのおかみさんが茶碗蒸しの延長で作っていたのがプリン。手作りで美味しいと人気だったそうで、更に拡大して売り出して行こうとするさなか、おかみさんが大病され製造は中断。なんとか復帰された後、「妻のプリンを食べてください」という名前で売り出したら人気に火が付いたそうです。

その後、佐賀県内の奥様方からアイデアを募り、材料を取り寄せて出来上がったのが「人妻プリン」シリーズなのです。

「佐賀の人妻は冷たくされると悦びます」というシールをはがして外箱を開けると6人の人妻が現れます(現在は若妻が増えて7種類あります。)

真由美のカスタード;地元の上質な卵と佐賀県産100%生乳使用

真由美のラムレーズン;天日干ししたレーズンを使った自家製の芳醇ラムレーズン使用

よしえの抹茶;嬉野産高級抹茶使用

いずみのデカフェ;佐賀市のいずみや珈琲のノンカフェイン豆を微粉砕して抽出

陽子のクレメンティン;太良町産のクレメンティンのコンフィチュールを使用

能美のきな粉;鹿島市能美の郷の自家焙煎きな粉を使用

若妻美穂のミルクティー;佐賀県嬉野産の紅茶と佐賀県産牛乳を使ったミルクティー味

やぐら寿司
https://r.goope.jp/yagurazushi

3代目がしっかり跡継ぎをやっているので Instagramを活用しています
https://www.instagram.com/kanzakiyagurasushi/

食べログ
https://tabelog.com/saga/A4101/A410102/41003582/

ふるさと納税にも登場しています
https://furunavi.jp/product_detail.aspx?pid=153430
https://www.furusato-tax.jp/product/detail/41210/4792594

佐賀新聞
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/592290

上田 和久

上田 和久

スタジオワーク合同会社 代表。熊本県生まれ。厨房設備施工会社、電機メーカーで冷蔵設備の設計施工営業を担当後、食品メーカーへ転職し、品質保証の仕事を経て、2016年1月コンサルタントとして独立。安全安心な食品を提供することに日々、注力する企業に対して、HACCPに基づいた衛生管理の取り組みを支援している。 JHTCリードインストラクター

関連記事

メールマガジン会員募集

食のオンラインサロン

ランキング

  1. 1

    マックの裏側 第15回目

  2. 2

    マックの裏側 第14回目

  3. 3

    マクドナルド 調理機器技術50年史<前編>

アーカイブ

食のオンラインサロン

TOP