「保命酒」をご存知ですか?

立教大学生インタビュー

瀬戸内海のほぼ中央に位置する港町「鞆の浦」で、江戸時代から造られている16種類の薬味を漬け込んだお酒の「保名酒(ほうめいしゅ)」。海の交通の要所で、かつては北前船の寄港地としても栄えていたこの町で、明治時代の創業から現在まで、蒸米から麹造りまでほぼ手作業で醸造を行っている「入江豊三郎本店」の代表取締役社長 入江里彩様にインタビューさせていただきました。

「入江豊三郎本店」では、長い歴史のある保名酒のみの販売にとどまらず、保名酒の醸造時に作られる「味醂」や、保名酒の原酒を絞る時にできる粕を味付けした「保名酒の花」、保名酒を使用した炭酸飲料の「鞆の浦サイダー」など、数々の商品を製造、販売しておられます。

また、鞆の浦にある蔵では、保名酒の歴史が学べる資料や保名酒徳利の展示がされています。さらに、本店では、鞆の浦での観光がもっと楽しめるよう着物のレンタルや、ドリンク・アイスクリームが楽しめるイートインスペース、フォトスペースを併設した施設にリニューアルするなど、新たな取り組みに多く挑戦されています。

このような新たな取り組みを多くされているのは、「お客様の顔がパッと晴れるような、ピリッとしたものをお届けしたい」という想いがあるからだと入江様は答えてくださいました。時代の、お客様のニーズに合ったものを提供できるよう、常に柔軟に変化していこうとしておられている1つに、保名酒に使用されている「薬味」の変化があったそうです。他の保名酒の蔵では、原料にマムシなどの動物性のものも使用しているそうですが、入江豊三郎本店では、全て「植物性」のものを使用し、香りを楽しみながら飲んでいただけるようにしているそうです。このような変化や向上心こそが、長く愛される理由なのではないかと感じました。

インタビューをしている中で、訪れるお客様に癒され、元気をもらっていると話す入江様の姿が印象に残っていまインタビューをしている中で、訪れるお客様に癒され、元気をもらっていると話す入江様の姿が印象に残っています。伝統のある保名酒の味を守りつつ、時代のニーズに合うよう変化を続ける「入江豊三郎本店」。

11月には本店も、皆が集まれる公園のような施設に生まれ変わるそうなので、歴史ある保名酒を味わいに「入江豊三郎本店」に訪れてみてください!

店名:保命酒 入江豊三郎本店
住所:広島県福山市鞆町鞆600-1
電話番号:084-982-2013
URL:http://www.iriehonten.jp/

関連記事

メールマガジン会員募集

食のオンラインサロン

ランキング

  1. 1

    水産タイムズ社 橋本様インタビュー

  2. 2

    新鳥栖「道の市場」

  3. 3

    マクドナルド 調理機器技術50年史<前編>

アーカイブ

食のオンラインサロン

TOP