weekly Food104 Magazine 2008年11月19日号

メルマガバックナンバー

● FSPRO旬の味を喰らう会のご案内
● 新店オープン情報
● 日本外食ニュース
● 食ビジネスニュースリリース
● 王利彰のレストランチェック
● 王利彰の米国外食情報

△▼△▼△▼△▼△▼△

● FSPRO旬の味を喰らう会のご案内——————————–■□

■ FSPRO旬の味を喰らう会「佐渡の寒ぶり三昧」のご案内

今年もあと残すところ1か月余り。この時期になると感ずるのは、時の経つこ
との早さばかりです。もうすぐそこに、クリスマスが…、そしてその先にはお
正月が…。世の中の風景もまっしぐらに年末に向かって突っ走っています。だ
から余計に、ア~ッという間の、1年の早さになってしまうのかもしれません。

今年の干支は「ネズミ」でしたが、やはり頭は「サル」でした。毎日が、反省
のポーズをとらねばならないと思いながら…。来年こそは、彼の方ではありま
せんが「CHANGE」、「YES WE CAN」で臨もうと思っている今日この頃でありま
す。しかし、お腹というのは正直なものです。これだけは「CHANGE」できませ
ん。

そういえば、このFSPRO旬の味を喰らう会は、例年になく今年は盛会だったよ
うに思います。毎回30名を超えるようになりましたから。これもひとえに、王
先生と皆様の温かいお心遣いとご支援、そして何より食いしん坊の皆さんのお
腹のお蔭と感謝申し上げるところです。御礼。

今年2月から行ってきたFSPRO旬の味を喰らう会2008年バージョンは、毎年のこ
とではありますが、11月で終了し、12月、1月とお休みをいただくことになり
ます。その間、また新たな漁港の食材に思いを馳せようかと思っています。
2月から、また乞うご期待!!

ということで、2008年バージョン、最後の旬の味を喰らう会になります。もち
ろん、最後にふさわしい食材を選ばねばならないと思います。今回は、そうで
す!! 新潟県は佐渡の定置網で漁獲される寒ブリにしました。寒ブリについて
は、今更お話しすることもないとは思いますが、一言だけ。12月に入るや相場
は急激に上がっていく魚です。石川県では時には相場がキロ当たり1万円を超
える時もあるとか。高級というよりは、超高級な魚の一つですね。

ブリは、餌をたんまり食べてメタボになりながら、北海道から徐々に日本海を
下ってきて、名実ともに寒ブリという美しい姿に変身してきます。佐渡で、そ
の最初の美しい姿が定置網で見られるようになり、シーズンを迎えるのです。
今回の旬の味を喰らう時期というのは、ちょうど佐渡の沿岸から富山湾にかけ
て近づく季節になります。

難しい話は抜きにして、今回はこの寒ブリを10kg前後のものを1本、佐渡から
送ってもらうことになりました。それを、丸ごと浅見調理長の腕でどのように
料理されるのか、とても楽しみです。年末を迎えるにあたって、景気よく寒ブ
リ1本を丸ごと食べてみようではありませんか。
なお、天候によっては産地の変更等もありますので、ご容赦下さい。

○開催日時:平成20年11月26日(水)午後7時~
場所:莫莫居鶯(ばくばくきょ うぐいす)
〒171-0021 豊島区西池袋1-18-1五光ビル地下1階
TEL:03-3987-0085 *店長 岡添(おかぞえ)
URL: http://www.bakubakukyo.com/
○会費:5,000円

○申し込みは以下のフォームで王まで( oh@sayko.co.jp )お願いします。

***********************************

FSPRO版旬の味を喰らう会「有明海三昧」に参加をします。
(Food104マガジン読者)
ご芳名
御社会社名
人数
メールアドレス(連絡先)
**********************************

△▼△▼△▼△▼△▼△

● 新店オープン情報 ———————————————-■□

■ オーガニックイタリアン トラットリア・ピッツェリア・オルタッジョ OPEN

世田谷・小田急線千歳船橋駅前に11/17、オーガニックイタリアンレストラン
「トラットリア・ピッツェリア・オルタッジョ」がオープンしました。

主役は自社農園、契約農場にて栽培されるオーガニック食材。 農場からその
日の旬を毎日直送。

姉妹店は中目黒の人気店、オーガニック・イタリアンDall’orto「ダ・オルト」
( http://www.dallorto.jp/ )。

○メニュー例
菜園から直送、その日その日のベストな食材を使用した日替わりメニューを
多数ご用意予定。

○ランチ
A 1,200円 本日の産直とれたてサラダ+ピッツァorパスタ+ドリンク
B 1,600円 A+デザート
C 2,400円 B+メインディッシュ

○ディナーコース 2,800円~(ドリンク別) ご予約&ご相談承ります。
オルタッジョのいいとこどり。 店長イチオシのお愉しみコース。

○ディナー
ピッツァ
ピッツァイオーロが薪窯で焼き上げる本格ピッツァ。常時20種+日替わり
100%国産オーガニック小麦 オルタッジョ 2,200円
マリナーラ  1,300円
マルゲリータ 1,600円

*パスタ各種
自家製生パスタと乾麺の2種をご用意いたします。
イチオシ!
東さん家の安心卵のカルボナーラ 半熟卵添え  1,800円

○店舗データ
住所:東京都世田谷区桜丘2-27-14 2F
所在地:小田急線千歳船橋駅 徒歩1分
TEL:03-5799-4604
定休日:無休
営業時間:平日 ランチ 11:30~15:00(L.O.14:00)
ディナー 17:00~23:00(L.O.22:00)
土日祝日 11:30~23:00(L.O.22:00)

△▼△▼△▼△▼△▼△

● 日本外食ニュース ———————————————-■□

■ ワタミ系アメリカ料理、小型店20店体制目指す、食材・サイズなど、日本
向けに変更 年内に1号店 2008/11/12 日経MJ(流通新聞)
http://otokuniyutaka.blog4.fc2.com/blog-entry-71.html
http://www.watami.co.jp/ir/top.html

ワタミグループのティージーアイ・フライデーズ・ジャパン(東京・大田)は
運営するアメリカ料理レストラン「TGIフライデーズ」の出店を加速する。
従来の店舗面積の半分以下の小型店を開発、2011年までに約20店を出す計画。
小型店は「フライデーズ レッド」。東京都渋谷区に12月19日に一号店を出す。

■ 米スタバ、日本での出店拡大、シュルツCEO、「価格の枠組み変えず」
2008/11/12 日経MJ(流通新聞)
http://www.starbucks.co.jp/

米スターバックスのハワード・シュルツ最高経営責任者(CEO)は日経MJの取
材に応じ、日本事業が好調であることに自信を見せ、チェーン展開を一段と強
化する姿勢を示した。日本をはじめとする米国外では世界景気後退の影響が限
定的として、ブランドの浸透を目指す。

■ モスフード、ラーメン事業など、来期、営業黒字も視野4~9月、赤字縮小
2008/11/12 日経MJ(流通新聞)
http://news.r-jinzai.net/article/109602311.html

モスフードサービスは2008年4~9期に不振が続く多角化事業の営業赤字が2億
2,000万円(前三月期は約7億円)になった。ラーメン店を中心に収益改善が進
んでおり、来期は損益均衡を目指す。一方で、主力のハンバーガー事業は今下
期以降、地域限定商品の投入など地域別戦略を一段と強化。これにより下期の
既存店売上高を前年同期に比べ0.4%増やす計画だ。

■ すき家、牛丼51円値引き、22日から期間限定
2008/11/12 日経MJ(流通新聞)

http://news.www.infoseek.co.jp/business/story/10kyodo2008111001000386/
http://company.nikkei.co.jp/news/news.aspx?scode=7550&NewsItemID=
20081114NRS0104&type=2

ゼンショーは22日から期間限定で、「すき家」の牛丼を一律51円引きで販売す
る。主力の並サイズで350円が299円となる。今年秋に「すき家」の店舗数が吉
野家を抜き国内一位となったのに合わせたセールで、すき家の割り引きは今年
3回目。

■ 大戸屋、来月4%値上げ、3分の2の商品対象、原料高騰を転嫁
2008/11/12 日経MJ(流通新聞)
http://news.r-jinzai.net/article/109542877.html

定食チェーンの大戸屋は11日までに、「大戸屋ごはん処」で12月に定食などの
定番メニューを値上げすることを決めた。値上げ幅は平均4%前後で、約三分の
二の商品が値上げの対象となる。

■ デニーズ、ワイン向けに3品
2008/11/12 日経MJ(流通新聞)
http://www.7andi-fs.co.jp/7fs/index.html

セブン&アイ・フードシステムズは主力のファミリーレストラン「デニーズ」
で18日からワインに合うメニューを販売する。

■ ロイヤル関西、小学生考案の朝食メニュー
2008/11/12 日経MJ(流通新聞)
http://company.nikkei.co.jp/news/news.aspx?scode=8179&NewsItemID=
20081112NRS0093&type=2

ロイヤルホールディングス傘下のロイヤル関西(大阪市)は、神戸市内のファ
ミリーレストラン「ロイヤルホスト」8店で神戸市内の小学生が考案した朝食
の販売を始めた。

■ J―オイルミルズ 海苔代用の大豆シート Sushiに彩り与える(食を支える)
2008/11/12 日経MJ(流通新聞)
http://www.j-oil.com/company/csr/2008/43_46.pdf
http://www.jetro.go.jp/world/n_america/biznews/491a2b1ebd740

海外ですっかり定着した感のある「Sushi(すし)」。ただ、外国人には「磯
の香りがして黒い海苔(のり)が苦手」という人も少なくないという。J―オ
イルミルズの「まめのりさん」は大豆を原料にしたシート状の食品。米国の高
級すし店などでは欠かせない存在になりつつある。欧州や中東からも引き合い
があるという。

■ 全羅北道・東京事務所長蘇柄鎬氏―韓国に食品企業、誘致(フーズWho)
2008/11/12 日経MJ(流通新聞)
http://www.jeonbuk.jp/gallery200806.htm

韓国南西部に位置する全羅北道。現在、約2億8,000万平方メートルもの干拓地
の一部を食品産業の一大集積地にしようと、同道が日本企業の誘致活動に乗り
出している。誘致成功に向けて奔走するのが、東京事務所長の蘇柄鎬さんだ。

■ 外食各社、量減らして値ごろ感、ロイヤルホスト、セットの小鉢調整
2008/11/14 日経MJ(流通新聞)
http://news.r-jinzai.net/article/109796018.html

提供する量を調整することで価格を引き下げる動きが、外食各社の間で広がっ
てきた。

くらコーポレーションは一部店舗で通常1皿2貫の商品を1皿1貫で販売。
ダスキンのミスタードーナツはドーナツなどの1品あたりのボリュームを減ら
し価格を下げる。
日本ケンタッキー・フライド・チキンはクリスマス用のチキンセットで数を減
らし価格を下げる。
ロイヤルホールディングスはロイヤルホストでセットメニューで提供した商品
を単品でも販売。

■ ワタミ サントリーと提携強化 弁当宅配第3の柱に 高齢者向けサービス拡充
2008/11/14 日経MJ(流通新聞)
http://company.nikkei.co.jp/news/news.aspx?scode=7522&NewsItemID=
20081114NRS0105&type=2

居酒屋チェーンのワタミはサントリーとの提携関係を強化する。

■ スペイン州政府 アンダルシアの食材 世界に発信 一流シェフ、レシピ集
を刊行 2008/11/14 日経MJ(流通新聞)
http://www.spainbusiness.jp/icex/cda/controller/pageGen/0,3346,4928839
_36870124_36778633_0,00.html

スペインのアンダルシア州政府などは、当地の食材を使った料理のレシピ集
「MAS QUE TAPAS(マス・ケ・タパス)」を刊行した。スペインをはじめ、
北米やアジアなど世界の一流シェフが考案したレシピを紹介している。レシピ
集を通じてアンダルシア地方の食材の良さなどを訴える。
日本からはミシュランの二つ星を獲得した日本料理「龍吟」の山本征治シェフ
ら2人が参加。

■ ゼンショー 新規出店 牛丼に軸足 今期36店積み増し、ファミレスは22店減
2008/11/14 日経MJ(流通新聞)
http://www.zensho.co.jp/jp/index.html

外食大手のゼンショーは、2009年3月期の出店計画を見直す。堅調な牛丼事業
では「すき家」と子会社のなか卯の合計で通期の出店数を期初計画より36増や
す。一方で苦戦が続くファミリーレストラン部門では子会社のココスジャパン
の出店数を期初計画より22店減らす。グループ全体の出店数は、期初計画より
20多い394店となる見通し。

■ 映画「レッドクリフ」、白木屋がコラボメニュー
2008/11/14 日経MJ(流通新聞)
http://news.ameba.jp/economy/2008/11/20246.html

居酒屋チェーンのモンテローザは「三国志」をテーマにした映画「レッドクリ
フ Part1」とタイアップして期間限定メニューを販売する。焼きそばやピザ
など6種類のメニューを開発、2009年1月9日まで販売する。

■ メルシャン、ワインはホットで!!、飲食店にメニュー提案
2008/11/14 日経MJ(流通新聞)
http://www.mercian.co.jp/company/news/2008/08062.html

メルシャンは取引先飲食店向けに、温めたワインにティーバッグ状のスパイス
入り袋などを入れて飲む「ホットワイン」のメニュー提案を始めた。

■ アサヒ飲料も「白いサイダー」、練乳入り
2008/11/14 日経MJ(流通新聞)
http://www.asahiinryo.co.jp/square/cp/mitsuya/081106-081120/

アサヒ飲料は25日、乳性の炭酸飲料「スカッと白い三ツ矢サイダー」を発売す
る。

■ スープごはん、モスが新商品、秋冬限定、600店で
2008/11/14 日経MJ(流通新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081112-00000009-maibz-ind

「モスバーガー」を運営するモスフードサービスはビジネス街などの都市型店
を中心とする約600店で、具だくさんのスープをかけた「スープごはん」シリ
ーズの新商品を秋冬の期間限定で投入する。

■ ユニゾン・キャピタル、スシローへのTOB完了
2008/11/14 日経MJ(流通新聞)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200811/2008111100363

回転すし大手のあきんどスシローは投資会社ユニゾン・キャピタルによるTOB
が完了したと発表した。

■ 大起水産社長佐伯保信氏―味と値段の一致が大切(味かげん)
2008/11/14 日経MJ(流通新聞)
http://www.daiki-suisan.com/cgi-bin/daikisuisan/siteup.cgi?category=
5&page=2

「味と値段が一致すれば客は付いてきてくれる」と話すのは関西地盤の回転ず
しチェーン、大起水産の佐伯保信社長。

■ ひょう害リンゴ食べて農家応援 青森 生産量の1割に傷 スーパー 理由明示
し販促 2008/11/17 日経MJ(流通新聞)
http://www.hiroka.jp/

国産リンゴの主要産地が今年、ひょう害に見舞われた。一方、消費低迷で価格
は下落しており、農家にとってはダブルパンチとなっている。試練を克服する
ため、最大産地の青森県のリンゴの生産者団体は傷がついたリンゴの小売店向
けの売り込みに力を入れるなど、新たな試みが始まった。

卸会社の弘前中央青果(弘前市)も独自に「生産者応援りんご」と銘打ち、県
内外のスーパーでひょう害リンゴを通常品と区別して販売してもらっている。

■ 全メニュー神戸ビーフ、帝神畜産、レストラン開店
2008/11/17 日経MJ(流通新聞)
http://www.teishinchikusan.co.jp/
http://news.r-jinzai.net/article/109843121.html
http://townwork.net/h/r/Fh30010s.jsp?lac=02&gac=021&lc=220085&sc=
02119&rid=07714166&rfn=1&rgf=1&axc=11

食肉仲卸の帝神畜産は17日、子会社を通じて「神戸ビーフ」のみでメニューを
構成するレストランを神戸市内に開店する。観光地としても知られる神戸市中
央区の旧居留地に開業し、年間1億8,000万円の売り上げを目指す。

「良光」の店名で商業ビル内に入居する。帝神畜産の子会社で、飲食店を運営
する健康神戸が経営する。

■ イチヤママル長谷川水産、自社工場に冷蔵施設、安心・安全対応強化
2008/11/17 日経MJ(流通新聞)
http://www.ichiyamamaru.jp/

水産物加工・販売のイチヤママル長谷川水産はタラコやイクラなど原材料の管
理を強化する。同町内に加工場と冷蔵庫を併せ持つ新工場を建設し、来年2月
末から稼働。社外の業者に委託していた原材料の冷蔵・管理を自社に切り替え
る。

■ 北海道の「つらら」、「オホーツクの自然塩」製造、薪ボイラーが活躍
2008/11/17 日経MJ(流通新聞)
http://www.tsurara.co.jp/

高級塩製造の、つららは製造ラインを増設し、生産能力を約30%増強した。海
水を煮詰める熱源に薪(まき)ボイラーを導入。燃料費の高騰リスクに備えコ
スト削減にもつなげる。

■ この人あの組織―神奈川県平塚市、フリーデンファーム(食材最前鮮)
2008/11/17 日経MJ(流通新聞)
http://www.kanagawanougyokaigi.or.jp/houjin/freeden.html
http://frieden.jp/news/041117_kanagawa.html
http://www.shimamura-store.com/group1.html

神奈川県平塚市の農業生産法人、フリーデンファームは東海大学湘南キャンパ
スの近くにある。最近は住宅も増えてきたが、周囲には畑や田んぼが広がる農
業地区だ。養豚場から出た堆肥(たいひ)を使って、同社が野菜を栽培するハ
ウスもここに立地する。循環型農業を目指して新規参入。手探りの状況から始
め、栽培に農薬や化学肥料を使わないことをアピールしている。

■ すかいらーく 店舗丸ごと広告媒体、入り口にポスター、駐車場に車を展示
2008/11/17 日経MJ(流通新聞)
http://news.r-jinzai.net/article/109847008.html
http://www.skad.ne.jp/

すかいらーくは店舗のテーブルや入り口ドアなどを広告媒体として活用する
「インストアメディア事業」を始める。初年度3億5,000万円の収入を見込み
グループの利益を補完する。

■ サブウェイ ドリンク充実の大型店 豆乳使用など従来店の2倍 昼食時間外
も集客 2008/11/17 日経MJ(流通新聞)
http://www.subway.co.jp/press/year2008/news59/

日本サブウェイ(東京・港)はカフェメニューを充実させた大型店の出店に乗
り出す。カフェモカやバニララテなどカフェメニューを多様にし、朝や食事の
合間などランチ時間帯以外の需要を掘り起こす。20日、名古屋市内の繁華街に
1号店。

■ 居酒屋で「ウコンの力」、ハウス食品が配布
2008/11/17 日経MJ(流通新聞)
http://housefoods.jp/

ハウス食品はモンテローザなどと組み、約四百店の居酒屋などで健康食品「ウ
コンの力」の無償配布を始めた。

■ 英国王室御用達の洋酒、商社が日本支店、通販など開始
2008/11/17 日経MJ(流通新聞)
http://maltnavi.com/html/item/bbr.html
http://www.bbr.com/

英国王室御用達の洋酒商社、ベリー・ブラザーズ&ラッド(BB&R、ロンドン)
は東京・丸の内に日本支店を開設したと発表した。通信販売でワインやスピリ
ッツを販売する。

■ 明治製菓、ポッカと連携、スープ味カール
2008/11/17 日経MJ(流通新聞)
http://news.r-jinzai.net/article/109843549.html

明治製菓は資本提携しているポッカと共同開発したスナック菓子を18日に発売
する。主力ブランドの「カール」で、ポッカのスープ「じっくりコトコト煮込
んだスープ」と同じ原料を使って味付けした。スーパーの店頭ではポッカのス
ープと並べて陳列するよう提案する。

■ 丸千代山岡家が工場閉鎖
2008/11/17 日経MJ(流通新聞)
http://www.ryutsuu.biz/strategy/a111302.html

丸千代山岡家はラーメン用しょうゆタレを製造していた土浦工場を12月31日に
閉鎖すると発表した。

■ 京阪ザ・ストア(SWEETS BOX)(フード新潮流競争力を磨く)
2008/11/17 日経MJ(流通新聞)

デザート持ち帰りの週替わり店舗 駅ナカに“百貨店催事”
http://www.keihan.co.jp/news/data_h20/2008-02-18.pdf
http://yutosoken.com/2008/02/post_287.html

京阪電気鉄道グループの京阪ザ・ストア(大阪市)が運営するデザートの持ち
帰り店「SWEETS BOX(スイーツボックス)」。一週間ごとにテナントが替わり
常に目新しい商品で集客する。いわば百貨店の催事が駅ナカに飛び出した業態
だ。

■ 「料理五輪」ジュニアが大健闘 日本の若き力、西洋に新風を(ふーど記)
2008/11/17 日経MJ(流通新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/080928/sty0809281027002-n1.htm
http://www.ajca.jp/topics/topics_006.html

4年に1度、ドイツで開く「世界料理オリンピック」。今年は10月に開催され、
各国の代表チームが国の威信をかけ、西洋料理の腕を競い合った。今大会に日
本は初めて23歳未満のジュニア部門に代表チームを派遣した。結果は20カ国中
5位と、初参戦としては大健闘。得点をみても200点満点で177.8点、優勝した
ドイツには8.3点差まで迫った。

■ ハイデイ日高社長神田正氏―低価格に「プラスアルファ」(味かげん)
2008/11/17 日経MJ(流通新聞)
http://www.hiday.co.jp/

「低価格は大きな強みだが、百戦やって百勝はできない」。ラーメン店「日高
屋」を運営するハイデイ日高の神田正社長はこう話す。

△▼△▼△▼△▼△▼△

● 食ビジネスニュースリリース —————————-■□

■ チルドカップ飲料「やなか珈琲 下町カフェオレ」発売

トーヨービバレッジ株式会社(本社:東京都港区)は、チルドカップコーヒー
「やなか珈琲 下町カフェオレ」158円(税込)を11/18より、全国コンビニエ
ンスストアにて発売しました。※取扱いのない店舗もございます。

今も昔ながらの風情が残る東京・谷中。やなか珈琲店は谷中よみせ通りに店を
構え、店内には焙煎した豆を置かず、ご注文毎に生豆から焙煎する珈琲専門店
として知られています。豆の肩書きや焙煎方法にこだわるのではなく、焙煎し
たての珈琲の美味しさにこだわっているお店です。

今回のこちらの商品は、やなか珈琲店店主自ら味覚監修をし、店舗で提供して
いる風味に最大限近づけながら、飲みやすさを考えて味作りを致しました。
コーヒーとミルクとの絶妙なバランスがとれた、下町風の親しみやすいすっき
りとした味わいを心ゆくまでお楽しみいただけます。

△▼△▼△▼△▼△▼△

● 王利彰のレストランチェック———————————–■□

■ 飯能のレストランとお酒

ヨーロッパの食べ歩きをちょっとお休みして、埼玉県の飯能市のレストランを
ご紹介しましょう。

立教大学ビジネスデザイン研究科の企業との共同研究の一環で、飯能市日本店
を置く飯能信用金庫さん向けの勉強会に出席した縁で、飯能信用金庫さんのご
案内で、飯能市の食事情を勉強してきました。

飯能市は江戸時代には木材と織物で栄えた裕福な街でした。そのため、花街も
ありました。しかし、木材や織物業も衰退し、現在では東京のベッドタウンと
なりつつあります。飯能は遠く感じますが、池袋から西武線で50分~1時間で
到着します。西武線のレッドアロー号に乗れば快適に到着です。

現在の飯能市は人口8万3,000人ほどの小さな町ですから、日本の地方都市と同
様に駅前の商店街の衰退が問題となっています。その町おこしを商工会議所や
飯能市が考えており、飯能信用金庫さんも支援をしています。その町おこしの
材料があるのかを見学にいきました。

地方都市の活性化に有効なのは、ユネスコの世界遺産に指定されることや、歴
史のある神社仏閣、海山の景色、等ですが、それがないとなかなか難しいです
ね。そこで最近は各地でB級グルメを使った安上がりの活性化が始まっていま
す。札幌ラーメン、喜多方ラーメン、宇都宮餃子、富士宮の焼きそば、横須賀
カレー、等がありますね。

そこで、飯能市に美味しいB級グルメがあるかを探しに行ったのです。駅前に
は丸広百貨店があります。埼玉県の優良百貨店です。この飯能が本店でしたが
売上不振と建物の老朽化から来年には閉鎖し、東飯能に移転します。そうする
と丸広を中心に広がる駅前商店街が大変なことになります。駅前の商店街を歩
くと、すでに点々と空き地が広がっています。

さて、お話を伺っているうちに11時半になり、昼食を食べに行こうということ
になりました。近くの繁盛している饂飩屋があるのです。12時には満席になっ
てしまうというので早めに出かけました。駅前からはちょっと歩く場所で、通
行人は殆どおりません。こんな場所で流行るはずがないだろうと、古い民家風
のお店に入ったら、既に殆ど満席でした。

お店の名前は「古久や(こくや)」と言います。古い農家の懐かしい内装です。
店内の厨房では饂飩を一所懸命に茹でています。厨房の前には薬味の葱の箱が
山積みです。

メニューは
もりうどん   530円
かけうどん   530円
大もりうどん  580円
大かけうどん  580円
たんきうどん  580円
きつねうどん  580円
月見うどん   630円
玉子とじうどん 680円
肉つゆうどん並 680円
肉つゆうどん大 730円
肉つゆうどん特 890円
いか天、かき揚げ100円

です。
名物で皆が食べているのが肉つゆうどんです。それにかき揚げを注文しました。
釜茹ですから待つこと20分ほど。葱を山盛りにしてもらい、食べました。つゆ
の出汁が美味しかったですね。満席なのも納得です。

そして、次に向かったのが、酒蔵です。五十嵐酒造と言います。ちょうど川の
畔にクラシックな建物が建っています。ブランドは天覧山といいます。近所に
天覧山という明治天皇が陸軍の演習を見た山があり、それにちなんで命名した
ようです。

思わず、お酒を購入ました。色々な種類がありますが、女性の杜氏が丁寧に作
っているとのことで、飲みやすいのが特徴です。西武百貨店でも大吟醸の天覧
山を売っていますね。

これから、季節限定のお酒も出るので楽しみです。私のお店の莫莫居鶯に季節
限定の純米吟醸無濾過生原酒を置くことにしました。今回の旬の味を喰らう会
でもお出しする予定です。楽しみですね。

酒蔵があるくらいですから、飯能にはまだまだ美味しいお店があるだろうと、
更に探検を続けることにしました。

飯能市HP
http://www.city.hanno.saitama.jp/
丸広HP
http://www.maruhiro.co.jp/shop/hannou/index.html

古久や
住所:飯能市八幡町6-9
電話:042-972-3215
営業時間 11:00~14:30 日・祝休み 駐車場7台
ブログ
http://inakaudon.exblog.jp/i18/

五十嵐酒造株式会社
住所:埼玉県飯能市大字川寺667-1
TEL:042-973-7703
http://www.snw.co.jp/~iga_s/list/muroka/index.html

△▼△▼△▼△▼△▼△

● 王利彰の米国外食情報—————————————–■□

■ クリスタルKrystal社はスパイシーチキンサンドイッチを発売 NRN誌より

テネシー州周辺で400店のハンバーガーチェーンを展開するクリスタル社はス
パイシーチキンサンドイッチと2種類のフローズンドリンクを発売します。

■ ギフトカードの売上が低迷

2008年のクリスマスシーズンのギフトカードの売上は景気低迷により通常の売
上の5%減となりそう。

■ マクドナルド社はアシスタントマネージャーに残業材未払いで訴えられる

フィラデルフィア州のマクドナルド店舗の退職した2名のアシスタントマネー
ジャーが残業代未払いとして、同社を訴えた。

■ フェイマスデイヴ(Famous Dave)は3店舗を閉鎖

Famous Dave’s of America Inc.社は売上不振の理由で、アトランタ州の3店
舗の閉鎖と、イリノイ州の2店の新店舗契約破棄 を発表。

■ ジャンバジュース(Jamba)社は第三四半期12Mミリオンドルの損失

749店舗を展開するジャンバジュース社は既存店の対前年比売上の低下と店舗
の減損会計により12.4ミリオンドルの損失を計上。

■ コープランド(Copeland)社はSocial City conceptを開発

ニューオリンズのカジュアルレストランのAl Copeland Investments社は経営
するlone Sweet Fire & Ice restaurantを新しいコンセプトの Copeland’s
Social Cityに変更し開店する。Al Copeland Investments社はニューオリンズ
に本社を置くフライドチキンのポパイ社の創業者が作ったカジュアルレストラ
ン。

■ カールソン(Carlson)社は傘下のT.G.I. Friday’s社の社長交代

Carlson Restaurants Worldwide社はJohn Neitzel氏をT.G.I. Friday’s USA.
社のCEOに任命。さらに、Ricky Richardson氏を副社長に任命。

■ KFC社はNFLのスポンサーになる

KFC社は初めてNational Football Leagueのオフィシャルスポンサーとなる契
約を締結。

■ ドミノピザ(Domino’s)社はTiVoを使った注文を継続 deal

Domino’s Pizza社はTiVo Inc.社と提携し、顧客がピザの注文をテレビ回線を
通じて出来る仕組みを継続する。

■ 不景気により、外食各社の新商品発売が増加

米国不景気に対応するために、新規の顧客を確保しようと10月に外食各社は続
々と新メニューを開発した。

■ リアルメックス(Real Mex)社はは第三四半期に巨額の赤字を計上

メキシカン料理都として米国最大のカジュアルレストランチェーンのReal Mex
Restaurants Inc.社は売上不振と原材料の高騰、人件費の増大などにより昨年
の倍の赤字を計上

■ コールドストーン(Cold Stone Creamery)社は共同出店

Cold Stone Creamery社はRocky Mountain Chocolate Factory Inc.社と共同出
店の契約を締結。

関連記事

メールマガジン会員募集

食のオンラインサロン

ランキング

  1. 1

    マックの裏側 第15回目

  2. 2

    マックの裏側 第14回目

  3. 3

    マクドナルド 調理機器技術50年史<前編>

アーカイブ

食のオンラインサロン

TOP