weekly Food104 Magazine 2008年7月16日号

メルマガバックナンバー

● 新店オープン情報
● 日本外食ニュース
● 海外レストランNEWS 韓国レストラン情報
● 食ビジネスニュースリリース
● 王利彰のレストランチェック
● 王利彰の米国外食情報

△▼△▼△▼△▼△▼△

● 新店オープン情報 ———————————————-■□

■ 一等米おにぎり専門店 ぼんご弐 オープン

おにぎり専門店「大塚ぼんご」が進化した、ぼんご弐(BONGO’TWO)が6/10、
護国寺にオープンしました。

選び抜かれた一等米を、「五つ星お米マイスター」が精米した最高級のお米。
その一等米をガス釜で炊き上げ、たっぷりの具を詰めて握ります。お米の甘さ
をより感じるよう空気を含ませて握るのがポイントです。注文が入ってから1
つ1つ握ります

店内に入るとまず目に入るのが、築地で仕入れた新鮮な食材が30種類以上も並
ぶネタケース。店内に漂う海苔の香りの中、その日の気分に合わせてネタケー
スから好きな具を選べる仕組みとなっています。定番の鮭、たらこ、こんぶの
他にも鶏唐揚やふる漬けなど多数ご用意しています。月替わりメニューはお客
様のご要望に応えて新しいネタを取り入れていきます。

店内は高級感たっぷりの一枚木を使用したカウンター席の他に、ソファー席も
ご用意しています。お寿司屋さんとカフェを融合させたような空間。

○メニュー例
おにぎり
高菜油炒 230円
明太クリームチーズ 280円
親子(鮭イクラ) 280円
九州男児(明太子タカナ)280円
その他多数 計28種
護国寺ぼんご弐カレー 800円
味噌汁 170円~

○店舗データ
住所:東京都文京区音羽1-17-14 大林ビル1F
アクセス:有楽町線護国寺駅6番出口より徒歩1分
電話:03-5825-4522
営業時間:11:00~23:00
定休日:無し
席数:20席

△▼△▼△▼△▼△▼△

● 日本外食ニュース ———————————————-■□

■ スターバックスジャパン、既存店売上高4ヵ月連続減、「脱・都心部」で
成長維持探る 2008/07/09 日経MJ(流通新聞)
http://www.starbucks.co.jp/ir/index.php

スターバックスコーヒージャパンの既存店の売上は2月以降前年割れが続いて
いる。従来の繁華街だけでなく、高速道路のパーキングエリアや駅構内など出
店先を広げることで成長力を維持する。

■ スターバックスジャパン、コーヒー豆など20品目を値上げ
2008/07/09 日経MJ(流通新聞)
http://www.starbucks.co.jp/ir/index.php

スターバックスコーヒージャパンはコーヒー飲料とコーヒー豆の一部商品を
16日から値上げすると発表した。

■ ダスキンのFCファンド、高松にスイーツ1号店
2008/07/09 日経MJ(流通新聞)
http://www.duskin.co.jp/ir/information/news.html
http://www.duskin.co.jp/
http://www.shopbiz.jp/contents/FC20080710/2511_003.phtml

ダスキンは三井物産と組んで展開するファンド事業の一環で、スイーツ店
「スティック・スイーツ・ファクトリー(SSF)」のFC(フランチャイズチェ
ーン)展開に本格的に乗り出す。

■ はこだてわいん、函館ヤクルトに全株譲渡
2008/07/09 日経MJ(流通新聞)
http://www.ehako.com/news/news2007a/2602_index_msg.shtml
http://www.hakodatewine.co.jp/company/history.shtml

ワイン醸造・販売のはこだてわいん(北海道七飯町)は2日付で、筆頭株主で
発行済み株式の40.5%を保有する函館ヤクルト販売に全株式を譲渡した。

■ 夏限定メニュー、デニーズが販売、大皿料理など
2008/07/09 日経MJ(流通新聞)
http://www.7andi-fs.co.jp/7fs/

セブン&アイ・フードシステムズは主力のファミリーレストラン「デニーズ」
で17日から夏季限定メニューを販売する。

■ バリスタ、レイラ・オズバーグ氏 北米ラテアートのチャンピオン
(フーズWho) 2008/07/09 日経MJ(流通新聞)
http://news.coffee-jiten.com/

コーヒーカップの中でハートや葉っぱなどの模様を描くラテアート。2007年に
開かれた北米ラテアート選手権でチャンピオンに輝いたのがカナダ人のレイラ
・オズバーグさんだ。

■ プレナス5割減益、「ほっともっと」広告費が増加
2008/07/09 日経MJ(流通新聞)
http://www.plenus.co.jp/ir/irnews/index.php

プレナスは4日、2008年3~5月期(第一四半期)の連結業績を発表した。

■ 日清製粉―全粒粉の粒子細かく、栄養価高く舌触り滑らか(食を支える)
2008/07/09 日経MJ(流通新聞)
http://www.nisshin.com/
http://www.nisshin.com/company/release/details/070711.html

日清製粉(東京・千代田)は昨年7月、小麦粉並みに粒子を小さくした業務用
の全粒粉「スーパーファイン」を発売した。

■ WDI、駅前・繁華街に出店 1人客狙った伊料理店、食材こだわったFC店
2008/07/11 日経MJ(流通新聞)
http://www.food-stadium.com/headline/862/index.html
http://www.wdi.co.jp/ja/ir/index.html

WDIは新業態の「パスタカフェ カプリチョーザ」を20~30代の女性に照準を
当て開発し、1号店を東京・田端の駅ビル内に開設する。

■ ドリームコーポ、ベーグル卸売り強化、機内食など、新規出店は抑制
2008/07/11 日経MJ(流通新聞)
http://news.r-jinzai.net/article/102628280.html
http://www.dreamcorp.co.jp/corp/corporate.html

ベーグル専門店「ベーグル&ベーグル」を展開するドリームコーポレーション
はベーグルの卸売りを強化する。日本航空の国際線の機内食やスポーツジムに
自社ブランドのベーグルを提供する。

■ 均一に温まる新トレー、味の素冷食など共同開発
2008/07/11 日経MJ(流通新聞)
http://news.r-jinzai.net/article/102632980.html
http://www.ffa.ajinomoto.com/information/index.html

味の素冷凍食品は東缶興業と共同で、冷凍食品用の新たなトレーを開発した。

■ すかいらーく、携帯割引クーポン導入、ちらしより効率集客
2008/07/11 日経MJ(流通新聞)
http://it.nikkei.co.jp/mobile/news/index.aspx?n=AS1D070A0%2007072008
http://woman.nikkei.co.jp/news/article.aspx?id=20080708ax006n1
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0807/08/news110.html

すかいらーくは「ガスト」などほぼ全店に当たる約2,400店を対象に、携帯電
話を使った割引クーポンサービス「すかいらーくグループ オトクーポン」を
11日から始めた。

■ かき氷・菓子で家族需要喚起、牛角がキャンペーン
2008/07/11 日経MJ(流通新聞)
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000000893.html
http://cobs.jp/press/0807/0715/10925.html

レインズインターナショナルは主力の「牛角」全約700店を対象に、16日から
「牛角夏祭り」と称し、駄菓子のつかみ取りのほか、初めてかき氷など季節感
のある商品を提供するキャンペーンを実施する。

■ カルピスソーダ、カロリーゼロ、3度目の投入
2008/07/11 日経MJ(流通新聞)
http://www.calpis.co.jp/corporate/press/index.html

カルピスは22日、カロリーゼロの乳性炭酸飲料「『カルピスソーダ』ゼロリフ
レッシュ」を発売する。

■ 定番主力商品、新たな“味つけ” カゴメ、朝専用野菜ジュース投入
2008/07/11 日経MJ(流通新聞)
http://housefoods.jp/
http://www.kagome.co.jp/news/2008/080616.html

ハウス食品とカゴメがカレー、野菜飲料といったトップシェアを握る商品分野
で、新規需要の開拓に力を入れている。ハウスは8月末に「カレー鍋つゆ」を
発売。カゴメは7月15日朝食専用タイプ「朝のむ野菜」を発売。

■ 大戸屋社長三森久実氏―国内から海外出店に軸足(味かげん)
2008/07/11 日経MJ(流通新聞)
http://employment.en-japan.com/search/past_126_107904
http://ichigaya.keizai.biz/headline/301/

大戸屋の三森久実社長は「今年度は国内直営店の新規出店を抑えてFC店やアジ
アへの出店を強化する」と話す。

■ 森永乳業、男性用TBCブランド飲料
2008/07/11 日経MJ(流通新聞)
http://www.morinagamilk.co.jp/release/05/b0308_01.html
http://item.rakuten.co.jp/5959milk/1567/

森永乳業は22日、「エステティックTBC」のTBCグループ(東京・新宿)と共同
開発した男性向けのスポーツドリンクを発売する。

■ 川商フーズ、中東に高級缶詰、カニ2,500円・モモ800円、富裕層向け商品
拡充 2008/07/13 日経MJ(流通新聞)
http://www.kawasho-foods.co.jp/businessmap/index.html

食品専門商社の川商フーズ(東京・千代田)は、中東市場で国産の高級缶詰需
要を開拓する。

■ この人あの組織―茨城県石岡市、JAやさと鶏肉生産部会(食材最前鮮)
2008/07/13 日経MJ(流通新聞)
http://www.ja-yasato.com/

茨城県石岡市さと農業協同組合(JAやさと)は同市の北西部、筑波山や愛宕山
などに囲まれた盆地にあり、地鶏と銘柄鶏のブランドを持つ。

■ 北海道産マンゴー登場、サンフルーツ、都内で取り扱い
2008/07/13 日経MJ(流通新聞)
http://oixi.jp/dearfruits/archive/35
http://news.r-jinzai.net/article/102917739.html

北海道産マンゴーが東京都内の小売店でお目見えした。高級果物店サンフルー
ツ(東京・千代田)が7月から取り扱い、東京ミッドタウン(同港)と日本橋
三越本店(同中央)内の店舗で販売されている。

■ 東和食品、国際品評会で2水産品金賞
2008/07/13 日経MJ(流通新聞)
http://www.suisan.jp/sake_seihin/001972.html
http://monde.client.jp/monde/16.html

北海道内の水産加工大手、東和食品(白糠町、室内睦雄社長)が製造した「手
作り醤油(しょうゆ)いくら」と「北海道サーモンたたき」が2008年の国際食
品品評会「モンドセレクション」で金賞を受賞した。

■ JR東フード、総菜パン80種類用意、「アズリーフ」駅ビルに出店
2008/07/13 日経MJ(流通新聞)
http://job.nikkei.co.jp/2009/contents/news/inews/nt21auto020/
NIRKDB20080713NRS0113.html
http://www.jefb.co.jp/

ジェイアール東日本フードビジネスは料理パンが中心のベーカリー「アズリー
フ」を開発した。30日に東京・田端にオープンする駅ビル「アトレヴィ田端」
に出店する。

■ 居酒屋のきちり、幹部育成へ実践教育、仕入れ体験や店舗戦略立案
2008/07/13 日経MJ(流通新聞)
http://www.kichiri.com/ir/index.html

関西を中心に居酒屋チェーンを展開するきちりはマネジャー級以上の社員を対
象に、仕入れなど実践的な教育プログラムを7月から導入した。

■ すかいらーく宅配専門店、レンジ使わず温め、新容器の弁当5種発売
2008/07/13 日経MJ(流通新聞)
http://news.fresheye.com/clip/6023189/
http://www.skylark.co.jp/news/index.html
http://www.cuisinelab.jp/

すかいらーくは宅配専門店「デリエ」で、消費者が電子レンジを使わずに簡単
に温めることができる容器で攻勢を掛ける。外食向けの技術支援会社、キュイ
ジーヌ・ラボが容器を開発した。すかいらーくは東京都内の中野、杉並、西東
京市の三カ所でデリエを展開している。

■ 「くいだおれ」閉店「太郎」争奪、熱冷めず 企業・自治体、200以上名乗り
2008/07/13 日経MJ(流通新聞)
http://www.asahi.com/business/update/0708/OSK200807080092.html
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20080708k0000m040074000c.html

大阪・道頓堀の老舗「大阪名物くいだおれ」が8日、閉店した。営業権や人形
の譲渡先は未定。企業や自治体など200以上が名乗りをあげている。

■ USJ、「すぱいだぁ麺」発売
2008/07/13 日経MJ(流通新聞)
http://www.monometro.jp/2008/07/14/post_636/
http://osaka.yomiuri.co.jp/eco_news/20080712ke03.htm

ユー・エス・ジェイ(USJ)はパーク内の土産品としてカップラーメン「すぱ
いだぁ麺」を発売した。日清食品と共同開発。

■ 六甲バター社長塚本哲夫氏―秋にチーズ再値上げ必要(味かげん)
2008/07/13 日経MJ(流通新聞)
http://www.qbb.co.jp/

「秋に再値上げする必要があるだろう」と。プロセスチーズ大手、六甲バター
の塚本哲夫社長は語る。

■ 新メニュー注文でドリンクの無料券、デニーズ、17日から
2008/07/13 日経MJ(流通新聞)
http://www.7andi-fs.co.jp/7fs/index.html

セブン&アイ・フードシステムズは「デニーズ」を対象に、新メニューを注文
した来店客に、「ドリンクパスポート」を配布する。

■ コールド・ストーン、ヨーグルト味飲料+アイス
2008/07/13 日経MJ(流通新聞)

HOME

コールド・ストーン・クリーマリー・ジャパンは新感覚のデザートを18日から
発売する。

△▼△▼△▼△▼△▼△

● 海外レストランNEWS 韓国レストラン情報 ————————■□

■ 韓国外食マーケット その17
立教大学経営学研究科博士課程後期専攻 李美花(イミハ)

立教大学ビジネスデザイン研究科で執筆した修士論文(調査研究)。執筆は3年
前から取り組み、発表したのは2年ほど前ですので、古いデーターになること
を御了承ください。また、本文はテキスト表示ですので、表関係も掲載できな
かったり、表示がうまくいかない場合がありますし、出典や引用の明記も欠け
てしまうことをご了承ください。

○PIETRO
会社概要&沿革
韓国に伝統イタリアン・カジュアル・ダイニング・レストランというコンセプ
トを持ち、1995年日本ピエトロ社の村田邦彦社長と韓国個人事業者のAn,yong
kyung氏がパートナーシップを結び、日本ピエトロ社の100%出資の韓国ピエト
ロを設立し参入した。しかし、開業後、人材管理の問題や、不動産関係の問題
などが原因ですべての経営権利を韓国企業のOxy社へ売却してしまった。その
後、現在は、OxyからDongyang製鉄科学(株)の系列会社である(株)BULS ONEの
外食事業部に経営権が移って現在に至っている。

所在地:1321-1, seocho-dong ,seocho-gu,Seoul,Korea/82-2-2106-7777
http://www.pietro.co.kr/
設立:1995年
店舗数:5(直営店)
経営ポリシー:美味しい料理を提供し、楽しく食べる方法を提案する企業と
してこつこつと食べ物に対する研究を遂げ、社会に貢献することを大事にす
る。

4P’s分析-Interviewee:Chung,YeongHoon/前Marketing Director
(2005年10月6日18:00pm)

1)Product
1995年の参入当時には韓国ではスパゲティは大衆的な料理ではなかった。その
ため、日本のメニューの中で合わないメニューは除いて導入した。日本からは
ホール3人と厨房2人のスタッフを派遣して日本のスタッフが注文受けなどのサ
ービスを担当した。パスタはクリーム、オリーブ、などのバラエティーなソー
スで70余りの味が味わえるのが特徴であった。パスタ以外に、ピザ、サラダ、
デザートまで選べて食べるという楽しみがあるメニュー構成が自慢である。そ
して、顧客は自分の好みのトッピングを選べるようにした。当時の人気メニュ
ーは、ミートソーススパゲティ、シーフードスパゲティ、明太子スパゲティ等
である。カジュアルな雰囲気の内装とともに、スパゲティとピザと言うイタリ
アンの味に和風の味付けを加えたピエトロならではの独特なメニューで人気店
となった。

2)Price
フルサービスのディナーレストランを標榜したことと、江南という富裕層が集
まる立地条件があったため、客単価は高めに設定した。ピエトロを訪ねた顧客
からの依頼がきっかけになり、サラダ用のドレッシングとパスタソースを小規
模で販売することになった。現在は総売上の7割を占めるほど割合が高い。

3)Place
芸能人の事務所、モデルを養成するスクールなどが密集している韓国の外食流
行一番地とも言われるKangnam(江南)のDosan大路に1995年1号店を開店した。
1号店のNonhyung店はオープン同時から話題になって大勢の人から注目を集め
た。現在は、Dongyang製鉄科学(株)の系列会社である(株)BULS ONEの外食事業
部が運営しており、その他、Nonhyun店、Asem店、Central city店、Mugyou店、
Bucheon-Joongdong店の立地コンセプトの異なる5店舗を展開している。

4)Plomotion
1995年開業時には映画スターや著名人の人気を集め、各種マスコミに紹介され
一気に有名店となった。現在、ピエトロでは最初に来店した顧客を固定客にす
るために、一定のポイントが貯まると10%割引できるカードを発行している。
その他、来店頻度の高いロイヤル顧客向け等、合計3種類のメンバーシップポ
イントカードを発行している。

5)成功(失敗)の要因
日本のピエトロ社のオペレーション・マニュアルは大変優れており、徹底的な
原価管理と需要予測システムによる食材コストの低下が可能だった。しかし、
現在のピエトロは、完全に韓国の企業が運営している。日本ピエトロ社は韓国
における日本外食企業初の100%資本投資であったが、2年後経営権すべてを売
却し韓国から完全撤退してしまった。その原因としては、味と優れた運営オペ
レーションシステムを持っていたが、韓国文化を理解せず従業員とのトラブル
を引き起こしたり、不動産制度と規制に関する把握が不足したり、したなどと
言われている。
(続く)

筆者略歴
韓国出身。
長安大学日本語科卒業
ソウル首都料理専門学院で和食と韓国料理の調理師資格取得。
草堂大学調理科学科にて外食経営を学び、卒業。
2004年4月に日本に留学し、立教大学ビジネスデザイン研究科(MBAコース)
入学。
2006年3月同校卒業。経営学修士。
2006年4月立教大学経営学研究科博士課程後期入学、米日韓におけるフランチ
ャイズ・システムをテーマに博士号取得を目指している。
その他、日本では「飲食店経営」執筆中、韓国では「外食経営」等に執筆し、
現在は韓国フランチャイズ雑誌Business & Franchiseに日本のフランチャイズ
企業動向を執筆中。
○筆者連絡先 jane0423@hanmail.net

△▼△▼△▼△▼△▼△

● 食ビジネスニュースリリース —————————-■□

■ 落合シェフが本場イタリアンの「応用」力を伝授
日本製粉(株)、第26回 イタリア料理技術講習会を開催

日本製粉(株)は、プロの料理人の皆様向けに、イタリア料理技術講習会を開催
いたします。当講習会は、イタリア料理普及向上のため1983年以来毎年実施し
ており、今回で26回目となります。講師は昨年に引き続き、イタリアンレスト
ラン最激戦区の東京銀座で予約の取れない店として評判の「ラ・ベットラ・ダ
・オチアイ」の落合務オ-ナ-シェフをお迎えします。

本年の講習会のテーマは「応用」です。同シェフは欠くことのできないイタリ
ア食材を使用しつつ、旬の日本の食材も積極的に使用しています。そのように
食材の組み合わせを工夫して、親しみやすい価格で満足できるイタリアンをお
客様に楽しんでもらう、そのかかせない秘訣の一つが「応用」です。本講習会
では、落合シェフに何時でも誰にでも美味しいと感じさせる「応用」の技法と
哲学をあますことなく講習していただきます。

当日使用する材料は、安心のブランド「オーマイ」、イタリアNo.1のシェアを
誇る「バリラ」などのパスタ類、イタリアの最高品質の完熟トマトを使用した
「オーマイ・トマト缶詰」のほか、「カラペリ オリーブオイル」「ジャコバ
ッツィ バルサミコ酢」などイタリア料理のクオリティをさらに高める弊社の
業務用パスタ関連食材です。

○開催日及び会場 (※開催時間は各会場とも13時~16時30分)

7月10日(木)       東京A  武蔵野調理師専門学校
7月24日(木)・25日(金) 大阪  エコ-ル 辻 大阪
7月31日(木)       名古屋 愛知調理専門学校
8月6日(水)        札幌  光塩学園調理製菓専門学校
8月22日(金)       福岡  中村調理製菓専門学校
10月21日(火)・22日(水) 東京B  武蔵野調理師専門学校
11月27日(木)       広島  広島酔心調理師専門学校

講習形式:講師の講演及び実演(受講者の実習はありません)

講師:落合 務氏
(東京銀座 「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」オーナー・シェフ)

受講料:1名につき 3,000円

○この件に関するお問い合わせ先: Tel 03-3350-3900
日本製粉株式会社 企画部広報グループ 二階堂

■ 平成維新がやって来た!あなたの会社は国際化に遅れていませんか!

「外国人・国際人特化型人材総合サービス」 センサップ
社名のセンサップは、英単語の「sense」「up」:センス・アップを一つにし
「センサップ」と固有名詞に致しました。

国際化する日本、外国人の労働力を生かす為の制度、雇用するための方法・
教育等コンサルタントする会社です。

具体的には、外国人・国際人に特化したアルバイト採用代行・社員採用代行・
紹介・派遣・外国人雇用のための教育システムの構築。また、国際交流新聞
「センサップ」の発行・WEBマガジン等ネットワークシステムの構築を行って
おります。

○株式会社センサップ
〒169-0073 東京都新宿区百人町1丁目16番15号 クレール新宿5F
TEL : 03-5389-7053

○URL: http://www.senseup.cn/

「国際交流のソーシャルネット・YOKOSOJAPAN.TV」
http://yokosojapan.tv
「日英中韓・多言語webマガジン センサップ」
http://yokosojapan.net
TV東京ワールドビジネスサテライトで放映
http://ssl.e-access.jp/sensup/press.html

△▼△▼△▼△▼△▼△

● 王利彰のレストランチェック———————————–■□

■ 東京ディズニーランドホテル

東京ディズニーランドにディズニーランド直営の3軒目のホテル、東京ディズ
ニーランドホテルが7月8日に開業いたしました。その最新のホテルを7月9日に
見学させていただきました。ディズニーランド系の施設の見学はなかなかさせ
ていただけないのですが、立教大学観光クラブ総会に先立ち、見学をさせてい
ただきました。

私も教鞭をとっている立教大学は米国聖公会により135年前に築地に開校され
たのです。その開校の地は現在は同じく聖公会系の病院、聖路加病院となって
います。ちなみに聖路加病院は米国ではセント・ルークと言う名前です。築地
に開校した影響で、地元の魚介類を扱う方たちや、食関連の方のご子息が入学
され、外食関連の仕事につく卒業生が多いのです。また、聖公会の宣教師の方
が多く、大学の授業では英語を重視し英米文学科からは優秀な卒業生が育って
いきました。その英語力を生かし卒業後はホテルや旅行業などの観光業に従事
する方が多いのです。それらの観光業に従事する方や外食関連の卒業生や、観
光学科や観光学部の卒業生が集うOB会が立教観光クラブなのです。

OBには日本最高のサービスを誇る七尾温泉の旅館加賀屋の小田会長、ホテルオ
ークラの松井会長、ホテルパシフィック東京の玉井社長、など、東京の主だっ
たホテルの社長や、総支配人、が綺羅星のごとくいらっしゃいます。そのOBの
方たちは立教大学観光学部の教授に就任して実務的な教育をしており、その代
表は今年から就任した元スターウッド日本代表の平尾彰士教授がいらっしゃい
ます。また、立教OBで観光系の仕事に従事している先輩方は立教観光研究所主
宰のホスピタリティ・マネージメント講座の講師も勤めています。

そんな観光クラブのお願いですから、東京ディズニーランドホテルも開業翌日
なのに見学を許してくれたばかりか、3つのホテルを運営する株式会社ミリア
ルリゾートテホテルズ代表取締役専務で、総支配人のチャールズ・べスフォー
ドさんが自ら案内をしていただきました。

さて、このホテルはディズニーランド3軒目の直営ホテルとして、総投資額440
億円で建設された宮殿のような外装を誇る豪華ホテルです。部屋数は706室、
駐車場は500台を備えます。当日は開業2日目とあって、午後3時にはチェック
インカウンターに長蛇の列ができています。混雑に備えてチェックイン用の端
末は16台あるだけでなく、駅にも12台のチェックイン機器を備えています。ま
た、通常は3時からのチェックインですが朝12時からもチェックインできるよ
うにしています。それでも、開業したばかりとあって長蛇の列です。景気にや
や陰りが見える環境のなかで、外資系の高級ホテルの熾烈な参入による客室稼
働率の低下が見られる東京のホテルとは別世界が広がっています。

さて、早速館内の見学です。東京都心の大型ホテルは大宴会場を備え、結婚式
や企業のパーティなどを積極的に行っていますが、このホテルは2つの小さな
宴会場と中規模の宴会場の3つしか備えておらず、結婚式を積極的にアッピー
ルをしていません。それでも色々な宴会の需要はあるそうです。館内に敷き詰
めたカーペットにはカボチャの馬車やミッキー、ミニ、などが密かに散りばめ
られています。通路に置かれた家具の上の時計は深夜0時の数分前でとまった
ままなど、楽しい仕掛けが満載です。

さて、部屋ですが、客室単価5万円前後と結構高いのですが、家族連れ対応で
4~5名ほどが滞在できるような工夫を凝らしています。勿論、部屋の内装に
はディズニーランドのキャラクターが散りばめられています。一泊50万円のス
イートルームも見学しました。キングサイズの大きなベッドルームの周囲には
巨大な応接間や、運動会ができるほどの大きさのバスルーム、そして、勿論ウ
オークインクローゼットまで備えられています。どんな顧客が泊まるのかとい
うと、アラブの王様など世界の大金持ちの方たちだそうです。

さて、館内のレストランですが、ブッフェ中心のシャーウッド・ガーデン・レス
トラン、スタイリッシュなカンナ、ロビーラウンジのドリーマーズ・ラウンジ
の3つがあります。シャーウッド・ガーデン・レストランの売り物はヴィクトリ
ア調式の庭園を眺められる景観です。そして、花の名前から命名されたカンナ
はその花のように艶かしいスタイリッシュなレストランです。ずいぶんお洒落
なデザインだと思っていたら、なんと、ソウルのWホテルをデザインしたニュ
ーヨークのスタジオ・ガイアが担当したのです。
http://www.spafinder.co.jp/detail/index.php?spaID=100282
http://www.livexseoul.com/info/view.htm?sec=6&seq=11

ソウルのWホテルはウオーカーヒルにあり、ギャンブルも楽しめますが、その
スタイリッシュなロビーや部屋が素晴らしいのです。そのデザイナーがデザイ
ンしたカンナのインテリアは一見の価値があります。

今回は東京ディズニーランドホテルでは宴会はできず、隣のシェラトンホテル
での宴会となりました。次回には是非、カンナを訪問し、宿泊をしましょう。
皆さんも日常のあわただしさから脱出し、東京ディズニーランドホテルに宿泊
し、カンナで食事をしてみませんか?

また、立教大学観光クラブに入会するには、まず立教大学の卒業生でないとい
けません。でも既に大学を出たからどうしようと思う方は迷わず、大学院のビ
ジネスデザイン研究科の門をたたきましょう。大学よりも入学は簡単ですよ。
もうすぐ、入試の季節です。皆さんも大学院MBAコースにチャレンジしてみま
せんか?ビジネスデザイン研究科には私の主宰するメーリングリストのFSPRO
からも、このメールマガジンFood104の読者も沢山入学しています。外食分野
からはスターバックス、KFC、マクドナルド、ディアースープ、などの社員の
方も多数入学し学んでいます。大学院にご興味のある方は王にメールなどでご
相談いただけば幸いです。oh@sayko.co.jp

東京ディズニーランドホテルHP
http://www.disneyhotels.jp/tdh/index.html
シャーウッド
http://www.disneyhotels.jp/tdh/japanese/rest/sherwood.html
カンナ
http://www.disneyhotels.jp/tdh/japanese/rest/canna.html
立教大学HP
http://univ.rikkyo.ac.jp/
観光クラブHP
http://www.kankoclub.net/
観光研究所HP
http://univ.rikkyo.ac.jp/research/laboratory/IT/index.html
立教大学ビジネスデザイン研究科
http://www.rikkyo.ne.jp/web/z3000142/bizsite/index.html

△▼△▼△▼△▼△▼△

● 王利彰の米国外食情報

■ サブウエイのフランチャイジーがカフェ業態を開業     7月15日NRN

サブウエイのフランチャイジーがワシントンDCにカフェ業態をテストとして開
業します。このテストが成功すれば全米に展開する予定です。

■ ユニオンスクエアーカフェなどを率いるMeyer氏は新業態を開発

Danny Meyer氏は経営するUnion Square Hospitality Groupがスポーツをコン
セプトにしたレストランチェーンを全米に展開すると発表しました。新会社の
名前はThe Hudson Yards Sports & Entertainmentといい、USHGのBlue Smoke
casual barbecue concept と Shake Shack retro quick-service brand を新
コンセプトの中心にします。サーどんな業態になるか要注目ですね。

■ 辛党にはハラペーニョに注意

米国で問題になっている、野菜のサルモネラ菌の汚染の原因はどうもあの激辛
のハラペーニョにあることがわかってきました。辛党の方は要注意ですよ。生
のハラペーニョによるサルモネラ菌食中毒患者は全米で1,000人以上にも上っ
ています。

■ チェッカーズ(Checkers)はダブルドライブスルーなしの新店舗をテスト

チェッカーズとラリーズはダブルドライブスルーを備えたハンバーガーチェー
ンとして有名ですが、ダブルドライブスルーなしのお店をテストする予定です。

■ チーズケーキファクトリーは従業員にセクハラで訴訟を起こされています

米国不況の影響を受けて経営不振のチーズケーキファクトリーは経営陣の更迭
などのリストラの最中、今度は従業員にセクハラで訴えられると言う問題を抱
えています。

■ Steak n Shakeの暫定社長も退社

Steak n Shakeの暫定社長Jeffrey Blade氏も退社に追い込まれました。会社は
どんな方向に向かうのでしょうか?

■ IHOPは空港に出店

ファミリーレストランのIHOPの持ち株会社のDineEquity Inc.社は空港内や大
学内に出店をすることを検討しています。

■ ベニハナ(Benihana)の創業者のロッキー青木氏が69歳でなくなりました

日本人の創業した外食チェーンとして有名なベニハナを創業したロッキー青木
氏は癌のためなくなりました。享年69歳の若さでした。

■ クイズノスのフランチャイジーはチェーン本部を詐欺で訴える

相変わらず、サンドイッチのクイズノス社はフランチャイジーに訴訟を起こさ
れて苦労しているようです。

関連記事

メールマガジン会員募集

食のオンラインサロン

ランキング

  1. 1

    水産タイムズ社 橋本様インタビュー

  2. 2

    マクドナルド 調理機器技術50年史<前編>

  3. 3

    新鳥栖「道の市場」

アーカイブ

食のオンラインサロン

TOP