weekly Food104 Magazine 2005年3月2日号

メルマガバックナンバー

● 新店オープン情報
● 米国レストランNEWS
● 米穀情報
● 食ビジネスニュースリリース
● 須賀田三之介のFresh Infos from USA
● チャーリー・下城のニューヨーク・ニュース
● 王利彰のレストランチェック

△▼△▼△▼△▼△▼△

● 新店オープン情報 ———————————————-■□

■ 炭焼きと逸品料理「串からす」 神戸・三宮に3月3日(木)オープン

(株)ワールド・ワンが「金魚」「卑弥呼」「からす」「はにわ」に続き、
神戸・三宮で5店舗目となる新店舗「串からす」をオープンします。

この新店舗は、伝統のある温泉旅館をイメージした内装で街中とは思えない、
まるで温泉地に来たような「和」と「癒し」の空間を演出しています。
メニューも串焼きと信州郷土料理をメインに、焼酎を数十種類取り揃えていま
す。

○メニュー例
鶏串盛り合わせ5種         620円
(かわ、ねっく、ささみ、なんこつ、ひっぷなど5種類)
海鮮串焼き盛り合わせ5種      850円
(げそ明太子酢味噌、明石たこ梅くらげなど5種類)
奥飛騨特産 えごま豆富       350円
黒毛和牛の朴葉味噌焼き       980円
飛騨高山名産 お漬物すてーき    480円

○店舗データ
住所:神戸市中央区下山手通1-1-2 みそのビル4F
電話:078-332-9494
営業時間:月~木      17:00~1:00
金・土・祝前日  17:00~5:00
日・祝      17:00~0:00

○ホームページ http://www.world-one-group.co.jp

△▼△▼△▼△▼△▼△

● 米国レストランNEWS———————————————■□

■ P.F.チャンがよりアップスケールな店舗を開発中

アリゾナ・リパブリック誌によりますと、アジアン・ダイニング・レストラン
チェーンのP.F. Chang’s China Bistro(P.F. チャン・チャイナ・ビストロ)
では、社長のBert Vivian(バート・ヴィヴィアン)氏曰く、あくまでも「ア
ジアン」コンセプトからは外れずに、来年に向けて、現在の店舗よりもアップ
スケールなレストランを開発中だということです。

現在同チェーンのアントレーは、平均9ドルから14ドルですが、より高めに設
定となるだろうということです。P.F.チャンは現在、全米32州で115のチャイ
ナビストロを展開し、今年はジャクソンビル、リトルロック、バトンルージュ
市等を始めとして、16から18のビストロをオープンする予定です。

また、2000年よりスタートした同チェーンのファスト・カジュアル・コンセプ
トのPei Wei Asian Diner(ペイ・ウェイ・アジアン・ダイナー)は、現在8州
で53店舗を展開していますが、今年は26から28店舗を開店する予定です。

Home


http://www.pfchangs.com/

■ ルービーズの新しい春メニュー

テキサス州を中心とした、カフェテリア・ビュッフェ・スタイル・レストラン
・チェーンのLuby’s(ルービーズ)は、新しく4つのコンビネーション・ミー
ルセットをこの春の新メニューとして発表しました。新メニューは、トマトと
赤ピーマンがきいた「スィート・ペッパー・サーモン」、パルメザンチーズが
衣に混ざってベイクされた「パルメザン・クラスト・ティラピア」、天ぷら風
に仕上げたフィッシュフライ「テンプラ・フライド・フィレ」、ケイジャン風
味のスパイスがきいたチキンの胸肉にチーズがメルトされ、ブラックビーンと
コーンのサウスウエスタン風のサルサ添えの「サウスウエスト・チキン・ブレ
スト」の4メニューです。

現在134店舗をダラス、ヒューストン、サンアントニオ、リオ・グランデ・バ
リー等テキサス州を中心として展開しています。ルービーズはその他、シーフ
ードのレストラン、Bob Luby’s Seafood Grillや肉類を中心とした、Luby’s
Steak Buffetも展開しており、カフェテリアスタイル、ビュッフェスタイルで
ブレックファストからディナーまでバラエティーのあるチョイスを提供してい
ます。
http://www.lubys.com/

■ ヘルシーな朝食ピック:フィットネス誌より

雑誌「フィットネス4月号」では、人気のファーストフードチェーンの朝食メ
ニューを比べ、ローカロリーやローファットの食事選定を情報をまじえながら
紹介しています。

McDonald’s(マクドナルド)
ベスト :エッグ・マクマフィン:300カロリー
ワースト:スパニッシュ・オムレット・ベーグル:710カロリー
情報  :ビスケット、クロワッサン、ベーグル、「マクグリドル」は食べな
いこと。イングリッシュマフィンがおすすめ。

Dunkin’ Donuts(ダンキンドーナッツ)
ベスト :フレンチクルーラー・ドーナッツ:150カロリー
ワースト:チョコレート・フロスト・ケーキ・ドーナッツ:360カロリー
情報  :ケーキスタイルのドーナッツはカロリー、ファットが高い

Starbucks(スターバックス)
ベスト :トールサイズのカフェオレ、ノンファットミルクで:60カロリー
ワースト:グランデサイズのキャラメル・モカ、ホイップクリーム付き、全乳
で:470カロリー
情報  :一杯のコーヒーだけではちゃんとした朝食ではない。

Jamba Juice(ジャンバ・ジュース)
ベスト :プロテイン・ベリー・ピザーズ:280カロリー
ワースト:ピーナッツバター・ムード:590カロリー
情報  :フルーツとヨーグルトスムージーはシャーベットやジュースに比べ
て満腹感を得られる。

Au Bon Pain(オウ・ボン・パン)
ベスト :ローファット・トリプルベリー・マフィン:290カロリー
ワースト:チョコレートチャンク・マフィン:590カロリー
情報  :グラノーラとフルーツの入ったヨーグルトはどんなマフィンよりも
プロテインが豊富。

● 米穀情報報 —————————————————-■□
※この情報は、米穀データバンクのご協力により、「米穀市況速報」(日報)
から、一部記事を要約したものを掲載させていただいています。(月1掲載)
記事・図表の無断転載・引用を禁止します。

■ 大潟村同友会の「こまちのゆめ」食品展でPR

3月8日~11日まで千葉の幕張メッセで開かれる「国際食品・飲料展(フーデッ
クス)」で、秋田県大潟村の生産者グループで産地直送をアピールした宅配事
業を展開する大潟村同友会は、ミルキープリンセスを使った商品「こまちのゆ
め」を出展する。

粘りが強い特徴を来場者に紹介する。大潟村同友会の生産会員がつくるミルキ
ープリンセスの17年産予定生産量は4千俵。2千俵を生産した16年産は宅配販売
で2月に完売する見通し。生産量が増える17年産の販売では業務用も検討して
おり、関東のおにぎり店に販売するほか、販売先の開拓に努める。

「こまちのゆめ」の展示会出展はこの後、4月に東京ビッグサイトで開催され
るデリカ惣菜・弁当・外食専門展「第8回ファベックス2005」(日本食糧新聞
社主催)で試食を交えた宣伝を予定している。
(2005年3月1日)

■ ヨーカドー事例に、いわてっこ認知向上

首都圏末端販売で岩手いわてっこの販売事例が増加、量販店バイヤーへの認知
度も向上する。

現在のところ目立つのはイトーヨーカドーでのNB米販売のみも、「精米販売に
おいてヨーカドーの取組みは、PB銘柄米商品など品揃え、また実際の売場作り
と先進的で、定期的なチェックが欠かせぬモデル企業。そこが扱う銘柄米だけ
に気にしている」(都内で主に食品SMを展開のB店バイヤー)が伝わる。

全農岩手県本部の16年産いわてっこ販売計画は7,000トンで、「各卸さんへの
知名度も上向いており、ほぼ販売に目処がついた」(米穀部)と順調な模様。

同品種についてはいわて純情米需要拡大推進協議会(全農岩手県本部、県農林
水産部流通課)を中心として、ヨーカドー店頭での販促フェアなど様々なキャ
ンペーンを展開する。主食向け販売の他に、カレー専門店など外食業界での採
用事例も。実需者には「冷めても美味しい」などをPRする。
(2005年2月28日)

■ 『発芽米キッチン』を新発売(ファンケル)

(株)ファンケル(横浜市)は2月21日~4月30日まで、通信販売及び直営店舗
で『発芽米キッチン』シリーズの〈五目ごはん〉(内容量=183グラム、レト
ルト包装米飯140グラム+ごはん具材料43グラム)と〈和風あんかけおかゆ〉
(250グラム、170グラム+具材ソース80グラム)を数量限定(各1万5千個)で
新発売する。

同シリーズは「手軽に、美味しく、健やかに」をコンセプトに、電子レンジ
(500W)で80~90秒加熱するだけで簡単に調理出来るレトルト商品。期間・
数量を限定しているのは「(同社では)具材をかけた商品はこれまで扱ってな
く、今回の販売はテスト的なもの」とされ、市場でどう受け入れられるのかな
どを見た上で、今後の展開(定番化、ラインナップなど)を検討していく。
なお、原材料はファンケル発芽米(北海道産米)100%を使用。
(2005年2月18日)

■ 「危機に瀕する世界のコメ」をテーマにシンポジウム

日本学術会議・農村計画学研究連絡委員会と世界のコメ学際研究グループ(代
表・伊東正一鳥取大学教授)が共催する「第10回世界のコメ・国際学術調査研
究報告会・シンポジウム」が3月14日(月)、東京・港区の日本学術会議ビル
で開催される。

「危機に瀕する世界のコメ(その現状と課題そして可能性)」をテーマに行う
もので、世界のコメ消費減退がいまや危機的状況に差しかかっているとして、
今回のシンポジウムでは世界、日本、韓国、タイにおけるコメ消費を取り巻く
現状を報告。そのうえで消費拡大の糸口となる発芽玄米の効用、コメ加工品の
開発、炊飯器の性能改良の可能性などについても報告する予定。参加料は無料。

詳しい問い合わせは
鳥取大学農学部農業経営情報科学講座(TEL:0857-31-6731)まで。
(2005年2月14日)

○株式会社米穀データバンク:民間のコメ調査会社。生産・流通・市況など
コメに関する情報の提供を行っている。
○問い合せは、ricedata@japan-rice.com
○ホームページ「日本のコメ市場」http://www.japan-rice.com/main.htm

△▼△▼△▼△▼△▼△

● 食ビジネスニュースリリース —————————-■□

■ モス、次世代型ファストカジュアル店舗を東京・国立に設置

株式会社モスフードサービスでは、平成17年4月22日(金)、次世代型ファス
トカジュアルの実験店舗「モスバーガー国立店」(東京都国立市東1-15-8)を
設置します。新店舗は、世界的に有名な絵本作家であり、グラフィックデザイ
ナーのディック・ブルーナ(Dick Bruna)氏のイラストレーションを採用した
店舗となります。「緑化看板」「バリアフリー対応」など、「やさしさとあた
たかさ」に満ち溢れた店舗を具現化します。

当チェーンでは、昨年より現在の「モスバーガー(以後呼称:「赤モス」)」
をファストカジュアル業態の「モスバーガー(以後呼称:「緑モス」)」へ転
換を進めています。将来的には、全店舗をファストカジュアル業態の「緑モス
」に切り換えますが、平成16年度は350店舗、平成18年度を目処に1,000店舗以
上の転換を目指しています。

今回、こうした動きを加速するため「緑モス」を象徴するフラッグシップショ
ップとして、「ディック・ブルーナモデル店舗(当社呼称)」を設置します。
出店には、立地、販売状況、店舗におけるサービスレベル、顧客層などを考慮
し、厳選した店舗のみの出店となります。今回の国立店を実験店舗として、費
用対効果、客層の調査、客単価の変化等を検証し、多店舗化を進める計画です
。平成17年度内に3店舗程度を出店する計画です。

○問い合わせ先:株式会社モスフードサービス 広報室 TEL. 03-3266-7171

■ 長期貯蔵焼酎「秘蔵の扉」 新発売

宝酒造株式会社では、10年間貯蔵したさとうきび由来の貯蔵熟成酒と、3年以
上樽で貯蔵させた麦やとうもろこしの熟成酒などで仕上げた“長期貯蔵焼酎
「秘蔵の扉」”を3月15日(火)より全国で新発売します。

アルコール分は20%および25%、720mlのガラス壜入りで、希望小売価格は20
%が890円、25%が990円(いずれも消費税抜き)です。

宮崎県の「黒壁蔵」に眠る24,000樽にも及ぶ樽貯蔵酒から厳選した熟成酒を
使用し、長期貯蔵ならではの上品でまろやかな味わいと、樽熟成ならではの
深い香りが特徴です。

商品名には、永い年月をかけて貯蔵・熟成された秘蔵の焼酎が世に出る期待感
とその熟成感を表したネーミングを採用。ラベルには、書の大家「榊 莫山」
氏の書による商品名を配し、本格感あふれるデザインに仕上げました。

○お問い合わせ先:お客様相談室:075-241-5111(平日9:00~17:00)

△▼△▼△▼△▼△▼△

●須賀田三之介のFresh Infos from USA—————————–■□

■ パブリックス・スーパー・マーケットが11年間連続で顧客満足度最高点獲得

ミシガン大学経営学部が、恒例の顧客満足度調査の2004年度結果を発表しまし
た。11年間連続でパブリックス・スーパー・マーケット(Publix SuperMarket)
が食品小売業分野で1位の栄冠を受け話題になっています。

1930年にジョージ・ジェンキンス氏によって設立された伝統ある食品スーパー
パブリックスはフロリダ州レークランド本社を拠点に、現在849店舗を展開す
る優良企業です。南部に集中的に展開していて、従業員数は128,500人をかぞ
えます。

この調査では、食品スーパーの基本である、
1.店舗内の清潔度の高さ
2.各部門の従業員の接客レベル
3.生鮮三品の鮮度の高さとその管理
4.欠品のない棚割り、
5.価格の安さ

を消費者からの厳しいアンケート評価を回収して、順位決定をおこなっていま
す。数ある競合のなかで、パブリックスの顧客に対する真剣なとりくみが再び
評価されたのです。全従業員のたゆまない努力の結果です。実際、どのパブリ
ックスに入店してもすぐに感じるのは、笑顔の従業員に迎えられ、気持ちが和
らぐことです。

またパブリックスでは、近年とみに増加が著しいヒスパニック人口に対応する
ため、エスニック食品を充実しはじめました。特に近い将来、小型店のヒスパ
ニック食品専門店をチェーン展開する計画を練っていて、これも業界で話題に
上っています。

新しい動向を入手したらまたレポートしましょう。

○パブリックス社HP http://www.publix.com/
○ミシガン大学経営学部顧客満足度調査 http://www.theacsi.org/

○須賀田三之介(ロサンゼルス在住、流通コンサルタント)
Email:stansugata02@yahoo.co.jp

△▼△▼△▼△▼△▼△

● チャーリー・下城のニューヨーク・ニュース———————–■□

■ 最新のブロードウェイ・のグルメストア群(5)
~全米中に卸す高級鮮魚専門店(シタレラ)~

ゼイバースから歩いても5分足らずの75St.にシタレラ本店があります。述べた
通りグルメ店の元祖であるゼイバースではほとんど鮮魚を扱わず、スモークの
魚に特化されています。最近まで通常のスーパーマーケットで売られる魚の品
質は、海側のニューヨーク市と言えども非常に低く、新鮮な魚を求める客は必
然的に鮮魚専門店へ向かいました。今では本格的なグルメストアも多くなり、
鮮魚専門店でなくとも生で食べられる魚介類を買うことも出来る様になりまし
た。ニューヨークのダウンタウンには中華街があり、そこでは限られた魚介類
ではありますが新鮮で安く買い物することが出来ます。しかし中華街では品揃
えにも制限があるし、仲々魚だけを買いにダウンタウンへは行かず、毎日の魚
介類の買物は地元のシタレラが良いという亊になります。

シタレラの前身は1912年頃にマンハッタン北部で魚の卸し屋としてマイク・シ
タレラ氏により創業され、時代の要求により現在の地に移転されました。1983
年にこの老舗鮮魚店を買い取ったジョー・ガレーラ氏も魚屋一家で育ったベテ
ランであり、彼はシタレラをニューヨークで入手できる最高品質の魚介類を専
門に扱う高級鮮魚店、鮮魚卸商社に仕立てていきました。ニューヨーク・ダウ
ンタウンにあるフルトン・フィッシュマーケットは全米でも有数の魚市場であ
り、シタレラはそれをフルに活用して全米各地では入手困難な魚介類を、例え
ば西海岸側の有名レストラン等への卸売りも手掛けました。

実際にシタレラはフルトン市場の卸売りオペレーションの一部を吸収合併して
おり、この部門での力関係では、全米でも有数のものと言われます。後年、時
代の流れを感知し、輸入高級食材を中心に扱う整然と小奇麗なグルメストアへ
と変わっていきました。本店の他に市内に2店舗のグルメ店を持ち、シタレラ
のブランド力を使ったレストランをマンハッタンの中心部に持ちます。更に市
内から2時間ほど離れたロングアイランドのリゾート地にもチェーン店を出し
ています。

扱い品目の特徴は勿論魚介類の品揃えと品質で、その部分では確実にトップク
ラスと言えます。それ以外の食品食材は、店舗が小さいだけに品揃えを絞って
います。精肉コーナーは広く取ってあり、生肉、下ごしらえをした半調理品、
牛・豚・鳥肉以外の野生肉や珍しい食肉類も多く扱われています。

店内は整然としているだけでなく、ガランとした感じの時が非常に多くありま
す。調べてみたら、ここの顧客は扱い品目を覚えている為に配達の注文が非常
に多いとの亊です。品揃えが絞られている亊と、店と商品に信頼度が高い亊も
あり、電話・ファックス、最近ではインターネットによる注文配達が中心にな
ってきたとの亊でした。そして店舗での小売業はシタレラのビジネスの一部で
あって、全米に卸しているビジネスが相当大きいものと想像できます。

○チャーリー・下城近雄(NY在住、流通コンサルタント)
E-mail:shimojoNY@earthlink.net

△▼△▼△▼△▼△▼△

● 王利彰のレストランチェック———————————–■□

■ 池袋の新店舗その3 大戸屋の 居酒屋 おとや

池袋出身の外食企業では大戸屋さんを忘れてはいけません。発祥の地、池袋に
は大戸屋さんは5店舗もありますが、昨年2月に新業態の「おとや」と言う居酒
屋を開業しております。大戸屋さんは、「この業態は商品開発をする役割で、
店舗展開は考えていない」との事ですが、気になります。

丁度、レインズの東山の近所だったので、比較見学に行きました。
三越裏の、大戸屋さんが2店舗ある真ん中の角店の1~2階のお店です。
1階はカウンター形式で、調理場にはベテランの和食の職人が腕を振るってお
ります。

さて、メニューですが、お酒が充実しております。レインズの東山は女性や若
いカップルをターゲットにしていますが、この店は中年男性サラリーマン向け
です。

日本酒は
浦霞本仕込み   500円
満寿泉別選    500円
南部美人純米吟醸 700円
菊姫山廃仕込み  800円
八海山吟醸   1,100円

燗酒
男山 500円
北のまほろば 500円

焼酎一合
黒かめ   580円
朝日黒糖  600円
さつま司  650円
紫     700円
瑞泉古酒  800円
星空吟醸 1,100円

生ビールは スーパードライ 380円
その他ウイスキーとボトルワイン、焼酎サワー、カクテル、ソフトドリンク。

今流行の焼酎を取り揃えようとしていますが、芋の売れ筋が揃っていないのが
残念です。

売り物は、おばんざいと刺身、焼き物ですね。お刺身はなかなか美味しくて、
東山より遙かに良かったですね。焼き物は、群馬クィーンポーク炭火焼きを食
べましたが、肉が堅く乾燥していました。原因は肉が堅いのと、焼き物器の性
能が悪く、焼き上げまで時間がかかり過ぎるので乾燥するのでしょう。焼き物
はあまりお勧めではないようです。大戸屋も昼時には提供時間が長いのですし
もう少し調理機器の勉強をするべきでしょうね。

しかし、中年男性1人でもカウンターで食べられる嬉しいお店で、個人的には
好きな業態です。
ビジネスとして考えると、カウンター中にはベテランの調理人がおりますので
多店舗展開はちょっと難しいのかもしれませんね。

料理メニューは(税別表示)以下の通りです。

おばんざい
青菜のおひたし  380円
ぴり辛こんにゃく 380円
もずく酢     430円
野菜の白和え   480円
わけぎぬた    580円
納豆和え     580円
鮪の山かけ    580円

珍味
ほたるいか沖漬け 530円
ほや塩辛     530円

サラダ&お漬け物
野沢菜漬け           380円
さわやか大根漬け        380円
胡瓜の浅漬け          380円
お新香盛り合わせ        480円
北海道しゃきしゃきポテトサラダ 500円
トマトと野菜のサラダ      600円
蟹と水菜のサラダ        780円

お造り
本まぐろのお造り       900円
活 白身魚のお造り      900円
お造り三種盛り合わせ    1,300円
宮崎産霜降り和牛のお造り  1,300円

揚げ物
揚げ大和芋のあんかけ  480円
野菜の天麩羅  780円
群馬クイーンポーク竜田揚 780円
海老の揚げ真丈  780円

煮物
大根風呂吹  430円
筑前煮  680円
高野豆腐煮  480円
真鯛かぶと煮付  580円
和牛味噌煮込み  680円

本日の炭火焼き
油揚げ  300円
比内鶏の炭火焼き  980円
群馬クィーンポーク炭火焼き 780円
宮崎和牛ロース  1,180円

野菜焼き
キャベツ、茄子、シシトウ、椎茸、エリンギ、アスパラ、長芋等330~400円

お魚の炭火焼き
いか一夜干  730円
甘鯛一夜干  880円
えぼ鯛一夜干 580円
真鯛かぶと焼き 580円
帆立貝バター醤油 780円
銀鱈照焼 1,000円
鮪かま  1,080円

その他
御飯類

○店舗データ
住所 東京都豊島区東池袋1丁目3番1号
電話 03-5911-8277

○店舗HP
http://www.ootoya.com/ir/img/pdf/20040209otoya.pdf

関連記事

メールマガジン会員募集

食のオンラインサロン

ランキング

  1. 1

    マックの裏側 第15回目

  2. 2

    マクドナルド 調理機器技術50年史<前編>

  3. 3

    HP 案内

アーカイブ

食のオンラインサロン

TOP