weekly Food104 Magazine 2016年10月26日号

メルマガバックナンバー

● 東京OFF会+旬の味を食らう会報告
● 莫莫居鶯のお知らせ
● 世界・日本各地の食情報
● 読者からのご意見・要望・質問・情報 コーナー
● 食ビジネスニュースリリース
● 王利彰のレストランチェック

              △▼△▼△▼△▼△▼△

************************************************************
              △▼△▼△▼△▼△▼△

●東京off会+旬の味を喰らう会10月の報告

皆さん今晩は

 今月は秋田県が誇る平飼いの比内地鶏をメインでした。鍋と締め
のラーメンが旨かったな。

 お供は、秋田県のお隣岩手県宮古港からのお魚。大型の活〆ヒラ
メ、定置網に入る秋サワラとカンパチをお刺身やてんぷらでいただ
きました。

画像
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1140891405987693&set=pcb.1140891645987669&type=3&theater

 さて皆さんウツボは11月28日月曜日ですよ
忘年会兼の12月は26日月曜日です。

              △▼△▼△▼△▼△▼△

● 莫莫居鶯のお知らせ

 皆さん今晩は!

晴れた日は秋晴れといった清々しい感じに思いますが夜になると冷
え込みが激しく、体調を崩しやすくなると思いますが皆さんも手洗
いやうがいをまめに行いましょう!!私事ですが子供が通っている
中学校でインフルエンザが流行り出していますので自分自身も体調
管理に気をつけてます。

お薦め料理

●梅水晶(サメ軟骨の梅肉和え)530円
 前回に引き続きこちらの商品をお薦め致します。鮫の軟骨と南高
梅の梅肉で和えた日本酒や焼酎にとても合う肴です。あっさりとし
ていますが軟骨の歯ごたえが癖になるこの時期ならではのお薦めの
1品です。

●「丸雛鶏の半身揚げ」
 身の柔らかい雛鶏を豪快に調理した一品です。半身を特製のスパ
イスに二日間漬け込み身が固くならない様に低温で焼き最後に油で
カリカリに揚げ、鶏の色々な部位が少量ずつですが味わえるお得な
商品を990円にて販売いたします。是非賞味ください!!

 では、今週のおすすめのお酒をご紹介させて頂きます。
10月25日発売の数量限定の「一番搾り とれたてホップ生ビー
ル」です。

「一番搾り とれたてホップ生ビール」は、とれたてのホップを収穫
しそのまま凍結、細かく砕いた「岩手県遠野産ホップ」を一番搾り
に贅沢に使用しました。従来のビールは、いずれも乾燥したホップ
の香りを生かした味覚設計となっていますが、水分を含んだ生の状
態のまま凍らせて酸化を抑え、さらにこれを細かく砕くことで、旬
のホップの香りを引き出すことができました。

 パッケージは、素材のよさを最大限引き出す、一番搾りブランド
の「こだわり」を感じられるデザインです。

原材料:麦芽・ホップ
アルコール度数: 5%

今年とれたての岩手県遠野産ホップを贅沢に使用した、ホップの華
やかな香りを感じる一番搾り。弊店ではお値段(税込み790円)で提
供しておりますので、是非、ご来店お飲みくださいませ!

●莫莫居 鶯の昼飲みのご案内
 莫莫居 鶯では只今昼飲みを推進しています!ビールやおつまみ
など、夜のメニューがお得に楽しめる他、勿論お造りなどもご注文
頂けます。平日はランチ等で込み合っていますが、土日はゆっくり
お酒を楽しめる空間になっていると思います。

 美味しい丹精込めた手造り作りの料理でお待ちしております。

  料理長 川嶋

ほっこり和食 莫莫居 鶯 (ばくばくきょ うぐいす)
       東京都豊島区西池袋1-18-1 五光ビルB1
電話  :03-3987-0085
メール :info@bakubakukyo.com
HP   :http://www.bakubakukyo.com/
facebook:https://www.facebook.com/bakubakukyouguisu?fref=ts
担当  :侯(こう)
営業時間:ランチ  月~日   11:30~15:00
     ディナー 月~日・祝 17:30~24:00

冬のコースメニュー鋭意開発中です。ご期待ください。

画像
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1137279059682261&set=pcb.1137279429682224&type=3&theater

年末までは無休営業ですので、忘年会のご予約はお早めにお願い申
し上げます。
              △▼△▼△▼△▼△▼△

● 世界・日本各地の食情報

1)1年中青空のLAより 須賀田 三之介 (Stanley Sugata)先生
に米国外食情報を届けていただきました。

     Food 104 Fresh Infos from USA

  ”Locale Market” St. Petersburg, Florida

 レストラン業界で現在最も著名なシェフ、マイケル・ミナMichael
Minaとダン・ピンタボナ Don Pintabonaが共同で高級スーパーマー
ケット「ロカーレ」をセントピータースバーグに開けました。近郊
のタンパからも富裕層のフーディ達が押し掛け活気を呈していま
す。

 ダン・ピンタボナはロバート・デニーロのトライベッカ グリル
で10年間シェフを務めていた経歴があり、この業界では米国内で
屈指のイタリアンシェフとして名声を馳せています。この2人が開
けたマーケットですから人気絶頂となっているのも頷けます。勿
論、店舗内には2階に「Farm Table Kitchen] と銘打ったこじんま
りしたレストランも経営しています。オーガニック野菜使用のみの
サラダ類、ガル二、成熟肉の炭焼きステーキ、新鮮な魚介類などメ
ニューは豊富です。ピザ・パスタ、サンドイッチ各種、ランチには
軽食も提供しておりサラリーマンの姿もよく見かけます。

 マーケットの店内はディーン&デルカとは又一味違った楽しさが
あり店舗内を見て歩いているだけで時間を忘れます。料理本や台所
用品などは抜群の品ぞろえです。ワインは種類と陳列が素晴らしい
ですね。どうしてもその中から1本選んで買って帰りたくなりま
す。いずれ西海岸にも進出してくる計画があるそうですが、その時
が楽しみです。

画像
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1129126693833240&set=ms.c.eJw90NkRBCEIBNCMtriP~%3BBNbYWx~%3BnzQCzNIsEa2lKkY~%3BHnBtO0DOfsGskkOzDZA5FaYC6NwKQ8RZFhRNXWUimgkoI~_voRo8gXUgFWC1IAeKr4FfRMU3lQbJMRQUmTacFCUDSRFgbULUgfKHOBQ7Q27Zk1zd~_YDt6vvUrdlstbNu0JyTCPVrPq3Qn5mjXiUhhjtNvIV~_kciNyfwliHqgugPrM4XZHDyYeMPSIc5mJnDv9Aau3Y2g~-.bps.a.1129126680499908.1073741887.100002077607604&type=3&theater

公式HP
http://www.localegourmetmarket.com/

公式facebook
https://www.facebook.com/LocaleMarketStPete/

情報HP
https://www.yelp.com/biz/locale-market-saint-petersburg
https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g34607-d7247932-Reviews-Locale_Market-St_Petersburg_Florida.html

須賀田先生略歴:

京都市 出身
昭和33年
 アメリカン エキスプレス 東京支社 入社草創期であった主に
米国人ほか外人旅行者導入に貢献。当時まだあまり普及率のなかっ
た アメックストラベラースチェック、クレジット カード受注開
発をニューヨーク本社より導入し日本国内のレストラン、ホテル、
旅館、小売業界などに普及・使用を増進した。

昭和47年
 同社退社 渡米
昭和48年
 ロサンゼルスにて フェアーレーン コンサルティング(株)設
立、代表取締役社長として、日本国内レストランチエーン、ホテ
ル、小売業界を対象に、経営コンサルティング、セミナー開催、米
国内流通及び外食産業関連の研修を活発につとめている。又、研修
旅行の同行講師、米国内トレードショウ参加も精力的に実施中。ホ
テル・レストラン新入社員、中級クラス対象のセミナーと幹部対象
の企業訪問設定などをてがけている。

●UCLA大学生涯教育非常勤講師
●ロサンゼルス市観光局 アドバイザー
●日本国内に於ける関連レクチュアー講師・パネリストとして参加

2)上田さんの食の宝庫九州からの報告です。

【レストラン火星】休業中

 阿蘇に出かけて来ました。熊本地震でメインの国道、鉄道が通れ
なくなり迂回路を使って、やっと復活の目途が立ち始めたところ
に、大きな噴火がありました。

 4百年前から阿蘇に住む旧家の古文書によると、噴火は頻繁に起
きており、今回の噴火も大したことはないのですが、やっと動き出
した観光客の足がまた遠のきそうです。

 阿蘇では、いつも行く「たかな飯」の店や、花公園、楼門が倒壊
した阿蘇神社などを回りました。

 買い物は、「道の駅阿蘇」。ここでは「阿部牧場のASOミルク」な
どをチェック。そして隣接のJR阿蘇駅をチェック。4月の地震で
豊肥本線の立野と赤水間の崖が大崩落、阿蘇大橋を流し、大学生が
巻き込まれました。線路も国道も流れてしまったので、豊肥本線
は、熊本方面からは立野駅で折り返し、大分方面からは阿蘇駅で折
り返し運行をしています。別府から阿蘇までは列車で入ることが出
来るのです。

 阿蘇駅のホームには「レストラン火星」があります。JR九州が
誇る「クルーズトレインななつ星」の朝食のために作られたレスト
ランです。3泊4日で80万円~140万円のコースは、博多駅に
ある「金星」でレセプションをして出航。鹿児島本線で久留米か
ら、久大線で湯布院へ湯布院から大分を抜けるところで1泊目、日
向で朝食用の野菜を積み込んで、宮崎へ。バスに乗り換え観光。霧
島山系にある妙見温泉や「天空の森」で2泊目、鹿児島を観光して
3泊目は再び車内泊、熊本を通って豊肥本線。目が覚めたら阿蘇の
外輪山の中央。「レストラン火星」で朝食を摂ったあと、バスで湯
布院へ向かい、回送された列車に乗って博多へ戻ってくるという優
雅な旅です。

 このコース、12組24名のみが乗車でき、さらに随行する専用
のバスが列車の移動に合わせて走っていて、到着した駅から観光で
きるようになっています。線路で異常があった場合のバックアップ
も兼ねている、贅沢な仕組みです。大型バスは「ななつ星」同様の
ピカピカな塗装で。こちらも豪華です。

 「レストラン火星」では地元産の野菜のビュッフェや、お好みに
合わせた食事を準備しているそうですが。内容は乗車しないと判り
ません。でも、このレストラン、ななつ星の週に一度だけの朝食の
ために作ったのですが、実は一般でも利用できるようになっていま
した。

行った人のブログ
http://blog.goo.ne.jp/mitsuto1976/e/92a257393a35c267cc6734882c264858

食べログ
https://tabelog.com/kumamoto/A4302/A430201/43010042/

 ところが、今回の地震で豊肥本線が使えなくなり。「ななつ星」
のルートも。鹿児島から肥薩オレンジ鉄道を通り、天草に回る様に
なって阿蘇には行かなくなりました。ということで、「レストラン
火星」は休業中。
ちょっと残念な話でした。

http://www.hanaasobi.info/pc/free10.html

 列車は来ないけど、レストランだけでも再開してくれないかな
あ。

クルーズトレインななつ星
http://www.cruisetrain-sevenstars.jp/

紹介ムービー
https://www.youtube.com/watch?v=Uga9t_Ojcvc

【プロフィール】

上田和久

kazz@studiowork.jp

スタジオワーク合同会社 代表

1959年熊本県生まれ、京都、福岡で暮らし、都城の単身生活を終え
福岡に戻っています。

国際HACCP同盟認定リードインストラクター、JHTC認定リードインス
トラクター

上田和久 facebookは
https://www.facebook.com/kazz.ueda

経歴と仕事分野
 厨房設備施工会社、電機メーカーで冷蔵設備の設計施工営業を担
当後、食品メーカーへ転職し、品質保証の仕事を経て、2016年コン
サルタントとして独立。

 主に、HACCPの認証取得が目的ではない、あるいは安全安心な食品
を提供することを目的にした企業に対して、HACCPに基づいた衛生管
理の取り組みを支援している。

 具体的には、食品工場に対し、これまでの計画施工から現場運営
まで経験を生かした新築・増改築についての助言を行う他、製造現
場に対して、クレーム対応、異物混入の原因の究明と対策、再発防
止の仕組み作りの提案を行っている。

 食品工場の抱える問題やこれからますます厳しくなる要求への対
応、それらを一緒に解決していくことを使命とし、精力的に活動し
ている。

3)全国に54,000店を超える店舗展開を誇るコンビニエンスストア
その日々進化する商品を日々ウォッチする筆者の、専門家ならでは
の視点と、コンビニ食を活用したレコーディングダイエット記。

『vol.13 各社強化のイートインは外食・中食融合の場~後編~』

 前回は業態を越えた各社イートイン強化の理由や、上手な利用法
をご紹介しました。今回は自分が実際に利用して素晴らしいと思っ
たイートインベスト5をランキング形式で紹介します。

5位 cisca(東京都中央区など)

 ミニストップが運営。70店を目指しているとの発表もありまし

が現時点まだ7店舗の模様。ワインバルのような落ち着いた外観で
一見してコンビニには見えません。イートインはコンセント設置。
カフェ需要はもとより、ちょい飲み需要にターゲットを絞った品揃
えです。生ビールはハートランドで400円。キンキンに冷えた、
ジョッキで提供されます。500円以上もする高級な缶つまなど、
つまみも充実。店内で購入したものなら、例えば缶ビールなら、こ
ちらもよく冷えたグラスを無料で貸し出してくれます。またレンジ
アップしてお皿に盛り付けも希望すれば無料でしてくれます。惜し
むらくは、ミニストップの強みであるカウンターファストフードが
無い事。生ビールサーブ等の、他のオペレーション負荷を考えてだ
とは思いますが、チキンやポテトなどの揚げ物とお酒が楽しめない
のは残念です。ちなみに荒利は低いですが、コンビニの売上の3~
5割を占める、たばこの取り扱いが無し。荒利の高いFFが無いの
とあわせて、収益面での課題が店舗急拡大しない原因かもしれませ
ん。FFがあればもっと上位にランクインしたのですが。

■無料貸し出しの金属製のグラスは冷え冷えでビールが旨い
木皿に盛り付けてくれる牛肉バルサミコ煮とポテサラでちょい飲み
http://yahoo.jp/box/7lIbck

4位 ブルーミングブルーミーららぽーと立川立飛(東京都立川市)

 いなげやの高級路線業態。いなげや本社のすぐそばという事もあ

力が入ったストアコンセプト。前回紹介したアメリカの先端スーパ
ーの影響を間違いなく受けている売場づくりです。コンクリート打
ちっぱなしのような床を中心としたシックなデザイン。地元多摩地
区の野菜や乳製品などの日配品で地産池消を強化。チェーンビジネ
スでも小商圏対応が必須なのを象徴しています。鮮魚売場もハイラ
イトのひとつです。魚力がテナントとして入居。鮮度抜群のネタの
寿司や刺身などを、鮮魚売場の中に併設されたイートインで楽しめ
アルコールも飲む事が可能です。メインのイートインはレジ通過し
サッカー台のすぐ横なのでちょっと落ち着けない雰囲気。スペース
も狭めで飲酒も不可なので4位にとどまりました。

■魚力の握り寿司はこの迫力で398円
種類豊富な惣菜バイキングも100g128円とオトクで美味
http://yahoo.jp/box/6bJra4

3位 イオンスタイル板橋前野町店(東京都板橋区)

 イートインと呼ぶより高機能化したフードコートと呼んだ方が良

でしょう。1F正面入口入ってすぐに広大なフードコートがまず広
がります。フードコート周辺は、こだわりの輸入食材や、豊富な品
揃えのイオンリカーの売場。呑ん兵衛には嬉しいのが100円で、
様々な種類のワインや日本酒が楽しめるサービス。カウンターで小
さいグラスをもらい、各種瓶ごと冷蔵収納するサーバーからワオン
で100円を決済し、30ml飲めるという仕組みです。日本酒で
は獺祭などもある時があります。フードコートでは量り売りデリや
ジュースバー、テナントではファーストキッチン、リンガーハット
やタリーズ、ハワイ料理、卵料理専門店、ピザ、ベーカリーなどが
楽しめます。クラシックのミニコンサートなどもよく開催されて、
上質な音楽を楽しみながら食事する、ライフスタイル提案ですね。

■焼き立てピザはハーフで400円ぐらいから
1カン70円の個包装握り寿司が楽しめるのもイオンならでは
http://yahoo.jp/box/ZD66qP

2位 イトーヨーカドー食品館新宿富久店(東京都新宿区)

 山手線内側で最高層の55階マンションの富久クロスの1Fに出
店。開店時にはかなり話題になりました。前回イートインに専属
スタッフを配置し驚きの声が業界から上がったというのはこの店
の事です。席数は約50席と広くはないですが、電源コンセント
の他にフリーWIFI提供。店内購入物はアルコールはじめ何で
も利用可です。石釜焼きピザはTOMIHISAピザと名づける
ほどのこだわりよう。コーヒーもコクテール堂のウォッシュド&
エイジングコーヒーが150円から楽しめるハイコストパフォー
マンス。私が訪れた平日昼もアルコールを楽しむ利用者が何人も
いました。ヨーカドーさんにはこのタイプのイートインをどんど
ん増やしていただければ、筆者の訪店頻度は抜群に上がると思い
ます。

■メイン道路からの視認性ほとんど無いですが55階マンション
の下なので行き方に迷う事はないでしょう
http://yahoo.jp/box/9p0Y3e

■コクテール堂ウォッシュド&エイジングコーヒーは奥深い香り
http://yahoo.jp/box/dBiM4Z

■ヨーカドーの握り寿司598円。醤油の小皿も貸してくれます
 外食の回転寿司でも10カンをこの値段では楽しめても2カン1
皿なのでネタ10種は楽しめませんね
http://yahoo.jp/box/rA6MIQ

■木目を活かすイートインデザインが流行っているようです
 壁面の木の絵にはちょっとしたプロジェクションマッピングが
http://yahoo.jp/box/JbBFu9

1位 ライフセントラルスクエア押上駅前店(東京都墨田区)

 食品スーパー最大手のライフコーポレーションが、スカイツリー
の目の前に出店したセントラルスクエア押上駅前店は、最近では筆
者一番のお気に入りのスーパーです。2ヶ所の入り口に面した一等
地にある焼きたてのベーカリーを販売する売場のすぐ横がイートイ
ンスペースになっており、ツーオーダーで提供するピザ、パスタ、
デザート、ドリンクメニューと、店内で購入した商品なら何でも、
そこで飲食できるスペースで「ライフカフェ」と名づけられていま
す。下記写真のような、本格的なイタリアンが楽しめます。税別で
300円でマルゲリータなどのピッツァが3種、550円でボロネ
ーゼなどのパスタも3種楽しめます。カフェインレスコーヒーが品
揃えされているのはイマドキです。観光地で、建物上層部はホテル
という事もあり、こんな光景も目にしました。まだお昼前のすいて
いる時間にフランス人の一家4人が、ベーカリーコーナーで沢山買
い込んだクロワッサンなどのパンと、売場で買ったフルーツ100
%ジュースと、ライフカフェで買ったコーヒーでのどかなブランチ
を楽しんでいる光景は、一瞬ここは下町墨田区か?と錯覚する程で
した。イートインは73席。

■セントラルスクエア押上駅前店(東京都墨田区)
 ニトリ、リッチモンドホテルとの複合出店
http://yahoo.jp/box/OqJUCl

■ピッツァ300円、パスタ550円とハイコストパフォーマンス
 特にモチモチパスタは前回テーマの冷凍技術進歩の賜物
http://yahoo.jp/box/ySfjgO

■ジェノベーゼパスタも550円でこの海老たっぷりの内容
 揚げたての黒毛和牛メンチカツバーガーと楽しめるのも醍醐味
http://yahoo.jp/box/HhG4uN

■キャロットラペと若鶏ロースト&アボカドマリネ
 小分けデリも随分とお洒落に。こんなのあったら呑みたくなる
http://yahoo.jp/box/2VAO_m

■昼下がりのフランス人一家のブランチ風景
http://yahoo.jp/box/WB_SwV

 上記写真のように、美味しくオトクに楽しんでいるわけですが、
このカフェに携わっている従業員の人数と売価帯から判断するに、
収益性という面ではまだまだ課題が多いと思われます。というのも
外食では当たり前のFLコスト(Food&Labor)の概念が
まだまだ小売企業には希薄で手探り状態です。イートインでフード
提供をする場合、FLコストの綿密なコントロールに成功した企業
だけが、イートインを儲かるスペースとして昇華できると筆者は各
方面で力説しております。

 再び呑ん兵衛の意見で恐縮ですが、こんな最先端のライフカフェ
も飲酒禁止が明確にあちこちに掲示されています。先日などはスペ
ース半分ぐらいを区切って、ワインメーカーさん主催のワインセミ
ナーが行われていました。近所の奥様方と思われる参加者が美味し
そうにセミナーを受講しながらワインを試飲しているのに、他利用
者は飲酒禁止。飲めるのならここは間違いなく、個人的に最高評価
のイートインスペースになるのですが・・・。

 以上東京都内の店舗ばかり紹介しましたが、筆者はまだ訪店でき
ていない凄いイートインがあるスーパーがあります。北海道中標津
町に「東武サウスヒルズ」というとんでもないスーパーがあり、ア
メリカの最先端スーパー並み、もしくはそれを上回る売場づくりを
しているとのこと。なかなか遠いのですぐには行けませんが、死ぬ
までには是非一度訪れてみたいですね。
http://www.kk-to-bu.co.jp/southhills/

10月24日時点筆者体重 67.8kg、前回比±0kg
早朝ジョギング持続しているが停滞期・・・

【筆者プロフィール】

矢部 忠継

 昭和47年(1972年)横浜生まれ。京都大学文学部卒業後、リゾー
トホテルチェーン、ファミリーレストランチェーン、外資系会員制
食品卸、コンビニチェーン本部を渡り歩く。原料調達、商品開発、
マーケティング、市場分析等を担当。
 現職はマーケティングリサーチカンパニーにおいて小売・卸・
外食のデータ分析、セミナー講師、レポート執筆を行う。
 趣味は43歳にして免許を取ったバイク、バドミントン、ゴルフと
料理。東京都江東区在住。愛車はボルボV70、ホンダホーネット、
ヤマハシグナスX SR。

※当コンビニレポートコーナー内で述べられているコメントについ
ては、各種データ、筆者の知見に基づき作成されていますが、その
全てが正確性、確実性を保証するものではありませんのでご了承
下さい。

4)食の本場イタリアの大橋美奈子さんから

 南イタリア プーリア便り イトリアの谷の食卓から 第75回

 今朝我が家から20km程のアドリア海沿い町でオリーヴのピアス
病菌(イクシレッラ Xylella Fastidiosa)感染が発見された木が切
除される模様がライブ動画でFacebookに掲載されました。

 残念なことにじわじわと感染地域が北上して私たちの町にも届く
勢いになってきました。オリーヴのピアス病菌(イクシレッラ
Xylella Fastidiosa)は2013年頃から取り沙汰され、昨年プーリア
南部のレッチェ県からブリンディジ県にかけて百万本以上が感染し
たと言われておりました。

 感染域拡大を防ぐためとは言え先祖代々受け継がれて来た樹齢数
百年の大木を切り倒された地元の人々はまさに身を切る思いだった
と思います。このピアス病菌は柑橘類などでは大規模な被害を起す
ことが知られていますが、オリーヴでこれほどの広がりを見せたの
は近年ありませんでした。当初は一度感染すると木そのものを枯ら
せてしまうと考えられていたため根こそぎ切り倒すべきだという指
示でしたが、感染しても枯れた部分を切れば木そのものは再生する
と唱える学者もおります。

 生活の糧でもあり、この地方の特徴的な景観のひとつであるオ
リーヴの巨木、何としても全滅させるわけにはいきませんが、本当
に感染した木を根こそぎ切り倒す必要があるのか多くの人々が疑問
に思っています。木の周りを人柱で囲み切断作業を阻止しようとす
る人達もいるほどです。

 ニュース報道などでは原因や予防方法、拡散防止方法などが諸説
語られますが今ひとつはっきりと解決方法がわかっておりません。
わかっていても利害の駆け引きのため実施されないことは、この件
だけでなく環境問題一般に世界中どこにでも似たような状況は多々
あるのかとも思います。

 いずれにしても共同体意識を持って目先のことだけではなく長期
的な視野で対応しなくてはならない問題であることは確かです。

ピアス病菌(イクシレッラ Xylella Fastidiosa)とは 日本語
http://www.maff.go.jp/pps/pdf/xylella_fastidiosa_07272.pdf#search=’Xylella+Fastidiosa’
http://www.maff.go.jp/pps/j/guidance/pestinfo/pdf/No_85_06_07.pdf#search=’Xylella+Fastidiosa’

ピアス病菌(イクシレッラ Xylella Fastidiosa)とは 英語
https://www.eppo.int/QUARANTINE/special_topics/Xylella_fastidiosa/Xylella_fastidiosa.htm
http://ec.europa.eu/food/plant/plant_health_biosecurity/legislation/emergency_measures/xylella-fastidiosa_en
https://www.efsa.europa.eu/en/topics/topic/xylellafastidiosa
https://www.oliveoiltimes.com/tag/xylella-fastidiosa?page=3

大橋美奈子 Facebook ページ
https://www.facebook.com/minako.ohashi

大橋美奈子さん経歴

 演劇の勉強で欧米に留学し、欧米の料理に馴染みました。主人の
ジョバンニ・パンフィーノはスイスの有名ホテル学校を卒業後、レ
ストランビジネスに入り、 高級ホテルやイタリア高級レストランの
ビーチェのヨーロッパの店舗で働いた後、 東京椿山荘に開業した超
高級ホテルのフォーシーズンの高級イタリアンとして開業したビー
チェの指導責任者としての勤務経験がある外食のプロです。
 そのジョバンニ・パンフィーノと,日本で知り合い結婚し長女を
授かり育てていたのですが、数年前に子供の教育と生活環境を考
え、主人の故郷であるイタリア・プーリアに本格的に移住したので
す。母が料理学校を主催している関係で食に興味を持ち、自ら自家
農園で野菜を育て、自家製のオリーブオイルで体に優しい料理を楽
しんでいます。現在はプーリアで生活をしながら、イタリアの情報
発信をしたり、コンサルティング、輸出入ビジネスを行っておりま
す。
 また、時々イタリアの食ツアーを開催しています。これから私が
惚れ込んだイタリア・プーリア地方の自然を堪能する食情報をお届
けします。

 ブーツの形をしたイタリア半島のちょうどとがったヒールの辺り
がプーリア州です。私たちが日本とプーリアの架け橋になろうとダ
プーリアという会社を起したのは15年前です。その頃と比べ、日
本でも随分認知度が高まったプーリアですが、この数年主に欧米人
のヴァカンス先として大変注目を浴びています。
https://www.facebook.com/1438029856464276/photos/a.1438031556464106.1073741828.1438029856464276/1523683344565593/?type=1&theater

 プーリア州の中心部にあるイトリアの谷(谷というより盆地という
方がふさわしい)にあるこの地に東京から移り住んで6年、兼業農
家的生活も板に着いて来ました。プーリアといえばイタリアの食料
庫といわれる程の一大農産地でオリーヴオイル、ワイン用のブドウ
をはじめ多くの野菜や果物がイタリア1番の生産量を誇ります。

 また、この地特有の地元でしか食べられない産物も沢山ありま
す。プーリア料理の身上は新鮮な食材をシンプルに食す事。この地
で生産されるチーズやワインもその料理と切っても切れない関係に
あります。そんなプーリアの我が家の毎日の食卓に上る食べ物、飲
み物たちをご紹介させていただきます

 我が家では7対3の割合ぐらいで一般的に言うところのイタリア料
理(プーリアの郷土料理)と日本食、その他(私が個人的に好きな
アメリカン及びアジアンテイストな創作料理)を食べています。

有限会社ダプーリア
http://www.da-puglia.com/

大橋美奈子プロフィール
http://www.da-puglia.com/archives/000047.html

プーリア州の説明
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%83%E3%83%AA%E3%83%A3%E5%B7%9E

ダプーリア
大橋美奈子

             △▼△▼△▼△▼△▼△

● 読者からのご意見・要望・質問・情報 コーナー

 読者の皆様のご意見・要望・質問・情報・欄を作成しました。皆
様のご意見・要望をぜひお送りください。匿名で掲載させていただ
きますので忌憚のないご意見をお聞かせください。また皆様が見聞
き体験した外食・食材情報もお知らせください。
 このFOOD104を支えてくださっている組織にFSPROと言う食の世界
の専門家の方が500名ほどいらっしゃいます。皆様のご質問・疑問に
答えられるようになっておりますので,ご遠慮なくご質問などをお
寄せください。ちょっと時間はかかりますが回答させていただきま
す。

              △▼△▼△▼△▼△▼△

● 食ビジネスニュースリリース
————————————■□
■フード・アクション・ニッポン
 国産農林水産物の消費拡大に寄与する事業者・団体などの取組を
広く募集し、優れた取組を表彰する「フード・アクション・ニッポ
ン アワード」を開催しています。
 10月19日(水)に、リーガロイヤルホテル東京にて「フード・ア
クション・ニッポン アワード2016 最終審査会」を開催いたしまし
た。

 8回目を迎える今年度は、国内の大手流通・外食・百貨店のトップ
が最終審査委員を務め、国産農林水産物の魅力を活かした優良な産
品をコンテスト形式で発掘、日本各地に隠れた、“世界に通用す
る”「究極の逸品」を選定し、作り手の思いと共に、各社の販路を
通じて国産農林水産物の魅力を消費者まで届けます。
 9月末に行われた一次審査では、1008産品の応募の中から100産品
に絞られ、今回開催された最終審査会では、国内の大手流通・外
食・百貨店のトップ10人が最終審査委員を務め、一次審査を通過し
た100産品の中から、一つ一つの産品を育ててきたヒトやその背景に
あるストーリー等を基準に、「究極の逸品」10産品をその場で選定
しました。
 一次審査を通過した応募者も最終審査会に参加し、自らの言葉で
直接審査委員にPRする、熱気あふれる審査会となりました。

 今年度は、これまで行われていた審査体制をコンテスト式に一新
し、「挑む・繋ぐ、味わう『究極の逸品』」をスローガンに開催し
た。
 冒頭、農林水産省 食料産業局長 井上宏司から「日本の良さを
消費者に伝えたい、今回(2009年から始り)第8回目、これまでの
フード・アクション・ニッポン アワードからコンテスト式にリ
ニューアルし、新たに“挑む・繋ぐ・味わう”をスローガンにPRし
てきました。より多くの産品を伝えるべく今回も開催しました、応
募数1000社を超え一次審査を通過した企業(生産者)は思いのたけ
をアピールして欲しい」と開催主旨と今回の意気込みを語った。

 「表彰式」では、最終審査会を務めた国内の大手流通・外食・百
貨店のトップが、各社が選ぶ「究極の逸品」を発表した。まず、1品
目、「株式会社阪急阪神百貨店」選定産品が発表され、「株式会社
芝山農園『甘薫る焼き芋』」が受賞。代表 荒木氏より「焼き芋の
食感、甘みが良く、さらに冷やしても常温にしても美味しくパッ
ケージにも心惹かれました」とコメント。受賞者は、「長年農家を
やっており、農家で良かった」と、受賞の喜びを語った。
 2品目、「アマゾンジャパン合同会社」選定産品が発表され、「株
式会社むらせ『ライスグラノーラ きなこ味・メープル味・和風だ
し味』」が受賞。代表 前田氏より「日本のお米でとても健康にも
配慮し、(本商品を)アマゾンでも売っていきたい」とコメントを
いただきました。受賞者は「少しでも多くお米を食べて頂きたいと
いう想いで開発しました」と語った。
 3品目、「イオンリテール株式会社」選定産品が発表され、「株式
会社 清光堂『一福百果 まるごとみかん大福』」が受賞。代表
岡崎氏は「手に取ってみたくなる商品で、お子さんからシニアにも
勧めたい」とコメント。受賞者は「100 選の中から選ばれ益々、み
かん大福頑張ります」と語った。
 4品目、「株式会社イトーヨーカ堂」選定産品が発表され、「谷尾
食糧工業株式会社『まるごと玉ねぎスープ(しょうが)N』」が受
賞。代表 亀井氏は「このスープは、“玉ねぎ・しょうが・鶏が
ら”のハーモニーの効いた味で健康にも配慮した、時代に適った商
品」とコメント。受賞者は「開発者が力を込めて作った商品。皆様
に是非、食べて戴きたい」と語った。
 5品目、「株式会社紀ノ國屋」選定産品が発表され、「十勝清水コ
スモスファーム(株式会社 風車)『ブラウンスイス牛コンビー
フ』」が受賞。代表 桑原氏は「独自の製法、コンビーフの味わい
が良く紀ノ國屋で売っていきたいと思います」とコメント。受賞者
は「酪農家・牛業界に感謝してます」と語った。
 6品目、「株式会社東急百貨店」選定産品が発表され、「有限会社
 金田屋『落花生の生カステラ』」が受賞。代表 二橋氏は「新し
い味・懐かしい味で探しており、カステラと落花生の組み合わせが
新しかった」とコメント。受賞者は「千葉の落花生をいろんなとこ
ろに広めて生きたい」と語った。
 7品目、「株式会社トランジットジェネラルオフィス」選定産品が
発表され、「なかがわ野菊の里『伝統黒米 弥生紫』」が受賞。代
表 中村氏は「ストーリー性・技術に惹かれました、商品の大きな
可能性を感じた」とコメント。受賞者は「大きな賞をいただきうれ
しく思っております」と語った。
 8品目、「株式会社フォーシーズ」選定産品が発表され、「十勝シ
ティデザイン株式会社『旅のはじまりのビール』」が受賞。代表
浅野氏は「世界で最も進んだ味、女性にも飲みやすく、今後(本商
品を)育てていきたい」とコメント。受賞者は「地元から世界に!
より地元の人にも知ってもらいたい」と語った。
 9品目、「株式会社三越伊勢丹ホールディングス」選定産品が発表
され、「株式会社島ごころ『瀬戸田レモンケーキ島ごころ』」が受
賞。代表 大西氏より「100社に会って、一社に絞るのにとてもつら
く、町をあげてのパフォーマンスに惹かれました」とコメント。受
賞者は「農家の礎がありできました。世界に向けてPRしていきた
い」と語った。
 10品目、「株式会社ローソン」選定産品が発表され、「株式会社
おおいた姫島『幻の2日ひじき』」が受賞。代表 玉塚氏は「食感も
自然でストーリーが良かった」とコメント。受賞者は「先代から受
け継いだ製法をこれからも売っていきます」と語った。

<本件に関する問い合わせ先>
「フード・アクション・ニッポン アワード2016」事務局
TEL:03-6452-3990 FAX:03-6451-2621
Mail:fan_award@syokuryo.jp

本リリースの詳細は http://prw.kyodonews.jp/prs/release/201610205464/
株式会社共同通信PRワイヤー
TM Copyright(c)2001-2016 by Kyodo News PR Wire All Right
Reserved

■宝酒造株式会社
 “松竹梅白壁蔵「澪」スパークリング清酒”のスマートフォン・

ブレット向け公式アプリ(以下、「澪」アプリ)において、GPS
機能を活用した「47都道府県ご当地フォトフレーム」を11月1
日(火)より追加します。

 「澪」アプリは、2014年11月にリリースをしたスマート
フォン・タブレット向けアプリです。AR(拡張現実)技術を利用
し、アプリで使用しているカメラを「澪」のボトルにかざすと、花
見や紅葉、クリスマスといった季節折々のシーンや「澪」広告タレ
ントの井上真央さんや玉木宏さんとの乾杯を楽しむことができるも
のです。

 今回、「澪」アプリに位置情報を付加し、利用者が「澪」アプリ
を立ち上げた場所に応じて、47都道府県別のフォトフレームが出
現する「47都道府県ご当地フォトフレーム」機能を追加します。
各都道府県を代表する観光地や特産品などがデザインされたフォト
フレームを使って、「澪」を楽しむシーンを撮影できます。

 当社では、“松竹梅白壁蔵「澪」スパークリング清酒”の新たな
楽しみ方をご提供することで、話題性を喚起するとともに、さらな
るブランド育成に努めてまいります。

【お客様からのお問い合わせ先】
宝酒造株式会社 お客様相談室:075-241-5111(平日9:00~17:00)

【この件に関するお問い合わせ先】
宝酒造株式会社 広報課
TEL 075-241-5122(ダイヤルイン)
TEL 03-3278-8460(ダイヤルイン)

本リリースの詳細は http://prw.kyodonews.jp/prs/release/201610205474/
株式会社共同通信PRワイヤー
TM Copyright(c)2001-2016 by Kyodo News PR Wire All Right
Reserved

■宝酒造株式会社
 “松竹梅白壁蔵「澪」<GOLD(ゴールド)>スパークリング
清酒”750mlを11月22日(火)から期間限定で新発売しま
す。
 “松竹梅白壁蔵「澪」スパークリング清酒”は、お米うまれのほ
のかな甘みとほどよい酸味が特長のアルコール分5%のスパークリ
ング清酒です。2011年の発売以来、多くのお客様にご愛飲いた
だいております。

 今回期間限定で新発売する“松竹梅白壁蔵「澪」<GOLD>ス
パークリング清酒”は、キラキラと金箔が舞うちょっと贅沢で華や
かな、クリスマスや年末のパーティーシーズンに最適な商品です。
ちょっとした手土産にもご利用いただけるように、カートン入りで
ご用意しました。

 当社では、パーティー需要が高まる年末において、“松竹梅白壁
蔵「澪」<GOLD>スパークリング清酒”を期間限定で新発売す
ることで、今まで以上に多くのお客様に「澪」をお楽しみいただ
き、更なるブランド育成に努めてまいります。

【お客様からのお問い合わせ先】
宝酒造株式会社 お客様相談室:075-241-5111(平日9:00~17:00)

【この件に関するお問い合わせ先】
宝酒造株式会社 広報課
TEL 075-241-5122(ダイヤルイン)
TEL 03-3278-8460(ダイヤルイン)

本リリースの詳細は http://prw.kyodonews.jp/prs/release/201610205476/
株式会社共同通信PRワイヤー
TM Copyright(c)2001-2016 by Kyodo News PR Wire All Right
Reserved

■眞露株式会社
 定番商品である「JINRO マッコリ」を販売対象エリアの皆様のご
要望にお応えし、中四国エリア唯一のプロ野球球団である「広島東
洋カープ」とタイアップした「ベースボールボトル」を地域・数量
限定で再発売致します。

【この件に関するお問い合わせ先】
[会社名]眞露株式会社
[部署名]マーケティング部
[担当者名]信太 聡
[TEL]03-5403-9575
[Email]mktg@jinro.co.jp

本リリースの詳細は http://prw.kyodonews.jp/prs/release/201610265612/
株式会社共同通信PRワイヤー
TM Copyright(c)2001-2016 by Kyodo News PR Wire All Right
Reserved

              △▼△▼△▼△▼△▼△

● 王利彰のレストランチェッ
ク———————————–■□

 びっくりドンキーとサイゼリヤ、google pixel

 一時、高品質高単価路線を走って好調だったファミレスですが
ちょっと潮目が変わって、低価格路線にも注目されています。ロイ
ヤルホストやデニーズは、高価格帯のメニューに走りすぎ最近は息
切れのようです。

 一時高価格メニューに挑戦後すぐにやめたサイゼリアは現在好調
です。以前はサイゼリアと競う低価格帯のびっくりドンキーはフラ
ンチャイズ加盟店が多いため、ずいぶん値上げしていますが、独自
戦略で好調です。

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/09/post-5779.php
http://open.shonan.bunkyo.ac.jp/~hatakama/zemi/kuroda.pdf#search=’%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%
9F%E3%83%AC%E3%82%B9+%E4%BE%A1%E6%A0%BC%E6%88%A6%E7%95%A5′
http://diamond.jp/articles/-/67436
http://style.nikkei.com/article/DGXNASFK1500M_V11C13A0000000?channel=DF130120166138&style=1
http://toyokeizai.net/articles/-/13686
http://synapse-diary.com/?p=2623
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jasmin/2010f/0/2010f_0_1/_pdf

1)びっくりドンキー
 1年半ぶりです。以前は何でも食べて良いよと言えたけど、ちょっ
と高くなり足が遠のいています。注意しないと以前は同じ価格帯
だったサイゼリヤの倍ほどになります。ハンバーグディッシュ以外
の高価格帯メニューと、地ビール、デザートに注意が必要です。

 1年半前はエッグハンバーグディッシュ(150g)797円、今回が829
円です。エッグハンバーグ単品(200g)が807円、今回851円でした。
でも、健康的で安心な食材と、箸でも食べられるハンバーグ、ご飯
に合う和風の味付けで健在です。でも一時の行列は見られません。

公式HP
http://www.bikkuri-donkey.com/

会社企業HP
http://www.aleph-inc.co.jp/index.php

画像
今回
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1133829490027218&set=pcb.1133830303360470&type=3&theater

1年半前
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=837728669637303&set=pcb.837728766303960&type=1&theater
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=837729076303929&set=pcb.837729166303920&type=1&theater
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=837729706303866&set=pcb.837729752970528&type=1&theater

情報HP
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1311005723
http://matome.naver.jp/odai/2140422617381603601
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140202/14030498/
https://tabelog.com/fukuoka/A4004/A400401/40013650/dtlrvwlst/914987/
https://tabelog.com/saitama/A1103/A110301/11020323/
http://www.nandemo-best10.com/f_restrant-family/z12.html

びっくりドンキー(アレフ
業績
http://biz-journal.jp/2016/05/post_15079.html

2)サイゼリヤ

 10月12日発表の2016年8月期(15年9月~16年8月)の連結業績は、
売上高が日本・海外ともに過去最高になった。営業利益は90億円
(19.9%増)、経常利益は91億円(14.1%増)、純利益は55億円
(45.9%増)とそれぞれ大幅増益。継続的な新規出店、店舗サービ
スの品質向上、メニューの改善による商品力の強化で収益力を向上
したそうです。ファミレスで断トツの安さですね。

公式HP
http://www.saizeriya.co.jp/

画像
今回
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1124807634262737&set=pcb.1124808484262652&type=3&theater

前回 2015年5月
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=837727452970758&set=pcb.837727916304045&type=1&theater
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=837726939637476&set=pcb.837727016304135&type=1&theater

情報HP
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12109184217
https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131712/13093091/dtlrvwlst/3017198/
https://tabelog.com/hokkaido/A0107/A010703/1050589/dtlrvwlst/
http://www.nandemo-best10.com/f_restrant-family/z14.html

企業情報
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1610/12/news114.html
http://shikiho.jp/tk/stock/info/7581
http://www.saizeriya.co.jp/corporate/investor/ir/index.php?psort=2
http://www.nikkei.com/markets/company/?scode=7581
http://shikiho.jp/tk/stock/info/7581
http://www.ullet.com/7581.html
http://kabuyoho.ifis.co.jp/index.php?sa=report&bcode=7581
http://minkabu.jp/stock/7581/consolidated
http://www.00keiei.com/kigyou-senryaku/saizeriya.html

3)google pixel
 再度スマホ(今度はGoogle )の話題です。

 前回アンドロイドの問題点を書きましたが、その回答が10月4日に
出ました。Google Pixel というGoogle製(HTCへのOEM)です。そ
の評価が、アンドロイドの問題点を浮き彫りにしています。iPhone
への対抗意識がありありですね。でも、ハードよりも使う人の生活
感に訴える戦略で面白そうです。評価を見ると日本のスマホメー
カーの終焉が予測されますね。
Google  Pixel から見るGoogle の問題点
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161006-00139230-toyo-bus_all&p=1
http://toyokeizai.net/articles/-/139230

Google  Pixelの説明
https://madeby.google.com/phone/
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161006-44101224-trendy-pro
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161006-44101224-trendy-prodhttp://simchange.jp/google-pixel-pixel-xl-sim/

アンドロイドの問題点
 アンドロイドは設計に一貫性がなく(メーカー任せ)機種による違
いが多すぎます。基本ソフトのアンドロイドをGoogleが作り、スマ
ホ本体を各メーカーが作ります。問題は、各メーカーが独自性を出
し他機種との差別化をするために基本ソフト(OS)のアンドロイドの
上に独自のユーザーインタフェース(UI)ソフトを乗せることで
す。これがうまく動けば問題ないのですが、体力の落ちたスマホ
メーカー(特に日本)の作りこみが悪く、作動がもたつくし、OSの
アップグレードも遅すぎて、不具合が治るのが遅いです。基本ソフ
トのアンドロイドのアップグレード(改善・改変)は早いのです
が、対応するユーザーインターフェースの作成が遅く、新しいバー
ジョンのOSにアップグレードできないのです。その証拠にGoogleが
作るNEXUS(OEM)は変なユーザーインターフェースがなく動作が安定
し、OSのアップグレードもできるようです。
https://www.google.co.jp/intl/ja_jp/nexus/6p/

 ただし、google系は安いのですがOSアップデートが2年とiPhoneよ
り短いので結局高くつきますよ。
              △▼△▼△▼△▼△▼△

関連記事

メールマガジン会員募集

食のオンラインサロン

ランキング

  1. 1

    水産タイムズ社 橋本様インタビュー

  2. 2

    マクドナルド 調理機器技術50年史<前編>

  3. 3

    新鳥栖「道の市場」

アーカイブ

食のオンラインサロン

TOP